【朝読書や読書感想文にも】中学生におすすめの人気小説10選

中学生になると朝読書の時間や感想文を提出する機会ができて、読む小説を選ぶのに悩んでしまうこともありますよね。ここでは中学生だからこそ共感できるもの、将来に影響を与える言葉に出会えるものなど、中学生におすすめの小説を紹介するので是非参考にしてみてくださいね。
公開日:2020.05.17 更新日:2020.05.18

感動をもたらしてくれる小説は中学生におすすめ

小説を読むことが好きな人もいますが、読書感想文を書かなければいけないから、という理由などで、小説を読み始める中学生も少なくないでしょう。しかし、もしその機会に心に残る小説に出会えれば、読書に対する意識が変わるかもしれません。

 

小説には人の心を動かす力があります。登場人物の思考に涙することがあったり、背景や景色を想像してワクワクしたり、様々な感動を覚えることができます。

 

感受性が豊かで少しずつ大人に向かって歩んでいく中学生なら、その感動した経験で、人に優しくなれたり自分の成長に役立てたりすることが出来るでしょう。

中学生におすすめの小説の選び方

沢山の小説の中で中学生が読んで面白いと思える小説を選ぶのに悩んでしまうかもしれません。ここでは、テーマ別に選び方をご紹介いたします。

気になるジャンルから選ぶ

小説のジャンルも数多くありますが、自分の趣味や好きなこと、中学生が読んで共感できることなどから興味があるものを選んでみると良いでしょう。

主人公が中学生

主人公が中学生の小説なら登場人物の考えに共感し、また時には感情移入しながら読み進めることが出来るでしょう。そして、登場人物の葛藤、成長、夢を通して自分の心に問いかける機会を得られます。

ミステリー

物語に謎が生まれ、解決していくまでの様子をワクワクしながら読み進められるミステリー小説は、読書が不慣れな人にもおすすめの人気ジャンルです。

 

ミステリーといえば事件解決を目指して物語が進む推理小説が一般的ですが、宇宙を舞台に、科学、物理学を駆使するのや、タイムスリップして歴史上の人物と関わりながら奇怪な現象の謎を追っていくものもあります。

 

ファンタジー

現実では見たことのないような景色が舞台のファンタジー小説もおすすめです。映画やゲームの原作になっているものも多いので、気軽に手に取りやすいでしょう。

 

神話の世界などを舞台にした戦記や、魔法や超能力を使える登場人物の冒険劇、未来や宇宙を舞台にしたSFなどがあり、異世界で繰り広げられる人々の掛け合い、神秘的で不思議な力が生まれる様を想像しながら楽しく読み進められます。

教材で使われている作品の作者から選ぶ

国語の教科書で取り扱われている小説は一部抜粋されていることが多いので、授業で気になった作品があったら全編を読んでみるのがおすすめです。そして作者のほかの小説にも目を向けてみると良いでしょう。

宮沢賢治

「注文の多い料理店」「オツベルと象」などの作品を残した宮沢賢治は、これから大人になる中学生におすすめする小説も沢山残しています。

 

彼から生まれた作品はどれも、命あるものに対する愛情のかけ方や、人の幸せや生き方について考えることの大切さを教えてくれます。

 

彼の有名な作品である「銀河鉄道の夜」「よだかの星」などからも読み受けることができるでしょう。

夏目漱石

夏目漱石は、中学生の国語の授業で扱われる「坊っちゃん」や「吾輩は猫である」の作者です。彼の小説には様々なジャンルがありますが、どれも登場人物の性格、挙動、思考が丁寧に表現されています。

 

青年の恋物語がテーマの「三四郎」や、夢の中での話という設定で書かれた10話の短編小説をまとめた「夢十夜」は、文学入門の一冊としておすすめです。

太宰治

「走れメロス」の作者である太宰治の作品では、「人間失格」「グッドバイ」が近年映画化され話題になりました。

 

太宰治が書いた小説は彼の人生そのものを表現しているようで、孤独で精神的に不安定な時期と周りに支えられていた時期とでは、作風にかなりの変化がありました。

 

