【2回食になったら】赤ちゃんのコップで飲む練習におすすめ商品10選

赤ちゃんが1日2回の離乳食になる頃スタートしたいコップで飲む練習。そこで用意しておきたいコップですが、こぼれにくいものや、赤ちゃんの生育段階に合わせて飲み口が変えられるものなど種類も様々。今回はそんなコップのおすすめを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。
公開日:2020.08.31 更新日:2020.08.31

赤ちゃんのコップで飲む練習は言語発達にも影響

赤ちゃんが哺乳瓶からコップへ移行するための大事なコップで飲む練習ですが、それ以外に言語発達を促進する意味もあります。そのため、練習に使用するコップによってはしっかりと言語発達を促すことができず、言葉を話せるようになるのが遅れてしまうこともあるようです。

 

しかし、いざ赤ちゃん向けのコップを選ぶとなっても、種類がたくさんあってどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで、こちらの記事では赤ちゃん向けのコップを選ぶ際に気をつけるべきポイントを解説していきます。ライターおすすめのコップも紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

赤ちゃんのコップで飲む練習のスタート目安

【離乳食開始~1ヶ月】スプーンで練習

赤ちゃんがスプーンに慣れ始めて上下の唇を閉じられるようになったら、コップの前に小さいスプーンで飲み物を飲む練習をします。ポイントは、スプーンの先ではなく横を使い、流し入れることの無いように水平を意識して行うことです。

【離乳食開始1ヶ月~】れんげからコップへ

赤ちゃんがスプーンに慣れて上手に飲めるようになってきたら、深さのあるレンゲで容器を唇ではさむ練習を始めます。飲み物が上唇に少し触れるぐらいに傾きを調節し、くわえた状態で少しずつ赤ちゃん自身で吸い込めるようにしてあげます。

 

レンゲに慣れたらいよいよコップを使い自分で量を調整しながら飲む練習です。コップに慣れてコツをつかんでくると、自分の手でコップを持ち、連続でゴクゴク飲めるようになります。それまでは少しずつステップアップしていくイメージで進めてあげてください。

赤ちゃんのコップの選び方

赤ちゃんの生育段階に応じて選ぶ

赤ちゃん用のコップの飲み口には主にスパウト、コップ、ストローと3種類のタイプがあります。コップで飲む練習はスパウト→コップ→ストローの順で進めていくといいでしょう。

飲み口がスパウトタイプのコップ・マグ

スパウトタイプのものはコップで飲む練習の視点でいえばなくてもいいでしょう。その理由は以下の通りです。

 

まず1つ目の理由ですが、気に入ってくれない赤ちゃんが多い点です。飲み方は哺乳瓶の乳首と同じですが、乳首に比べ硬く作られていることと大きめなために嫌がってしまうことが多いようです。

 

2つ目の理由ですが、コップで飲む練習に移行しにくい点です。赤ちゃんがスパウトタイプを使ってくれたとしても、それに慣れてしまう事でそれ以降のコップで飲む練習がしにくくなります。もし使うのであればミルク以外の飲み物に慣れてもらう程度として考えた方がいいでしょう。

飲み口がコップタイプのコップ・マグ

コップタイプのものはそのまま赤ちゃんのコップで飲む練習に使用できるので、哺乳瓶以外で初めて赤ちゃんが飲み物を飲むのに使う人が多いようです。

 

普通のコップとは違い飲み口がこぼれにくい構造になっているものも多く、汚す心配が少なくなります。また、フタがついているものは持ち運びをしてもこぼれる心配が少なく、外で飲ませてあげることもできます。

飲み口がストロータイプのコップ・マグ

ストロータイプの一番大きなメリットはこぼれにくさです。他の飲み口タイプと比べるとこぼれる心配がないため、最初に選ぶ人も多いようです。しかし、ストロータイプを始めに使ってしまうのには問題点もあります。

 

赤ちゃんのコップで飲む練習は舌の発達を促す意味もあります。先にストロータイプを使用してしまうと舌の発達が遅れ、言葉の発達が遅れてしまうことがあるようです。赤ちゃんのためを考えるとコップタイプを先に使用した方がいいでしょう。

洗いやすさ・消毒のしやすさで選ぶ

赤ちゃんに使うものだからこそしっかりと消毒できるものを選びましょう。赤ちゃんは抵抗力が弱いため常に清潔な状態を保っておく必要があります。また、お手入れのしやすさも大事なポイントです。

コップ・マグの耐熱温度

確実に殺菌・消毒するために煮沸消毒できるコップを選びましょう。煮沸消毒できる旨の記載で確認ができます。また、煮沸できるものは耐熱温度が120℃以上に設定されているため、それも選ぶ目安になります。

 

