【一人暮らしの大学生向け】おすすめのアイロン10選をご紹介

大学生になって初めての一人暮らしをするためには、様々な家電を用意しないといけません。その一つにアイロンがあります。アイロンには色々な種類があり、初めて使う方にもおすすめの商品が多いので、アイロンの購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。
公開日:2020.05.09 更新日:2020.05.10

大学生の一人暮らしにはアイロンが必要

大学生の一人暮らしに必要な家電はアイロンです。普段着が多いため、アイロンをかけるイメージがないかもしれませんが、まとめて洗濯をしたりするとシャツがシワになりやすいです。就職活動などでスーツを着る場面もあるため、アイロンを持っていた方が良いでしょう。

 

また、アルバイト先にシワの残ったシャツを着ていくのは、失礼になり清潔感がありません。毎回クリーニングにシャツを出すとお金もかかり、節約にはなりません。そのため、大学生の一人暮らしにはアイロンが必要です。

 

アイロンの種類は多いため、ここからは大学生の一人暮らしにおすすめの商品をご紹介していきます。まずは、選び方のポイントをふまえて自分が使いやすいアイロンを見つけましょう。

一人暮らしで使いやすいアイロンの選び方

アイロンを購入する前に、まずは選び方のポイントをご紹介します。アイロンの特徴を学ぶことで、自分にふさわしいアイロンを探すことができます。

アイロンの種類で選ぶ

アイロンは2種類あります。それぞれにメリットがありますので、機能の違いを比較しながらチェックしてみてください。

スチームアイロン

スチームアイロンは水蒸気を生地に浸透させて、衣類のシワを伸ばします。ドライアイロンに比べると、衣類を傷めにくいのが特徴です。スチームアイロンを使用しながら、霧吹きを使用することができるタイプや高温スチームを衣類に噴出できるタイプもあります。

 

衣類のシワを簡単にとることができ、すぐに使える小型もあります。スチームアイロンにもタイプが様々あり、自分に一番あったタイプを購入するようにしてください。

ドライアイロン

ドライアイロンはスチームアイロンと異なり、アイロンの表面温度によってシワを伸ばすのが特徴です。そのため、温度調整が必要で衣類の素材によって変えていかなければなりません。また表面温度が高いと生地が傷みやすくなるため、あて布や霧吹きを使って使用します。

 

綿や麻の洋服が多い方にドライアイロンはおすすめです。高温をあてても生地が傷みにくく、シワをきれいに伸ばすことができます。ドライアイロンの表面は、布の滑りをよくするためにフッ素コートをしています。

 

チタンやセラミックよりは滑りにくさを感じる可能性はありますが、低価格で購入することができます。

アイロンの使いやすさで選ぶ

スチームアイロンとドライアイロンの特徴を知ったら、次は使いやすさについて考えていきましょう。自分の目的に合ったアイロンを見つけることができます。

ハンディーアイロン

ハンディーアイロンは立ちながらアイロンをかけることができます。ハンガーに衣類を吊るしたままでいいため、アイロン台を用意する必要はありません。気軽に洋服のシワを伸ばすことができ使い勝手がいいです。

 

スチームの効果を使うと衣類の消臭にも使用することができます。スーツやコートなどにもアイロンをかけることができるため、一人暮らしの大学生以外に、サラリーマンにも重宝します。2WAYタイプを選ぶと置き型としても使用するできるため、折り目もつけることができます。

置き型アイロン

アイロン台を使用しながら衣類のシワを伸ばすことができます。手の力やアイロンの重みによって折り目をつけることができるのが特徴です。衣類をパリッと仕上げたい方におすすめのアイロンで、大きめの衣服でも時短で仕上げることができます。

 

まとめて洗濯をする一人暮らしの大学生なら置き型アイロンが重宝します。数日分の衣類ケアを時短で行うことができます。置き型タイプのアイロンは重いイメージがあるかもしれませんが、軽量で小型もあります。

