【楽しくリスニング力アップ】中学生におすすめの人気の英語の歌10選

世界共通語の英語はこれからの時代を生き抜くには必須科目ですよね。新しい言語を覚えるにはまず楽しむこと、その言葉を好きになることが大切です。中学生にも分かりやすい、シンプルな言葉が並ぶ英語の歌を使って、楽しみながらリスニング能力を強化しましょう。
公開日:2020.05.25 更新日:2020.05.25

歌と一緒に英語を覚えよう

小学生、中学生、高校生と12年に渡って必須科目となる英語の勉強がつまらないと悩んでいませんか。机に座って文法や単語の暗記ばかりでは、なかなか頭に入らないものです。様々な国で使われている国際的な言語である英語は楽しみながら勉強するのが一番の近道。

 

身近にありながら英語のリスニング強化に効果が得られるのが英語の歌の数々です。世界的なアーティストの名曲を楽しみながら、英語の勉強に役立てましょう。

 

英語の歌はシンプルな言葉が並ぶものが多い

英語の歌を使って本当に勉強ができるのとお思いでしょう。英語の歌は中学生でも十分に理解できる、シンプルな歌詞のものが多くあります。

 

教科書や授業では難しく感じる時制の表現方法や、なかなか頭に入らない単語も歌であればリズムに乗って覚えてしまうことができます。好きな曲が見つかれば、歌詞の内容も気になり始めるので自然と英語の辞書に手が伸びることでしょう。

中学生におすすめの英語の歌の選び方

中学生の英語学習にぴったりな歌の選び方を見てみましょう。英語の歌の中にはくだけた口語体で歌詞が書かれている物も多く、英語学習には不向きな曲も存在します。中学生の英語学習におすすめの歌は

 

  • 教科書に掲載されているもの
  • 誰もが耳にしたことのある有名なもの
  • 日本語でカバーされたことのあるもの
  • 現在流行しているもの

 

を意識して選ぶと良いでしょう。選び方のポイントを見ていきましょう。

教科書に載っている英語の歌を選ぶ

中学生の音楽、または英語の教科書の中には有名な曲が掲載されています。英語の歌で勉強を始めようと思った時にはまず教科書に載っている曲から始めると良いでしょう。英語の教科書で取り上げられるのは文法的にもしっかりした曲ばかりなので、歌って覚えると自然と文法も身に付きます。

 

音楽の教科書に掲載されているのは有名なミュージシャンの曲が多く、誰もが一度は耳にしたことのあるものばかりです。今までなんとなく耳にしていた曲の歌詞の内容が理解できるようになると、より一層英語の歌に興味が沸いて来ます。

音楽の教科書に載っているもの

音楽の教科書に掲載されている曲はメロディーが美しく、聞いたことのある名曲ばかり。カーペンターズ、ビートルズなどが定番で過去に何曲も掲載されています。

 

歌詞もシンプルで分かりやすく、歌いやすい曲ばかりなので口ずさみながらあっという間に覚えることができます。基本的な英単語が並んでいるので中学1年生からでも十分に理解できる曲ばかりです。英語の歌と共に海外のミュージシャンに興味を持つきっかけにもなるでしょう。

英語の教科書に載っているもの

英語の教科書には映画やアーティストにまつわる読み物が掲載されています。中には洋楽のヒットチャートについて書かれたチャプターもあるのでたくさんの英語の曲に触れることができます。

 

マイケル・ジャクソンやマライア・キャリー、スティービー・ワンダーなどのインタビューや自伝などを英語で読みながら、同時に英語の歌も楽しめるので英語に触れる量が増えます。アーティスト自身に興味を持つことで、掲載されていない他の曲も聞いてみようと思えるのもポイントです。

日本語でカバーされた歌から選ぶ

日本語でカバーされたことのある英語の曲を選ぶのもおすすめです。聞いたことのある曲が実は英語が原曲だったと驚き興味を引くこともありますし、日本でカバーされた曲の方が大ヒットしているものも多く存在しています。良く流れているあの曲が実はカバーされた曲だったの、と驚き聞いてみようと言う気持ちになりやすいのが特徴です。

