【小学生の日記帳】マス目も行も!小学生に人気おすすめの日記帳10選

小学生の日記帳を選ぶ時は、何を基準にするか迷ってしまいますよね。小学生の宿題でも日記は頻出されるので、ノートでお悩みの方も多いでしょう。マス目のノートが良いのか、行のノートが良いのか。ここでは、豊富な種類がある日記帳の選び方と、おすすめの商品をご紹介します。
公開日:2020.05.17 更新日:2020.05.18

小学生の日記帳は学年に合わせてノートを変える

小学生の日記は、学校の宿題の定番と言っても過言ではないほど多く出されます。特に多いのは夏休みの宿題として出されることですが、普段も日記の宿題が課されることがあります。お子様も大変かもしれませんが、保護者の方も日記帳を選ぶことに苦労してしまいますよね。

 

最近では、日記帳のダウンロードができるようなサイトもありますが、やはり学校に提出する場合には、まだまだノートでの提出が一般的です。もし、ご家庭で日記に取り組むという場合には、ダウンロードの日記帳も活用しやすいでしょう。

 

小学生の日記帳に使うノートを選ぶには、学年によって最適なノートが異なるということを覚えておきましょう。大きく分けて低学年と中学年、高学年によって使うノートを変えるようにするといいでしょう。

小学生の日記帳の選び方

小学生の日記帳は、主に学年によってマスのノートか行のノートかに分かれます。そのほか、お子様の好みのデザインによっても選び方も異なりますね。ここでは、どんな日記帳がおすすめなのか、選び方のポイントについてご紹介します。

 

小学生の日記帳を選ぶポイントは主に2つです。

  1. 学年に合わせて選ぶ
  2. デザインで選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

【学年に合わせて選ぶ】マスのノートか行のノートか

一般的な選び方の1つとして、学年に合わせて日記帳を選ぶ方法があります。低学年、中学年、高学年に分けて最適な日記帳を選びましょう。

小学生の低学年はマスの日記帳

小学生の低学年となる1年生と2年生の日記帳は、マス目のノートを選びましょう。学校に提出するノートであれば、学校の指示を優先して考えます。しかし、特に指定がない場合や、ご家庭用の日記帳の場合は、低学年に最適なマス目のノートを積極的に選択しましょう。

 

学校の授業でも、2年生までの低学年で実際によく使われているのはマス目のノートです。国語など、特に文字を書くことが重要になる教科では、大き目のマス目に区切られたノートが使われています。1年生の国語のノートでは、マス目の中に、さらに十字のガイド線の入っているものが推奨されています。

小学生の中学年はお子様に合わせた日記帳

小学生の中学年となる3年生と4年生の日記帳は、もしかすると選ぶのが一番難しい学年かもしれません。というのも、3年生になると、マス目のノートではなく、行のノートも使われるようになってくるからです。算数では、まだマス目のノートが多いですが、国語では行のノートを使う学校もあるのが3年生なのです。

 

学校から指定されているものがなくても、提出用のノートであれば、普段から学校で使っているものに合わせるといいでしょう。お子様のノートを確認してみてください。また、4年生になると、国語のノートも行のものを使う機会が増えてきます。

 

もしご家庭用の日記帳でお悩みであれば、お子様に合わせて選んでみましょう。文章を書くのが得意なお子様であれば、行のノートが役立ちます。ゆっくり丁寧に文字を書く習慣をつけたいのであれば、マス目のノートを選びましょう。

小学生の高学年は行の日記帳

小学生の高学年となる5年生と6年生の日記帳は、行のノートを選びましょう。学校の授業でも、国語と算数は特別なことがなければ行のノートを使用するようになるので、お子様も行のノートに慣れているでしょう。ちなみに、漢字練習用のノートや理科・社会のノートはまだマス目のノートを使用することが多いです。

 

5年生も6年生もともに、国語のノートでは、授業でも15行のノートを使うようになってくるので、日記帳にも同様の行を選んでみてもいいでしょう。

【デザインで選ぶ】お子様のお気に入りの日記帳を見つける

日記帳の中紙のデザインと同じくらい大切なのが、表紙のデザインです。小学生のお子様であれば、お気に入りのデザインを見つけることで日記が楽しみになるという場合もありますよ。