中には煮沸消毒できる旨が記載されていたとしても一部部品のみである場合があります。本体やそれ以外の部品の耐熱温度もしっかりと確認しましょう。全て煮沸消毒できるものがベストです。

パーツのお手入れのしやすさ

パーツは少ないほうがお手入れはしやすくなります。先ほどの耐熱温度をクリアしているものであれば、ほとんどが食洗器にも対応しています。食洗器が使えればその分お手入れが楽になります。

対応する飲み口の種類数・内容量で選ぶ

コップの中には飲み口パーツを変えられるものがあります。飲み口パーツを変えることで生育段階に合わせることができるため、使える期間が長くなります。

コップ・マグの飲み口タイプの種類

本体は一緒で飲み口を変えることができるタイプがおすすめです。コップとストローに変えられるものは1度買ってしまえば赤ちゃんの生育段階に合わせて長く使うことができます。

 

このタイプは初めから全ての飲み口タイプがセットになっているものとオプションパーツとして飲み口を別で購入しないといけないものがあります。どちらでも問題ないのですが、オプションパーツとして別になっているものは注意が必要です。

 

本体の仕様が新しくなり古いものが販売中止になってしまった場合、稀にオプションパーツが入手できなくなることがあります。別で販売されているものは本体を買う際に全て購入しておいた方が無難です。

コップ・マグの内容量

飲み口が変えられるものは長く使うことを前提に作られているためにコップ本体の内容量が大きくなっています。しかし、赤ちゃんがコップで飲む練習をする時に使用する際にあまりに大きいとまだ力が弱いためコップを持ち上げられないことがあります。

 

コップで飲む練習をする時に使用するものは容量の目安として150ml~200ml程度のものを選ぶようにしましょう。

赤ちゃん用コップ・マグの人気おすすめ10選

トレーニングマグコップ はらぺこあおむし
トレーニングマグコップ はらぺこあおむし
スケーター

トレーニングマグコップ はらぺこあおむし

価格: ¥605 (税込)

斜めの切込みが入ったコップで飲む練習に最適のコップ

傾きが小さくても飲み物が流れるように斜めにカットされたコップで飲む練習専用に設計されたコップです。両手で持てる取っ手は赤ちゃんがつかみやすく、広い底は置いた時に倒れにくくなっています。

 

流量調節などはないため、レンゲなどで飲む練習がしっかりできたら移行したいコップです。消毒方法は全て対応しているので安心して使えます。

アンパンマン ステップアップコップ
アンパンマン ステップアップコップ
レック

アンパンマン ステップアップコップ

価格: ¥859 (税込)

コップで飲む練習に特化したコップ

飲み口サポート付きのコップで飲む練習に特化したコップです。また、アンパンマンのイラストが描かれており、コップで飲む練習が楽しくなります。

 

飲み物サポートによって飲み物が少しずつ出るようになり、コップで飲む練習がしやすくなります。底面は柔らか素材でできているので滑りにくく、机にぶつけても傷になりません。

 

全てのパーツ・容器が煮沸・薬液・電子レンジによる消毒が可能なため安心して使うことができます。

グロウ・トレーニングカップ
グロウ・トレーニングカップ
OXO Tot

グロウ・トレーニングカップ

価格: ¥1,540 (税込)

流量調節が可能なコップで飲む練習に適したコップ

飲み口についているプレートを回すことで流量調節が可能なトレーニングカップです。赤ちゃんの口によりフィットするよう、アメリカの言語聴覚士と口蓋の発達を学んだ小児歯科医の先生との共同で誕生したコップです。

 

取っ手はありませんが、ある程度成長し物を持つことが得意になった赤ちゃんにはおすすめです。パーツも少なく、カップを除き電子レンジ以外の消毒は対応しているのでお手入れも簡単です。

ハンドル付ミラクルカップ
ハンドル付ミラクルカップ
マンチキン

ハンドル付ミラクルカップ

価格: ¥1,430 (税込)

360°どこからでも舌が自然な位置で飲むことができるカップ

360°どこからでも唇で挟むだけでゴクゴク飲めます。舌が自然な位置で飲むことができるように設計されているため、口腔筋の発達をサポートします。

 

倒したり逆さにしてももれにくく、コップで飲む練習をしている時に汚れる心配がありません。また、パーツが少なくお手入れが簡単で、キャップを除く全てのパーツが煮沸消毒に対応しているため安心して使えます。

Wow cup baby トライタン
Wow cup baby トライタン
Wow cup baby トライタン Wow cup baby トライタン
EDISON

Wow cup baby トライタン

価格: ¥1,580 (税込)

こぼれにくい360°どこからでも飲めるカップ

色鮮やかでPOPなデザインのカップです。アメリカの歯科医が推奨するスパウトの無いデザインで、フタをしたまま360°どこからでも飲めるようになっています。

 