中学生のちょっとした心情の変化を丁寧に描いた「女生徒」や、日本昔話を彼が解釈してアレンジした短編集「御伽草子」は、テーマがわかりやすく楽しく読めるでしょう。

メディア化した作品から選ぶ

小説が原作でメディア化した作品が近年増えてきており、話題になった作品は書店で手に入りやすいので、とにかく何か読んでみたい人におすすめです。

映画化した作品

映画の元となった小説は、元々ベストセラーとして知られるものであったり、芥川賞や本屋賞などで知名度が上がっているものなので、多くの人の心を揺さぶる作品だといえるでしょう。

 

近年映画化して話題となった「君の膵臓を食べたい」や、「スマホを落としただけなのに」などは、登場人物と年代が近い中学生や若い世代の人におすすめな小説です。

ドラマ化した作品

小説が原作のドラマは小説の世界観を忠実に再現していることが多いので、ドラマで気に入った作品があれば原作の小説も楽しんで読めるでしょう。

 

「ガリレオ」などを書いた東野圭吾さんや、「下町ロケット」などを書いた池井戸潤さんなど、ドラマ化された人気小説の作家さんのまだ映像化されていない小説もあるので、映像化を期待して選んで読んでみるのもおすすめです。

中学生におすすめの小説10選

ここからは、中学生の方に是非読んでほしいおすすめの小説をご紹介いたします。

カラフル
カラフル
漫画全巻ドットコム

カラフル

価格: ¥682 (税込)
4

読んだら必ず誰かに薦めたくなるロングセラー小説

発売から20年以上経った現在でも人気の小説で、中学生の国語の教科書で紹介があったり2010年にアニメ映画化されたりしています。

 

表面上だけでは分かり得ない、人と心を通わせることの難しさと大切さを教えてくれる作品です。現在人間関係に悩んでいる人、家族や友達ともっと仲良くなりたい人におすすめです。

バッテリー
バッテリー
バッテリー バッテリー
KADOKAWA/角川書店

バッテリー

価格: ¥704 (税込)
4

少年たちの真剣勝負に心を揺さぶられる物語

全6巻からなる小説で、テレビや漫画、アニメでも取り上げられています。とある野球少年の2人がバッテリーを組んで物語が進んでいき、真剣勝負の大切さや、技術だけでは上手くいかないチームワークの複雑さを考えさせられる作品です。

 

まっすぐな気持ちのぶつかり合いと成長を感じる主人公たちに、他のスポーツを好きな中学生も共感できるのではないでしょうか。

星の王子さま
星の王子さま
星の王子さま 星の王子さま
HMV&BOOKS online 1号店

星の王子さま

価格: ¥1,650 (税込)
4

世代、国境を越えて語り継がれる名作

1943年に初版を発行してから現在まで200以上の言語に訳され、世界中に愛読者がいる小説です。作者で飛行士でもあるサンテグジュペリの実体験から書かれた物語だと言われています。

 

物語に出てくる王子様の旅先で出会った自然や動物、少年たちとの交流を通して、生命や愛情とはどういうものなのかという、日常で考えることを忘れてしまったテーマを思い出させてくれます。

 

夜のピクニック
夜のピクニック
漫画全巻ドットコム

夜のピクニック

価格: ¥825 (税込)
4

学校行事を舞台にした青春物語

夜にみんなで歩いていくというノスタルジックな景色と、高校生たちの青春に焦点を充てたテーマが多くの人の心を惹きつけ、映画、音楽劇にもなった小説です。

 

学校行事という非日常的なシチュエーションに任せて、登場人物である高校生たちの恋心や友情の明るい部分、暗い部分があらわになっていく物語で、世代が近く共感できそうな中学生におすすめです。

