【おしゃれに節約】大学生に人気のおすすめ水筒10選!水筒の選び方

外出の機会が多い大学生なら毎日の水分補給は必須。出費を抑えるためにもマイボトルとして水筒を持ち歩く大学生が増えています。大学生におすすめのおしゃれ水筒を厳選して10選ご紹介します。水筒選びのポイントも併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
公開日:2020.05.09 更新日:2020.05.10

大学生に水筒をおすすめする理由

最近、節約術として大学に水筒を持参する大学生が増えています。毎日コンビニなどで飲み物を買っている大学生は、毎日100~200円の出費を抱えています。しかしマイボトルを持つだけで、毎月3000円以上がお小遣いとして使えるようになります。

 

お弁当を毎日作るのは大変ですが、水筒なら簡単です。こちらの記事では、大学生におすすめのおしゃれな水筒を10選ご紹介しております。この記事を最後まで読んで、あなたにぴったりの水筒を見つけましょう。

大学生の水筒の選び方

大学生と一口に言っても、その日常は人それぞれです。教科書類など持ち歩く荷物が多い大学生もいれば、スポーツサークルに勤しんでいる大学生もいるでしょう。自分のライフスタイルに合った水筒を選ぶときのポイントをご紹介します。

水筒の容量で選ぶ

水筒の容量を選ぶときには、自分が毎日大学で飲んでいる水分の量を思い出してみましょう。例えば、缶ジュース1本で十分だという大学生には350mlの水筒がおすすめです。ペットボトル1本飲んでいる方は500ml、スポーツなどで汗をかく大学生は700ml以上の大容量水筒を選ぶと良いでしょう。

 

普段水を全く飲まないという方も、女子大生には少なくないです。そんな大学生のために、140mlから200mlのミニボトルも売られています。水筒自体のサイズが小さいので非常に軽量で、持ち運びに適しています。

 

飲み物用ではなく、スープや味噌汁を持参したい大学生の方もいると思います。そんな方におすすめするのは、スープ用のフードジャーです。水筒と比べて容量の選択肢は多くはありませんが、一般的な一杯分のスープがちょうど入るサイズになっています。

飲み口で選ぶ

以前は蓋をカップにしたタイプの水筒がありましたが、最近人気な水筒はそのまま口を付けて飲む直飲みタイプです。飲み口がシンプルな作りになっているため、洗うのが楽で衛生的に使用することが出来ます。

 

キャップの形状は、回して外すタイプとワンタッチで開けるタイプが人気です。回して外すタイプの水筒で気を付けたいポイントは、飲み口が狭すぎて洗いにくかったり、氷を入れられなかったりする可能性があることです。だいたい直径4cm以上が使いやすい飲み口サイズです。

機能性で選ぶ

夏場は冷たい飲み物、冬場には温かい飲み物が飲みたいですよね。ペットボトルを買うと一口目以降は温度がぬるくなってしまいますが、水筒の保温・保冷性はその問題を解決します。6時間経っても、入れたときに近い温度の飲み物が楽しめます。

 

保温・保冷性を重視したいなら、ステンレス製の水筒がおすすめです。プラスチックボトルの水筒は、見た目はおしゃれですが機能性は低めです。

デザインで選ぶ

最近の水筒はデザイン性に優れた物が多く、自分の好みにぴったりの水筒を選ぶことが出来るはずです。水筒の形は円筒形やボトル型が大学生に定番人気です。

大学生におすすめ!人気水筒10選

大学生に人気の水筒は、デザイン性や機能性が高い物が多いです。今回は特に大学生にお勧めしたい水筒を厳選して10選しました。マイボトル選びの参考にしてみてください。

タイガー ステンレスボトル 500ml
タイガー ステンレスボトル 500ml
タイガー魔法瓶

タイガー ステンレスボトル 500ml

価格: ¥3,048 (税込)

氷止め付き!タイガーの人気定番水筒

日本のメーカーが作っているという安心感もさることながら、タイガーの水筒は機能性も抜群。氷止めのストレーナーが付いている飲みやすくストレスがありません。もちろん丸洗いできるので、衛生的に使い続けられます。同じタイプでは350mlの小さい水筒もあります。

サーモス ケータイマグ 500ml
サーモス ケータイマグ 500ml
サーモス

サーモス ケータイマグ 500ml

価格: ¥2,660 (税込)
4.5

保温・保冷効果に優れたサーモスのケータイマグ

真空断熱層を内蔵しているため、保温・保冷効果に優れています。その効果はなんと6時間以上です。スポーツをしている大学生や、温度変化の激しい地域にいる大学生におすすめの水筒です。

mosh! ミルクAIRボトル 450ml
mosh! ミルクAIRボトル 450ml
mosh!

mosh! ミルクAIRボトル 450ml

価格: ¥1,980 (税込)
4.5

プレゼントにも最適!カラフルなボトル型水筒

牛乳瓶をイメージさせるフォルムが特徴的なモッシュの水筒です。ミルキーな色合いでバリエーションが展開されています。

 

女性の求めるデザインと、男性でも満足の容量なので、大学生の友達にあげるプレゼントにもぴったりです。水筒の見た目にもこだわりたい大学生におすすめです。

スウェル レインボーオンブレー 500ml
スウェル レインボーオンブレー 500ml
Swell

スウェル レインボーオンブレー 500ml

価格: ¥3,696 (税込)

ニューヨーク発信のおしゃれボトル

環境保護の観点からニューヨークで生まれたブランド、スウェルの水筒です。木目調やグラデーションカラーなど、カラーバリエーションが豊富なので、あなたの求めるデザインがきっと見つかります。

