【知識の世界を広げて人生を豊かに】中学生向け人気おすすめ本8選

中学生におすすめの本はたくさんあります。本は心を豊かにし、知識を増やしてくれるますね。しかし、非常に多い本の中から、中学生のお子さんに読ませたい本を選ぶことは難しいでしょう。今回の記事では、中学生向けの本の選び方やおすすめの本8選についてご紹介していきます。
公開日:2020.05.17 更新日:2020.05.18

本は知識を豊かにし考える力を身につけることができる

本を読むことで、本から自分が知らない知識を得たり、生きるためのヒントをもらうことができます。中学生のお子さんは多感な時期になり、大人になるまでの期間に不安や戸惑いを感じることでしょう。しかし、本を読むことで、迷いを解決する手助けとすることができます。

 

また、本を読むことで読解力をつけることができるため、勉強をする際にも非常に役立ちます。人の指示を理解し、きちんと行動するためにも、本を読むことは大切です。そして、読書することで、ストレス解消することもできるので、ストレスに強いお子さんにすることもできるでしょう。

中学生向け本の選び方

中学生向け本の中で使われる漢字言い回しは、より難しくも複雑です。読みづらいと感じたら本の選び方を参考に選ぶと良いでしょう。

ジャンルから選ぶ

自分の興味のあるジャンルから本を選ぶことで、読書の時間をより魅力的な時間にすることができます。自然と本を熱心に読むことができるので、中学生のお子さんの読解力を上げるためにも良いでしょう。

謎解き好きには推理小説

推理小説は、ドキドキする展開が魅力の本です。謎な部分があるからこそ、読み進めたくなるでしょう。文章を読みながら、自然とストーリーを予想をすることで、想像力を養うことができます。

 

アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」や日本のアガサ・クリスティーと言われた山村美紗の作品は、映画やドラマでも見かける作品です。本へ興味を持つ機会が多いジャンルなので、親しみやすく中学生のお子さんにもおすすめです。

ロマンを感じる歴史小説

歴史小説も多くの種類がありますが、特に男子中学生には「三国志」や「史記」といった古代ロマンを感じるジャンルが人気です。どのように考え行動するかで大きく運命が変わった時代に、感情を移入しながら読む楽しさがあります。

 

実際の歴史に基づいて書かれた作品が多く、歴史の勉強に活かすことができるでしょう。登場人物の生き様などが現代の社会でも参考になると、しばしば注目もされています。たくましく生きていく登場人物が、いずれ社会に出る中学生のお子さんに与える影響も大きいでしょう。

実際の恋愛の参考にもなる恋愛小説

恋愛小説は実際の恋愛の参考になると、いつの時代でも人気のジャンルです。心情に特化して描かれている分、相手の気持ちを察して考える力を身につけられるようになるといったメリットがあるでしょう。

 

また、コミュニケーション力が上げるためにも恋愛小説はおすすめです。自分の内面を磨くための活力にもなるため、実際の生活でも役立てることがあるでしょう。

リアルな影響を受けるノンフィクション

世界の偉人の伝記などは、ノンフィクションの部類に入ります。本に描かれている人物が、行ったことや言ったことについて描かれているので、非常にリアルで受ける影響も大きいでしょう。

 

人間らしい現実的な心情や行動などについて触れることで、目標とする人物像のモデルとすることもできます。感動を覚えることも多くあり、ノンフィクションのジャンルも中学生のお子さんのぜひおすすめしたい本です。

カテゴリで選ぶ

本を選ぶ基本として、長編ものか短編ものかも選択する1つの判断材料になるでしょう。読書をあまりする習慣が無い場合は、無理が無く読める長さから選ぶと良いでしょう。

しっかりと読める長編

J・K・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズやJ・R・R・トールキンの「指輪物語」などは、世界でもベストセラーとなった本です。映画でも上映され、続編も作られる好評の作品です。

 

ファンタジー系の作品のアーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」や、羅貫中の「三国志」なども、広い世代で熱い支持を受けている本で非常に人気があります。中学生のお子さんも世界感に浸れるおすすめの作品です。

さっくり読める短編

短編の本は、コンパクトなライトノベルが多く、持ち運びにも便利です。気が向いた時に少しずつ読むことができるので、勉強の合間にもおすすめです。

 

忙しい中学生のお子さんでも就寝前などにサクッと読むこともできるでしょう。長い本よりも気負わずに読むことができるので、本を読むことに慣れていない中学生のお子さんの入門書としてもおすすめです。

名作から選ぶ

名著と言われる文学作品は、多くの人の心を動かし評価されてきました。多くの優れた作品に触れることで、話題の幅もさらに広げることができるでしょう。

試験にも良く出る日本国内の名作

日本の名作を読むことは、日本語の知識が増えるということ以外にも、読解力を身につけることもできるでしょう。例えば、日本語の独特の表現の仕方や、漢字を覚えることができます。

 