あと少し、もう少し
あと少し、もう少し
あと少し、もう少し あと少し、もう少し
漫画全巻ドットコム

あと少し、もう少し

価格: ¥693 (税込)
4

寄せ集めのチームでも、最後まで襷をつなぐ

現役駅伝ランナーの愛読者も多い人気の青春小説で、続編も発行されています。性格も経験もバラバラな中学生6人が寄せ集めで駅伝メンバーとなり、大会出場を目指して共に成長していく様子を描いた物語です。

 

一からチームを作って大会に出るという大きな課題を前にした登場人物のそれぞれの苦悩や、仲間を思いやる気持ちが強く伝わってくるセリフなどに共感できる中学生も多いのではないでしょうか。

 

 

きみの友だち
きみの友だち
きみの友だち きみの友だち
漫画全巻ドットコム

きみの友だち

価格: ¥781 (税込)
4

自分自身と向き合ってから、友情について考える物語

友情をテーマにした、複数の中学生のそれぞれの視点から書かれた短編小説集です。登場人物にはそれぞれ悩みや負い目に思うことがあり、それから逃げる事無く受け入れてどのように人間関係を築いていくのかもがきながら成長していきます。

 

読み終えてからは、自分の友達を大切にしたい気持ちになるでしょう。

 

図書館戦争
図書館戦争
HMV&BOOKS online 1号店

図書館戦争

価格: ¥1,760 (税込)

図書館の在り方をめぐって繰り広げられる攻防

SFやミリタリーのジャンルを得意とした有川浩さんの代表作で、小説だけでなく、映画、アニメなどがヒットした人気の作品です。

 

物語上で決められた法律から表現の自由と図書館を守るという難しいテーマがあるのですが、パラレルワールドの世界を舞台にしたり、主人公の恋愛模様を組み込んだりしているので、法律に詳しくない人でも楽しく読めるようになっています。

アルジャーノンに花束を
アルジャーノンに花束を
アルジャーノンに花束を
アルジャーノンに花束を アルジャーノンに花束を アルジャーノンに花束を
早川書房

アルジャーノンに花束を

価格: ¥946 (税込)
4.4

日本でドラマ化されたアメリカの人気SF小説

知力とは、愛情とは何かというテーマが評価され、世界中で人気を集めた小説です。主人公の身に起きた出来事や心情の変化を、主人公自身が手記を書いたという手法で表現している為、直接的に読者に訴えかけるものがあります。 

 

ハッピーエンドではない物語ですが、誰かを愛すること、愛されることはどんな力を得るよりも大切なことなのだと実感させれます。

精霊の守り人
精霊の守り人
精霊の守り人
精霊の守り人
精霊の守り人 精霊の守り人 精霊の守り人 精霊の守り人
新潮文庫

精霊の守り人

価格: ¥649 (税込)
4

緻密な世界観作りで根強いファンが多い人気小説

守り人シリーズの一つとして知られ、日本のファンタジー小説の代表作ともいわれる人気の小説です。主人公が大人の女性の冒険劇という、今までのファンタジー小説では無かった設定が話題になりました。

 

そして作者による緻密な世界観作りは中央アジアや東洋の民俗からインスパイアされており、西洋を舞台にしたファンタジー小説とはまた違った景色を想像することができます。

 

 

暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ 暗いところで待ち合わせ 暗いところで待ち合わせ
bookfan 2号店 楽天市場店

暗いところで待ち合わせ

価格: ¥544 (税込)

人と人との繋がりを愛おしく思える物語

推理小説、ミステリー小説で人気の作家である乙一さんの作品で、過去に映画化もされました。人付き合いが苦手で今までは一人ぼっちだった主人公たちの、奇妙な出会いからお互い心を開いて仲良くなるまでを書いた物語です。

 

不器用でもお互いを思いやる気持ち、少しずつ2人の距離が縮んでいく過程に優しさや温かさを感じることができるおすすめの作品です。

 

 

 

まとめ

小説を読み終えて誰かに薦めてみたいという気持ちが芽生えたり、また別のものを読みたくなったりしたら、毎日の読書の時間が楽しみになってくるでしょう。ここでご紹介した、中学生におすすめする小説や選び方が、みなさんの参考になればと思います。

参考サイト

written by