 

また、原曲の歌詞と日本語の歌詞がまったく異なるため原曲の歌詞がどんな内容なのか知りたいと言う気持ちも出てきます。2018年にヒットしたDA PUMPの「U.S.A」やCMでお馴染みの「デイ・ドリーム・ビリーバー」も実は洋楽のカバーです。

現在の流行から選ぶ

流行に敏感な中学生が最も興味を持つのが現在流行中のアーティストの曲です。教科書に掲載されているようなクラシックな曲とは異なり聞き取りにくいことも多く、単語や表現も複雑なのが特徴です。しかし難しい表現や単語が使われ、聞き取りにくいからこそ英語学習にはうってつけと言えます。

 

現在も活動をしているアーティストは新曲を楽しみに待つこともできるので、継続して英語の歌に触れることができるのも特徴です。

楽しんで何度でも聞ける

お気に入りのアーティストを見つけたら、何度も繰り返して聞けますよね。最初は英語の勉強のために聞いていても、気がつけばアーティストのファンになっていた、と言うこともあるでしょう。

 

ファンになるとより一層英語に親しみを感じ、勉強するモチベーションにも繋がります。まずはお気に入りのアーティストを見つけることから始めましょう。

中学生におすすめの英語の歌10選

では中学生におすすめの英語の歌を10選聞いてみましょう。きっと耳にしたことのある曲ばかりですが、メロディだけでなく英語の勉強、リスニングの強化のために詩を意識しながら聞けば違った印象が得られます。

どんな歌詞でどんな英語が使われているのか耳をすませましょう。

ヘルプ!
ヘルプ!
ヘルプ! ヘルプ!
漫画全巻ドットコム

ヘルプ!

価格: ¥5,760 (税込)

中学生におすすめの英語の歌の代表格は何と言ってもザ・ビートルズです。特に「Help!」はノリも良く聞きやすい曲な上、中学生がつまずきやすい英語の文法があちこちに散りばめられています。

 

一緒に歌っているうちに文法まで身につく、勉強にもリスニングにもふさわしい一曲です。

Take Me Home, Country Roads
Take Me Home, Country Roads
Take Me Home, Country Roads Take Me Home, Country Roads
漫画全巻ドットコム

Take Me Home, Country Roads

価格: ¥3,168 (税込)

ジブリの大人気映画、「耳をすませば」の主題歌が実はカバー曲だとご存知でしょうか。元々はアメリカのフォークソング界を牽引してきたジョン・デンバーのヒット曲です。

 

自身の故郷への懐かしい気持ちを歌った歌詞は、情景を表現する英単語を覚えるのにぴったりです。

ティアーズ・イン・ヘヴン
ティアーズ・イン・ヘヴン
ティアーズ・イン・ヘヴン ティアーズ・イン・ヘヴン
ネットオフ楽天市場支店

ティアーズ・イン・ヘヴン

価格: ¥198 (税込)

誰もが耳にしたことのあるエリック・クラプトンの名曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」も中学生におすすめです。ゆっくりとした美しいメロディーで歌詞も聞き取りやすく、リスニングが苦手な中学生でも楽しめることでしょう。

 

切ない歌詞は英語での気持ちの表現の仕方を教えてくれます。

LAST CHRISTMAS
LAST CHRISTMAS
LAST CHRISTMAS LAST CHRISTMAS
ハッピービデオ

LAST CHRISTMAS

価格: ¥350 (税込)

クリスマスの季節になると毎年耳にするWHAM!のラスト・クリスマスも中学生の英語学習におすすめの一曲です。世界中で愛される大名曲で、歌詞もシンプルな単語が並んでいます。日本語に訳してみると明るく楽しげな曲調でありながら、切ない気持ちがこもっていることに気がつくでしょう。

Let it go
Let it go
Let it go Let it go
漫画全巻ドットコム

Let it go

価格: ¥3,850 (税込)