コードレスアイロン

アイロンの使い勝手を重視する場合、コードレスがおすすめです。コンセントを気にせずアイロンをかけることができます。スタンドがあることで、アイロンのパワーの不足を補うことができため、最後まで安心して使用することが可能です。

 

アイロンをかけるときにコードが気になる方は、コードレスにすると作業効率を上げることができます。他のアイロンに比べると少しお値段が高くなるため、予算内で収まるかチェックしてみてください。

収納しやすいサイズのアイロンを選ぶ

一人暮らしの大学生は、部屋の収納スペースが限られています。そのため、アイロンも場所をとらないものを選ぶのがおすすめです。小型のアイロンは軽量で使いやすく、腕が痛くなることがありません。

 

アイロンのサイズは水を入れるタンクの量やコードやスタンドの有無で異なります。一人暮らしの大学生は小型でも十分使えるため、まずは商品をチェックしてみましょう。

アイロンのおすすめ商品10選

一人暮らしの大学生におすすめのアイロンを10選紹介します。他の商品と比較しながら、自分に合うアイロンを見つけてみましょう。

ハンディースチーマー
ハンディースチーマー
BESTEK

ハンディースチーマー

価格: ¥1,780 (税込)
3

持ち運びに便利なアイロン

セラミック製のスチームヘッドは、錆びにくく耐熱性がより高いため長く使うことができるアイロンです。小型で軽量のため、持ち運びもしやすく旅行先に持っていくこともできます。8分間使用し続ける場合、自動的に運転を停止してくれるため安心して使用することが可能です。

 

シャツ、スーツなどにアイロンをかけるのが楽になるアイテムで、コンパクトのため収納場所に困ることもありません。一人暮らしの大学生も気軽にアイロンをかけることができ、お値段もお手頃です。

コードつき衣類スチーマー
コードつき衣類スチーマー
パナソニック

コードつき衣類スチーマー

価格: ¥9,900 (税込)

立ち上がりスピードが速い

パナソニックのコードつき衣類スチーマーは、立ち上がりがとても早く24秒でアイロンを使用することができます。そのため、忙しい朝でも気軽にアイロンをかけることができ、臭いの脱臭をすることもできるため毎日の衣類のケアにも使えます。

 

パワフルスチームが特徴で、生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・汗臭・飲食臭・加齢臭・防虫剤臭と7つの脱臭を行うことができます。ダニ由来や花粉のアレル物質の対策にも使用することができるため、アレルギー体質の方に向いているアイロンです。

クイックスチーマー
クイックスチーマー
Lakuun

クイックスチーマー

価格: ¥4,980 (税込)
4

手軽に除菌や消臭もできる

ハンガーにかけたままアイロンをかけることができます。タンクを満タンにすれば10分連続で使用することができます。タンクに入れた水が温まる時間も25秒で済むため、朝の忙しい時間でもすぐに使用することが可能です。

 

衣類にアイロンをかける他に除菌や消臭を行うこともできるため、クッションや枕などお手入れが大変だと感じるアイテムにも気軽に使えます。こちらのアイロンは高温スチームのため、キッチンの油汚れにも使用することが可能です。一人暮らしの大学生を助けてくれるアイテムです。

コードレス スチームアイロン
コードレス スチームアイロン
日立

コードレス スチームアイロン

価格: ¥3,218 (税込)

シンプルなコードレスアイロン

コードレスアイロンはお値段が高いイメージですが、こちらの商品はお手軽な価格で購入することができます。機能はシンプルで昔ながらの置き型で、一人暮らしの大学生でも使いやすいです。また、タンクに水を入れるカップは置台の中に収納できます。

 