小学生では、1年生であっても自分の好みが明確になっています。そのため、お子様に自分の好きなデザインの日記帳を選んでもらうのもおすすめです。もし、日記をつけるのが苦手であったら、あまり文章を書くをいうことが好きではないお子様の場合、自分のお気に入りのデザインであれば頑張れる、という効果が期待できますよ。

 

お子様が自分で探すのが大変であれば、いくつか候補を用意してあげて、その中から選ばせてあげるのも効果的です。ぜひ、お子様のお気に入りのデザインを見つけてあげましょう。

小学生の日記帳おすすめ人気商品10選

さて、ここからは小学生のお子様におすすめで、人気のある日記帳をご紹介していきます。それぞれの特徴もわかりやすく説明しながら、具体的な商品を10選しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

鍵付き日記帳 ダイアリーノート
鍵付き日記帳 ダイアリーノート
PECOWARE

鍵付き日記帳 ダイアリーノート

価格: ¥2,860 (税込)
4

女の子に大人気の日記帳

可愛らしいキラキラとした表紙から、女の子に大人気の日記帳です。中は行のタイプになっているので、小学生でも中学年以降のお子様の使用がおすすめです。しかし、学校に提出するなどの学習のための日記帳でなく、日記の習慣付けのような場合は、小学生の低学年で使用することも良いでしょう。

 

見た目に可愛らしいノートの方がやる気が出るので、日記の習慣付けのほか、習い事のメモ帳として使用するのも人気がありますよ。

B5判 こくご10マス 中心リーダー入り
B5判 こくご10マス 中心リーダー入り
APICA

B5判 こくご10マス 中心リーダー入り

価格: ¥170 (税込)

ムーミンの世界観たっぷりの日記帳

表紙がムーミンの世界観でいっぱいの、大人でも可愛らしいと感じる日記帳です。日記帳の大きさは、小学生にとって一般的で使いやすいB5サイズです。また、10マスのタイプとなっているので、小学生の低学年のお子様におすすめ。

 

さらに、マス目の中には十字のリーダー線が入っているので、小学1年生でも安心して使えますよ。リーダー線が入っているノートでは、丁寧に字を書く習慣も身に着けやすいです。

B5 スヌーピー学習帳 国語 12マス リーダー入り
B5 スヌーピー学習帳 国語 12マス リーダー入り
APICA

B5 スヌーピー学習帳 国語 12マス リーダー入り

価格: ¥165 (税込)

人気のスヌーピーの日記帳

お子様にも大人にも人気のスヌーピーが表紙となった日記帳です。文房具でもよく目にするスヌーピーのデザインは、男の子でも女の子でも使いやすいでしょう。筆記用中性再生紙を使用した、12マスの日記帳です。

 

12マスのノートは、小学1年生にとっては少し小さなマス目となるので、小学2年生におすすめです。十字のリーダー線も入っているので、字のバランスがとりやすく書きやすい日記帳です。

B5判 15マス 中心リーダー入 パリオノート
B5判 15マス 中心リーダー入 パリオノート
オキナ株式会社

B5判 15マス 中心リーダー入 パリオノート

価格: ¥160 (税込)

見慣れたブルーラインが書きやすい日記帳

表紙が、男の子も女の子も使いやすいカラーデザインになっている日記帳です。中を見ると、小学生が見慣れている青色の線になっているので、お子様も書きやすいでしょう。15マスのノートなので、基本的には小学3年生におすすめです。

 

しかし、文章が得意なお子様であれば、中心の十字リーダーが入っているので、小学2年生でもお使えるノートです。デザインがシンプルなので、学校への提出用としても活用できますね。

ジャポニカ学習帳 こくご 18マス
ジャポニカ学習帳 こくご 18マス
ショウワノート

ジャポニカ学習帳 こくご 18マス

価格: ¥185 (税込)
4.5

誰もが知る有名ブランドの日記帳

ショウワノートのジャポニカ学習帳は、広く知られた有名ブランドですね。ノートの紙は、鉛筆で書きやすいよう工夫して作られた特注品を使用しています。そのほかにも、表紙の写真は、世界で1枚しかないオリジナルの写真を使っている、表紙の名前欄はコートレス仕上げになっている(水性ペンでも鉛筆でも書ける)など、細かな気遣いはさすがです。

