【好きなジャンルが見つかる】中学生の読書感想文に人気おすすめの本10選

本を読み、感じたことを文章にする読書感想文。学生の課題として定番の読書感想文ですが、中学生になると読む本も変わり、読書感想文でどの本についてを書こうか悩む方も出てくると思います。今回はそんな方に向けて、中学生の読書感想文におすすめの本を10選紹介します。
公開日:2020.05.17 更新日:2020.05.18

読書感想文は気に入った本で

学校の課題などで出される読書感想文の題材は、先生から本を指定される場合と、自分で本を選ぶ場合のどちらかですが、普段あまり本を読まない方だと、自分で本を選ぶ際にどれにすれば良いのか迷ってしまいます。

 

また、どんな本が読書感想文に適しているのか、最近はどんな本が人気なのか分からない方もいるでしょう。中学生になると、読む本も変わって、今まで読書感想文に使っていた本で書くには難しくなります。

 

そこで今回は中学生が読書感想文を書く時に選ぶ人気の本を10選ご紹介します。

中学生の読書感想文におすすめの本の選び方

自分で本を選んで読書感想文を書く中学生の方の為に、どのような本で読書感想文を書けばよいのか、その選び方についてご紹介します。

ジャンルで選ぶ

まず本の選び方で重要なジャンル選びです。本のジャンルにはいくつもの種類がありますが、読書感想文を書く場合にはどのようなジャンルがあるのでしょうか。その代表的なジャンルをいくつかご紹介します。

【歴史】過去の出来事を知る

戦国武将やミリタリーが好き、という中学生の方は歴史小説や史料を読むのがおすすめです。中には長く、難しいものもありますが、好きから入ることが出来れば、自然と読むことが出来ます。

 

歴史と言っても日本では平安時代や戦国時代。世界に目を向ければ中世から近代の戦争まで、その内容は幅広いです。

【SF・ファンタジー】空想の世界で感じたことを文章に

冒険や童話、魔法や空想科学が好きならばSF作品やファンタジーの本で書いてみましょう。中には漫画やアニメ、映画や舞台になっている作品も多くあるので、好きな作品の原作を発見できるかもしれません。

【ミステリー・推理】自身の考察を交えながら

じっくりと考えながらミステリー小説や推理小説を読書感想文の題材にするのもおすすめです。このようなジャンルの作品はストーリーをそのまま追って書くよりも、話の中に登場する人物に注目して書いてみると良いでしょう。

【純文学】作者の芸術性に触れる

芸術性にあふれる純文学も、おすすめのジャンルの一つです。あまり読んだことのない作者の作品に触れることにより、新たな感動に触れることが出来るかもしれません。純文学は少々難しい内容もありますが、中学生の読書感想文には人気のジャンルです。

【ノンフィクション】実際に起きた出来事を文章で

ノンフィクションは実際の史実や体験談に基づいたジャンルで、作者の実体験や世界で起きた大きな事件、事故などを、文章にしたものです。ドキュメンタリーやインタビューを交えながら、リアルな出来事を追体験することが出来ます。

心の感じ方で選ぶ

お話の方向性によって選ぶのも一つの手です。そのお話が喜劇か悲劇なのかによって、読み手の感じ方は異なります。表紙やタイトルの雰囲気や帯にかかれているセールスポイントを参考にして、自分にあった内容を選びましょう。

【楽しい内容】ワクワクさせるストーリーを読む

楽しい内容の本には、思わず笑いを誘うコメディの他に、アドベンチャーなど心をワクワクさせ、躍らせるお話があります。その最も興奮したシーンを中心に、読み手に紹介するように書けば、きっと面白い読書感想文が出来上がります。

【悲しい内容】心に残った感情を文章に

誰かが死別するストーリー、あるいは過去に起きた悲しい出来事、それを目で読み想像することで、悲しいながらもその人達が何を思い、なぜその行動をとったのか。それを文章にして考察を交えながら、読書感想文を書くのもおすすめです。

有名な著者から選ぶ

一度は耳にしたことのある有名な作家や題名。名前しか知らないならば是非その作品を読んでみましょう。有名ということは多くの人々が感動した作品ということです。それを読み、自分なりの言葉で読書感想文を書いてみてください。ここからは有名な著者を何人か紹介します。

【芥川龍之介】大正の大文豪の作品に触れる

芥川龍之介は大正時代に名を馳せた有名な短編作家です。有名な「羅生門」を書いたのはなんと23歳の頃。作家としては早熟すぎる経歴の持ち主です。芥川龍之介の作品は人間の闇が多く描かれているのが特徴です。

 

短い内容も多いので、中学生の読書感想文としては書きやすいものが多いです。

【夏目漱石】読みやすく人気の作家

そんな芥川龍之介の作品を絶賛した人物が明治の文豪、夏目漱石です。夏目漱石の作品は中学生の読書感想文の題材として人気があり、多くの人が彼の作品を選んでいます。物語の内容が分かりやすく、スラスラと読めるため、おすすめの著者です。

【太宰治】幅広い作風の持ち主

戦前から戦後にかけての時代の作家といえば太宰治です。ユーモラスなお話から深刻でシリアスな作品まで、生きる喜びと滅びの美しさの両方を兼ね備えた太宰の作品は、多くの人々を魅了しました。

【池井戸潤】ドラマで有名な作品が沢山

現代の作家で、数々のドラマの題材になっている池井戸潤さんの作品は、ドラマが好きな中学生にとって読書感想文に最適でしょう。ビジネスやスポーツに触れられる面もあり、最近では読書感想文を書く人が増えている作家です。