アイロンをかけるときは、温度調整ダイヤルがあるため、初めての方でも生地に合った温度に調整することが可能です。

ハンディー スチームアイロン
ハンディー スチームアイロン
SIS

ハンディー スチームアイロン

価格: ¥1,980 (税込)
4

回転するハンドルのアイロン

ハンディーアイロンの他に、ドライアイロンとしても使用することができます。持ち手部分を回すだけで、色々な使い方をすることが可能です。手頃な価格で購入することができるのに、温度調整ダイヤルもあって衣類に合わせて使い分けすることができます。

 

軽量ボディでコンパクトのアイロンは、一人暮らしの大学生も使いやすいのでおすすめです。ハンガーにかけたままアイロンをかけることから始めれば、毎日の習慣になりやすいでしょう。

ハンディーアイロン
ハンディーアイロン
TWINBIRD

ハンディーアイロン

価格: ¥2,948 (税込)
4

ハンガーにかけたまま使える

衣類にアイロンをかけるのはもちろん、ブラシを変えるとソファーやカーテンにも使用することができます。高温スチーマーで殺菌や消臭をすることも可能です。お値段もお手頃でハンディータイプのアイロンは、一人暮らしの大学生にもおすすめです。

 

ハンディータイプのアイロンでも、平置きにして使用することもできるため、自分の目的に合わせて使用することができます。

コードレススチームWヘッドアイロン
コードレススチームWヘッドアイロン
パナソニック

コードレススチームWヘッドアイロン

価格: ¥11,800 (税込)

初心者にもおすすめのアイロン

一人暮らしの大学生で初めてアイロンを使う場合、コードが気になってうまくかけることができないという方も多いです。そのため、お値段は高くなりますがコードレスのアイロンを使えば、上手に使いこなすことができます。

コード付きスチームアイロン
コード付きスチームアイロン
パナソニック

コード付きスチームアイロン

価格: ¥2,040 (税込)
4.5

定番のアイロン

昔ながらのアイロンは金額もお手頃で、日本のメーカーを選ぶと長く使用することもできるためお値段以上に使い勝手がよいです。シルバーチタンコートを使用しているため、シワがのびやすく、初めてアイロンを使う一人暮らしの大学生でも扱いやすいです。

アクセススチーム
アクセススチーム
ティファール

アクセススチーム

価格: ¥10,980 (税込)
4

衣類ダニも退治もできる

ティファールのハンディータイプのアイロンは、スチームに力を入れており、連続スチームで手軽にサッとシワ伸ばしをすることができます。立ち上がりまでわずか45秒で使用することができます。

 

衣類の除菌にも99%以上の高い除菌効果があるため、帰宅後やお出かけ前に気軽に使用することができるアイロンです。

衣類スチーマー
衣類スチーマー
日立

衣類スチーマー

価格: ¥6,980 (税込)

3段階の温度調節機能付きのアイロン

形の変わったアイロンですが、クロスラインスチームによって広範囲に効率よくスチームが届きます。スチームを噴出し続ける機能もあるため、様々な使い方をすることが可能です。3段階の温度調節機能付きのため、あて布を使用しなくてもアイロンをかけることができます。

アイロンの金額相場

家電は安いものから数万円と金額の開きが大きいです。アイロンの金額相場は2,000円程度です。大学生の一人暮らしなら安いものでも十分使いやすい商品があります。高いければ機能もよく使いやすいというわけではありません。

 

アイロンをかける割合に合わせて、購入する予算を決めるのがおすすめです。アイロンの金額が高くなるのは機能に違いがあります。コードレスタイプは比較的お値段も高くなる傾向です。この他にスチームの量が異なりますが、安くても使いやすいアイロンはあります。

まとめ

一人暮らしの大学生におすすめのアイロンは多くあります。自分がどのように使いたいのかタイプ別を確認して購入するか検討してみましょう。これでクリーニングに衣類を出さなくても、自宅で洗濯をしてシワを簡単に伸ばすことができます。

 

衣類にアイロンをかけることは、節約につながるため時間を見つけながらアイロンを使用してみてください。

参考サイト

written by