 

18マスという細かいマス目のため、中心の十字リーダーはありません。基本的には、小学4年生以上のお子様に最適な大きさのノートです。

サクラ学習帳15行 縦リーダー入り
サクラ学習帳15行 縦リーダー入り
サクラクレパス

サクラ学習帳15行 縦リーダー入り

価格: ¥209 (税込)

サクラクレパスの可愛らしい日記帳

クレパスで有名なサクラクレパスからも、日記帳が出版されています。何とも言えない風合いが素敵な表紙は、人気イラストレーター米津祐介氏が、クレパスで書いた生き物をモチーフとしたイラストです。

 

ノートの表紙には上下の二ヶ所に科目名が印刷されています。ランドセルやバッグから取り出した時にも見やすいよう工夫されています。15行のノートになっているので、小学4年生以上のお子様におすすめです。もちろん6年生にも最適です。

キャンパスノート タテ罫17行 (9mm罫)
キャンパスノート タテ罫17行 (9mm罫)
コクヨ

キャンパスノート タテ罫17行 (9mm罫)

価格: ¥209 (税込)

文章が好き、得意なお子様に最適

小学生から大学生までご用達の、誰もが知っているノートブランドであるキャンパスノート。キャンパスノートの歴史は古く、1975年に誕生しました。多くのノートが糸とじであるのに対し、キャンパスノートは誕生の時から無線とじにこだわっています。

 

無線とじノートの魅力は、途中でノートを破っても、ほかのページまでほつれてしまう可能性が低くなることです。中紙は上質紙を使っているので、何度も読み返したいときにおすすめ。17行のノートは、文章を書くことが好きな高学年のお子様に最適です。

一日ひとつのことだけ日記
一日ひとつのことだけ日記
宮川 俊彦

一日ひとつのことだけ日記

価格: ¥2,178 (税込)
4.5

三日坊主で終わらせない画期的な日記帳

日記を書くのが苦手なお子様におすすめです。この日記には「今日の一生懸命」「今日のなるほど」「今日の満足料理」「今日のごめんなさい」など、その日のテーマがあらかじめ決められているので、何を書こうか決められずに日記が続けられないお子様も簡単に書くことができます。

 

小学生の低学年のお子様に向けた日記帳ですが、文章を毎日書く習慣をつけさせることが目的であれば、全学年に対応できます。イラストも豊富で、飽きずに続けられる工夫がたくさん詰め込まれた日記帳です。

ジャポニカ学習帳 絵日記
ジャポニカ学習帳 絵日記
ショウワノート

ジャポニカ学習帳 絵日記

価格: ¥198 (税込)

絵が好きなお子様におすすめ

文章は苦手だけど、絵を描くことは好き、というお子様は意外と多いです。幼児の時からずっと行なっているので、文章よりも身近に感じているのかもしれません。そんなお子様におすすめなのは絵日記です。

 

絵を一緒に描くことで、文章は大変でも絵を描くのが楽しいから頑張ろうと、日記をつけるきっかけになるかもしれません。中紙は大き目のマスで区切られており、カラーになっているので、小学1年生から使える日記帳です。時計や温度計などの記録もできるようになっています。

えいごで答える小学生のQ&A日記ドリル
えいごで答える小学生のQ&A日記ドリル
アルク

えいごで答える小学生のQ&A日記ドリル

価格: ¥1,430 (税込)

英語力アップを狙うお子様におすすめ

小学生のうちは、英語の授業でもあまり英文を書かないため、中学生になってから戸惑うお子様は多くいます。この日記帳は、小学生のうちから英語を書く習慣をつけたいという時におすすめです。

 

30日の完結型ですが、毎日決まったお題が用意されているので、書くことに困りません。ある程度、英語に触れたことのあるお子様に向けた本なので、小学生の高学年頃から使い始めることがおすすめです。

まとめ

小学生に人気のおすすめ日記帳をご紹介しました。国語のノートを代用するのが一般的ですが、ご家庭で取り組む場合には、お子様に合わせてノートを選んであげるといいでしょう。日記帳は、お子様が大きくなるまで取っておき、大人になってから見せてあげるのもおすすめです。ぜひ、お子様のお気に入りの日記帳を見つけてみて下さいね。

参考サイト

written by