日本でも記録的な大ヒットとなったディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌を英語で聞いてみるのも勉強になります。英語で歌っているのはアメリカの歌手、イディナ・メンゼルです。

 

日本語の歌詞と英語の歌詞を見比べながら、微妙なニュアンスの違いを感じることができるでしょう。

Call Me Maybe
Call Me Maybe
Call Me Maybe Call Me Maybe
ブックオフオンライン楽天市場店

Call Me Maybe

価格: ¥1,298 (税込)

一度聞いたら耳に残るポップなメロディとかわいい声で大ヒットとなったカーリー・レイ・ジェプセンのコール・ミー・メイビーは中学生にぐっと来ること間違いなし!リズムは早いものの、簡単な単語が並ぶので英語が苦手でも大丈夫です。

 

ミュージックビデオはカーリー・レイ・ジェプセンが一目惚れするストーリーになっています。最後にとても大きな落とし穴がありますので、曲と一緒にぜひチェックしてください。

Shape of my heart
Shape of my heart
Shape of my heart Shape of my heart
HMV&BOOKS online 1号店

Shape of my heart

価格: ¥1,619 (税込)

2000年代に日本でも大人気となったバックストリート・ボーイズのシェイプ・オブ・マイ・ハートもミディアムテンポでとても聞きやすい一曲です。

 

歌詞の内容は男性が女性に許してもらうために「心をすべて見せたい!」と歌う少し女々しい内容ですが、メロディーと相まってとてもロマンチックに聞こえます。和訳をしながら聞いてみると面白いでしょう。

Bad Day
Bad Day
Bad Day Bad Day
ネットオフ楽天市場支店

Bad Day

価格: ¥110 (税込)

リスニングや文法の勉強としてはもちろん、心の支えとなってくれる応援歌がダニエル・パウターのバッド・デイです。

 

悪い日もあるよ、と力強く励ましてくれる歌詞で聞いているとどこかほっとする曲です。はっきりとした英語で歌われているので聞き取りもしやすく、しっかりと勉強になります。

What Makes You Beautiful
What Makes You Beautiful
What Makes You Beautiful What Makes You Beautiful
漫画全巻ドットコム

What Makes You Beautiful

価格: ¥2,428 (税込)

近年中学生から絶大な人気を集めた海外のアーティストの代表がワン・ダイレクションです。教科書にこそ掲載されていないもののリスニング教材として使われることも多く、授業で聞いてファンになったと言う中学生も多いです。

 

かっこいいパフォーマンス、中学生にグッとくるメロディ、ロマンティックな歌詞と一度聞くと虜になってしまいますよ。歌とアーティストが素敵で、歌詞の意味を知りたいから英語を勉強すると言うベストな流れが生み出せるでしょう。

We Are Never Ever Getting Back Together
We Are Never Ever Getting Back Together
We Are Never Ever Getting Back Together We Are Never Ever Getting Back Together
MixCD24

We Are Never Ever Getting Back Together

価格: ¥1,650 (税込)

カバー曲がテレビ番組の主題歌に使われたこともあり、必ず耳にしたことのあるテイラー・スウィフトのWe Are Never Ever Getting Back Togetherもリスニング強化におすすめです。

 

テイラー・スウィフトの曲は実体験を元にしていると言われています。心の動きを繊細に表現した歌詞を楽しみながら覚えることで、リスニングだけではなく英語での表現力も身につけることができるでしょう。

まとめ

今回は中学生の英語学習にぴったりな歌を10選ご紹介しました。どれも時代が変わっても色褪せることのない名曲と、新しい時代の名曲ばかりです。まずは好きな曲を見つけて、歌詞を見ながら新しい単語や表現を覚えていきましょう。

 

何度も繰り返して聞くことで、自然と一緒に歌えるようになるはず。お気に入りに歌をしっかりと暗記できたら、実際の英会話やテストでも役に立つはずです。楽しんで英語を勉強しましょう。

参考サイト

written by