 

人体への悪影響が懸念されているBPA不使用で、素材にもこだわって作られたボトルです。飲み口が小さめなので、氷を詰める際は砕いてから入れましょう。

コークシクル キャンティーン ステンレスボトル 750ml
コークシクル キャンティーン ステンレスボトル 750ml
Corkcicle

コークシクル キャンティーン ステンレスボトル 750ml

価格: ¥4,455 (税込)

転がりにくいフォルムデザインがおしゃれなコークシルのボトル

環境面や健康面を重視して作られたボトルが特徴的な、フロリダ発のブランドです。角ばった側面のフォルムによって、ボトルが転がりにくく、かつ持ちやすくなっています。保冷25時間、保温12時間という機能性にも優れたアイテムです。飲み口が広めで大容量なので、男子大学生にもおすすめです。

クリーンカンティーン ステンレスボトル 355ml
クリーンカンティーン ステンレスボトル 355ml
klean kanteen

クリーンカンティーン ステンレスボトル 355ml

価格: ¥3,564 (税込)

広めの飲み口で飲みやすい!クリーンカンティーンのボトル

人と環境にやさしいボトル作りで有名なブランドです。様々なデザイン・容量の水筒が展開されていますが、今回ご紹介するのはワンタッチで飲むことができるカフェキャップタイプです。タンブラーでは中身が漏れてしまうかも、と心配な大学生におすすめの水筒です。

アソブ ファッションボトル 600ml
アソブ ファッションボトル 600ml
asobu

アソブ ファッションボトル 600ml

価格: ¥4,400 (税込)

スマートなデザインが大人びたアソブのボトル

ファッション性にこだわりを持ったモントリオール生まれのブランドです。美しい曲線を描くフォルムとパステルカラーがまるでインテリアのようで、思わず机の上に飾りたくなります。大学の友達が誰も持っていない水筒を探している方におすすめです。

スタンレー ゴーシリーズ ボトル 0.7L
スタンレー ゴーシリーズ ボトル 0.7L
Stanley

スタンレー ゴーシリーズ ボトル 0.7L

価格: ¥4,099 (税込)

耐久性に定評あり!アウトドアにも使えるスタンレーのステンレスボトル

耐久性と機能性が高く評価されているアメリカの老舗ブランドです。容量も十分なので、大学生活でも長い間活躍してくれそうです。飲み口は広く、氷を入れたり洗ったりする際の不便はありません。キャップには持ち歩きに便利なフィンガーループがついています。

 

シンプルでアウトドアアイテムらしいデザインが男子大学生にも人気の水筒です。

ポケトル ステンレスボトル マーベル 120ml
ポケトル ステンレスボトル マーベル 120ml
POKETLE

ポケトル ステンレスボトル マーベル 120ml

価格: ¥1,540 (税込)

ポケットサイズで持ち歩きやすい!ポケトルのミニボトル

「必要な分だけ持ち歩く」をコンセプトに、軽量でミニサイズの水筒を展開しているブランドです。荷物の多い大学生や、通学分だけ水分が欲しい学生におすすめです。容量は120mlから180mlまで選ぶことができます。薬用の水だけ必要な方にも人気のミニサイズです。

タケヤ サーモフラスク 520ml
タケヤ サーモフラスク 520ml
TAKEYA TEA

タケヤ サーモフラスク 520ml

価格: ¥2,860 (税込)
4.5

持ち手があって持ちやすい!フィットネスブランドから生まれた水筒

スポーツをする人のためにこだわって作られたデザインが特徴的なブランドです。キャリーハンドルがついているため、持ち歩きはもちろん、バッグなどに引っ掛けることもできて便利です。飲み口は小さくなっていますが、蓋部分は取り外し可能で洗いやすくなっています。

水筒を清潔に保つ方法

せっかく好みの水筒を手に入れても、飲み口が汚れてきたら使いたくなくなってしまいます。水筒を長くきれいに使うために、洗い方のポイントをご紹介します。

用意するもの

水筒を洗うために必要なものは、食器用洗剤と柄付きブラシ、もしくは柄付きスポンジです。水筒の飲み口が小さく手が入りきらない場合は、柄付きのブラシかスポンジを使って中まで洗いましょう。

水筒の洗い方

水筒で一番汚れがたまる部分は、水筒の中ではなく、蓋と水筒の間にあるパッキンの部分です。水漏れ防止のためについているパッキンですが、洗い忘れていると茶渋などがたまり、茶色く変色してしまいます。水筒を洗うときは、必ずパッキンも洗いましょう。

 

まず、水筒から外せる部分をすべて外します。蓋やパッキン、コップなどを外してから水洗いし、そのあとに洗剤をつけて洗います。水筒の中は汚れ防止のためのコーティングがされている場合も多いので、ブラシを使う場合はなるべく柔らかい毛のものを選びましょう。

 

水筒を洗い終わったら、部品を外したまま乾燥させます。濡れたまま組み立てなおしてしまうと、カビの原因になりかねません。部品が乾ききった後に組み立てて、次の日には清潔な水筒になっているようにお手入れしましょう。

まとめ

大学生が水筒を選ぶ時のポイントは、自分のライフスタイルに合わせた容量を選ぶこと、そして洗いやすい形状の水筒を選ぶことです。見た目にもおしゃれな水筒を大学に持っていくことで、毎日節約しながらファッションを楽しむことができます。ぜひこの記事を参考に、自分だけの素敵な水筒を見つけてくださいね。

参考サイト

written by