そのため、受験問題でもよく出題されています。日本の名作文学は、中学生にメリットが大きいジャンルでもあるでしょう。読んでおくことで、常識としての知識をストックしておけることも、中学生のお子さんにおすすめできるポイントです。

異文化を知ることもできる世界の名作

世界の名作には、日本に無い文化がふんだんに盛り込まれています。日本には無い習慣について知ることで、日本との違いを知ることもできるでしょう。主人公の生活を知ることで、想像力を鍛えることもできるでしょう。

 

特に、ルーシー・モード・モンゴメリの「赤毛のアン」の様な世界的な有名な作品は、差別について、考えさせられる作品となっています。作品を通して深いテーマについて触れることができるので、中学生のお子さんもおすすめです。

中学生向けおすすめ人気の本8選

本の選び方について解説してまいりましたが、これより中学生におすすめな人気の本についてご紹介していきます。フィクション・ノンフィクションなど、お好みのジャンルから選んでみて下さい。

わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女
わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女
学研パブリッシング

わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

価格: ¥200 (税込)

少女マララがノーベル平和賞受賞を17歳の時に受賞した作品。マララが16歳の時に、女子にも教育の必要性を訴え、反対するイスラム武装勢力に銃撃される経緯となった背景などについて知ることができます。平和な日本に住む日本の中学生にとって深く考えられさせる作品です。

アンネの日記 増補新訂版
アンネの日記 増補新訂版
文春文庫

アンネの日記 増補新訂版

価格: ¥1,056 (税込)
4

過激なユダヤ人への迫害から、多くの人が虐殺された時代を詳しく知ることができます。悲しくも、13歳から15歳という中学生と同じ年齢の少女が、自由と希望を抱きながらも、死んでいった運命から感じることが多い作品です。ユネスコ世界記憶遺産にされています。

モモ
モモ
モモ モモ
岩波書店

モモ

価格: ¥880 (税込)

ドイツ児童文学賞を受賞している長編作品。難解な部分が出てくるので、小学生の時に読んで挫折してしまったお子さんも中学生になってから改めて読むと、時間の大切さや幸せとは何だろうかと考えるきっかけになりおすすめです。

  • 作者
    ミヒャエル・エンデ
  • ページ数
    409
  • ジャンル
    児童文学
  • 出版社
    岩波書店
  • 出版年
    1974年
青空のむこう
青空のむこう
求龍堂

青空のむこう

価格: ¥880 (税込)

ある日、事故で死んでしまった主人公を通して、生きているうちにやり残したことが無いかを考えさせてくれる作品です。どのような状況でも前進する姿など、中学生のお子さんにも伝えたいテーマでおすすめです。

DIVE!! 上
DIVE!! 上
角川文庫

DIVE!! 上

価格: ¥704 (税込)

オリンピック出場を目指す少年たちの物語。小学館児童出版文化賞受賞作でもあり、人気俳優が出演していたことでも話題になりました。主人公が中学生という点でも共感を覚える作品であり、葛藤など青春を感じることができおすすめです。

ぼくらの七日間戦争
ぼくらの七日間戦争
ぼくらの七日間戦争 ぼくらの七日間戦争
楽天ブックス

ぼくらの七日間戦争

価格: ¥704 (税込)
4

こちらの作品も中学生たちが活躍する作品。思春期の複雑な中学生の心を上手にとらえており、大人や社会に対する反抗を型破りな方法で起こしていくところが現在の中学生の心にも刺さるストーリーでおすすめです。

  • 作者
    宗田理
  • 出版年
    1985年
  • ページ数
    384P(角川文庫版)
きみが見つける物語 十代のための新名作 休日編
きみが見つける物語 十代のための新名作 休日編
角川文庫

きみが見つける物語 十代のための新名作 休日編

価格: ¥250 (税込)

色々な作家の作品が集められた作品集。短編になっているので、今まで読んだことが無い作者の作品も、読むきっかけになります。さっくりと読むことができるので、多くの作品を読みたい中学生にもおすすめです。

羅生門・鼻・芋粥 新装版
羅生門・鼻・芋粥 新装版
角川文庫

羅生門・鼻・芋粥 新装版

価格: ¥398 (税込)

芥川作品も教科書で触れる機会がある作品。「羅生門」は、生きるための厳しさなど考えさせる内容で、何が正義であるか中学生にも考えてもらいたい作品です。心情の変化が分かりやすく読解力をつけるのにも向いています。

まとめ

中学生向けおすすめの本についてご紹介しました。感動を覚えるものや励みになるものなど色々な種類の本があります。中学生のお子さんの成長に合わせて読ませることで、本を通して得たことを人生に活かすことができるでしょう。ぜひ、お子さんの本選びの参考にしてみて下さい。

参考サイト

中学生向け本の人気おすすめランキング15選【成長期の中学生に最適】|セレクト - gooランキング_2020.05.11 テーマ特集 | BOOKS 雨だれ_2020.05.11 【中学生への本おすすめ】きっと見つかる!君の読みたい本_2020.05.11
written by