中学生の読書感想文におすすめの本10選

本の選び方を紹介したところで、ここからは中学生の読書感想文で人気の本を10選ご紹介します。選び方を参考に気に入った本を見つけてみてください。

坊っちゃん
坊っちゃん
集英社

坊っちゃん

価格: ¥286 (税込)
4

夏目漱石の代表作

夏目漱石の作品で、数多く愛された「坊っちゃん」は、読書感想文の題材で人気の作品です。自分の正義を貫く坊っちゃんを通して、社会や組織の中の理不尽さを描いたこの本から、現代社会や学校生活においても共感できる部分を見つけられるかもしれません。

走れメロス
走れメロス
新潮文庫

走れメロス

価格: ¥440 (税込)
4

高い評価を受ける太宰の短編小説

誰もが一度は名前を聞いたことのある「走れメロス」は、文の力強さを保ちながら、最初から最後までテンポ良く読めるため人気があります。この作品の背景には太宰の借金に関するだらしのないエピソードがあるとされています。

蜘蛛の糸
蜘蛛の糸
漫画全巻ドットコム

蜘蛛の糸

価格: ¥1,760 (税込)
4

芥川龍之介の初めての児童文学

こちらのタイトルも一度は聞いたことがあるかもしれません。人の欲深さについて書かれたこの作品は、アニメーションや楽曲の元ネタとして姿を変えており、また世界にも類似した作品があります。

星の王子さま
星の王子さま
星の王子さま 星の王子さま
HMV&BOOKS online 1号店

星の王子さま

価格: ¥1,650 (税込)
4

フランスの作家、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの有名な著書で、飛行士である主人公が王子である少年と共に様々な星を渡っていく物語です。「大切なものは、目に見えない」というメッセージが込められており、長きに渡り愛されている作品です。

西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ
新潮文庫

西の魔女が死んだ

価格: ¥572 (税込)
4.11

人の「死」をテーマにしたファンタジー小説

2008年に映画にもなったこちらの小説は、主人公のまいが自身のおばあちゃんと過ごした日々を回想する形で物語は進みます。まいは人の死についておばあちゃんを通して考えていきます現代社会と自然にあふれる生活の対比も見どころの一つです。

ホームレス中学生
ホームレス中学生
幻冬舎よしもと文庫

ホームレス中学生

価格: ¥545 (税込)

お笑い芸人の壮絶な過去

お笑いコンビ、麒麟の田村裕さんの自叙伝として一躍話題となったこの本は、中学生のある日、突然ホームレスとなった田村さんが、その実体験を交え、相方である川島さんとの出会いまでを書いたノンフィクションです。

アンネの日記
アンネの日記
文春文庫

アンネの日記

価格: ¥1,056 (税込)
4

歴史に遺る少女の日記

この本が書かれたのは第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの占領下にあったオランダのアムステルダムです。そこでアンネはナチスによるユダヤ人狩りの魔の手から隠れ潜みます。その生活の様子を日記として綴ったのです。その年月は約2年間にも上りました。

 

その日記は、彼女が捕まり、亡くなってから父親の手によって世に出版されました。

ノーサイド・ゲーム
ノーサイド・ゲーム
ダイヤモンド社

ノーサイド・ゲーム

価格: ¥1,760 (税込)
4

ラグビーを通して見る人間模様

2019年に刊行され、その一ヶ月後にはテレビドラマにもなった、池井戸潤さんの「ノーサイド・ゲーム」はラグビーチームの経営者と選手の両視点で描かれていきます。ラグビーが好きな中学生の方は是非この作品で読書感想文を書いてみてください。

戦国の天下人 信長・秀吉・家康
戦国の天下人 信長・秀吉・家康

戦国の天下人 信長・秀吉・家康

価格: ¥704 (税込)

三英傑の物語を一冊で読む

歴史が好きならば、こちらの本がおすすめです。有名な戦国武将である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。彼ら3人がどのようにして生きたかを知る一冊です。表紙もライトで手に取りやすくなっています。

ダ・ヴィンチ・コード
ダ・ヴィンチ・コード
角川文庫

ダ・ヴィンチ・コード

価格: ¥660 (税込)
4

モナ・リザに隠された秘密を追う

映画にもなったこちらのダ・ヴィンチ・コードは大学教授である主人公のロバート・ラングドンが、モナ・リザに隠された謎を探るミステリー小説です。キリスト教の文化に興味がある中学生の方におすすめです。

持ち歩く際はブックカバーを

読書感想文に使う本は、読んでいる最中に持ち運ぶことも多いでしょう。そんなときはブックカバーを買って表紙を保護しましょう。不意に水や飲み物が付き、汚れてしまってはせっかく買った本が台無しになってしまいます。

 

ブックカバーで守ってあげれば、読み終わった本を買取に出す場合も綺麗なままで出せますし、新しい本を買った場合でも、またそのブックカバーを使うことが出来ます。いつの間にか読書をすることが習慣になるかもしれません。

 

ブックカバーの素材やデザインも多くの種類が販売されていますので、是非気に入った本と好きなブックカバーの組み合わせで読書を楽しんでください。

まとめ

今回は中学生の読書感想文におすすめの本を10選ご紹介しました。自分の気に入った本であったり、読んで感動を受けた本は自然と感想がでてくるもの。是非その思いを読書感想文に乗せて、自分の文章で書いてみてください。

参考サイト

written by