パーツが少ないのが特徴でお手入れは簡単。また、倒しても逆さにしても飲み物がこぼれにくくなっているため、コップで飲む練習をしている時に汚してしまう心配がありません。

アクリアいきなりストローマグセット
アクリアいきなりストローマグセット
リッチェル

アクリアいきなりストローマグセット

価格: ¥2,379 (税込)

コップ・ストローマグと使い方を変えられるセット

小さく持ちやすいためコップとストローそれぞれの飲む練習に最適です。容量が大きいフタ付きのお出かけ用マグもついているので長く使えます。

 

コップは付属のフタを使用することでストローマグとしても利用できます。また、内側のカーブがなだらかになっているため、中の飲み物が勢いよく流れ込みにくく、コップで飲む練習がしやすくなっています。

 

お出かけ用のフタ・ボトルを除く全てのパーツが多くの消毒方法に対応しているので安心して使用できます。

ラクマグ プレミアムセット
ラクマグ プレミアムセット
ラクマグ プレミアムセット ラクマグ プレミアムセット
コンビ

ラクマグ プレミアムセット

価格: ¥4,400 (税込)

赤ちゃんがくわえた時だけ飲み物が出る新形状のコップ+ストロー2種

飲み口を交換することでコップ・ストローになり、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるセットです。

 

コップパーツは他にはない新形状。赤ちゃんがくわえた時だけ飲み物が出るようになっているため、逆さにしたとしてもこぼれません。また、はじめてストローはくわえるだけで飲み物が出るようになっているため、4ヶ月から使えるものになっています。

 

全てのパーツ・容器が煮沸・薬液・電子レンジによる消毒が可能なため安心して使うことができます。

マグマグセット
マグマグセット
ピジョン

マグマグセット

価格: ¥2,130 (税込)

【コップは練習しやすい流量調節機能付き】赤ちゃんの成長段階に合わせた4種類の飲み口+3種類の取っ手のマグセット

飲み口を交換することで乳首・スパウト・コップ・ストローになり、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるセットです。特徴的なコップパーツは流量調節機能付きで赤ちゃんの飲む量に応じて変化させられ、多すぎてむせてしまう心配がありません。

 

飲み口だけでなく取っ手も段階に合わせた形状になっているため、赤ちゃんが持ちやすくなっています。また、カップの底は柔らかい素材でコーティングされているために滑りにくくなっています。

 

食洗器は非対応ですが、ストローチューブ以外は煮沸・レンジ・薬液に対応で清潔を保てます。

 

テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット
テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット
テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット
コンビ

テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット

価格: ¥5,280 (税込)

4種類の飲み口とコップスプーンも付いた、赤ちゃんの成長に合わせて使えるマグセット

飲み口を交換することで乳首・スパウト・コップ・ストローになり、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるセットです。また、付属のコップスプーンはコップで飲む練習に便利です。容器も200mlの他、お出かけや大きくなってから便利な300mlもついています。

 

飲み口それぞれがもれにくい構造になっているため汚す心配も少なく、持ち運びにも便利です。また、全てのパーツ・容器が煮沸・薬液・電子レンジによる消毒が可能なため安心して使うことができます。

トライ ステップアップマグセット プレミアム
トライ ステップアップマグセット プレミアム
リッチェル

トライ ステップアップマグセット プレミアム

価格: ¥5,500 (税込)

3種の飲み口+保冷ボトル付きで長く使えるセット

飲み口を交換することでスパウト・コップ・ストローになり、赤ちゃんの成長に合わせて長く使えるセットです。また、保冷ボトル付きなのでお出かけにも重宝します。

 

コップパーツは適量が出てくる形状でコップで飲む練習に最適です。また、スパウトは傾けて飲む方法と吸って飲む方法に変化できる2way仕様です。

 

パーツ一部を除き煮沸・薬液・電子レンジによる消毒が可能なため安心して使うことができます。

コップを使い始める際の注意点

赤ちゃんのコップで飲む練習をするのに大事なことは赤ちゃんにペースを合わせることです。今までスプーンなどで口まで飲み物を持ってきてもらったのとは違い、コップは自分で持たなければなりません。

 

赤ちゃんが口で含む飲み物の量を調整できないとむせたり、口の横からこぼしたりしてしまいます。コップにチャレンジする際はしっかりとサポートしながら練習をするようにしましょう。

まとめ

今回は赤ちゃんのコップで飲む練習におすすめのコップを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。親は赤ちゃんのできるをサポートする側として、合うものを探すのも一つの楽しみですね。ぴったりなコップで赤ちゃんのステップアップを応援しましょう。

written by