【高校生向け】受験生に人気で使いやすいおすすめのシャーペン10選

高校生の勉強に欠かせない文房具がシャーペンです。特に深く考えずにシャーペンを選ぶ方も多いですが、機能にこだわると勉強をスムーズに進めていくことができます。そこで、高校生が受験勉強に使いやすいシャーペンをまとめてみました。
公開日:2020.05.25 更新日:2020.05.25

シャーペンにこだわると勉強がはかどる

小学生は鉛筆を使って勉強しますが、中学生からシャーペンを使い始め高校生になるとシャーペンが定着します。すぐに壊れるものではないため、中学生から使っていたものをそのまま使い続けている方も多いです。

 

高校生になると中学校よりも勉強量が増え、シャーペンを使う時間が長くなります。そのため、勉強しても疲れないシャーペンを見つけるのがポイントです。種類も多く自分に合ったシャーペンを見つけるのは大変です。

 

そこで、高校生におすすめのシャーペンや選び方をご紹介します。ポイントを抑えて自分に合ったシャーペンを見つけてみましょう。

シャーペンの選び方

高校生はデザイン性が高いシャーペンを好みやすい傾向がありますが、機能性も重視しながら選んでみてください。選び方のポイントを抑えると受験勉強にも役に立ちます。

シャーペンの重さで選ぶ

シャーペンの重さはメーカーのデザインによって異なります。スタイリッシュでスリムなタイプは軽いものが多く、かっこいいデザインが多いです。シャーペンの重さは好みで選んでよいですが、重さによっても書き心地が変わります。

 

重めのシャーペンは、軽い筆圧で滑らかに書くことができ安定感があります。一方、軽めのシャーペンは重さの負担がないため、スピーディーに問題を解いていくことができます。このように、シャーペンの重さによっても書き心地が変わるためチェックしてみましょう。

グリップの太さで選ぶ

シャーペンを握るところのグリップには、ソフトタイプとハードタイプの2種類があります。ハードグリップのメリットは、シャーペンを長時間握っていても疲れないところです。衝撃吸収ゲルタイプならより指の疲れを軽減します。

 

ハードグリップは、ゲルやシリコンが入っておらず固いイメージが強いですが、軽い力で握ることができ文字を書くときもブレにくいのが特徴です。そのため、線などを正確に書くことができ、滑り止めがついているとより使いやすいです。

芯の太さで選ぶ

シャーペンの芯は、0.2mmから2.0mmまで幅広くあり、鉛筆と同じように使えるものまで揃っています。細芯にするか太芯ににするかによっても書き心地は異なるため、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

細い芯を使うメリット

細い芯を使用するシャーペンは、複雑な文字でもきれいに書くことができます。そのため、国語や社会の教科におすすめです。文字の画数が多い教科は細い芯を使用するシャーペンでノートを綺麗に板書することができます。

 

しかし、デメリットもありシャーペンの芯が細いと折れやすいのが特徴です。筆圧が強い方はノートを取っているときにシャーペンの芯が折れやすくなるため、勉強に集中することができません。極細芯を避けて筆圧に合った太さを見つけてみましょう。

太い芯を使うメリット

太い芯を使用するシャーペンは、0.5mm以上のものを言い、数学や英語など文字が複雑でない教科に使用するのがおすすめです。筆圧が強くても折れにくく、勉強に集中できます。塗りつぶしをしなければいけないマークシートにもおすすめです。

 

太い芯のデメリットは、文字が太目になり漢字のような複雑な字はつぶれて見えてしまいます。よって、教科に合わせてシャーペンを使い分けることができれば、デメリットも気にせず使用することが可能です。

高校生におすすめのシャーペン10選

高校生がテストや受験勉強に使いやすいシャーペンをまとめてみました。先ほどご紹介した選び方を参考にしながら、使いやすいシャーペンを探してみてください。

スマッシュ 0.5mm
スマッシュ 0.5mm
ぺんてる

スマッシュ 0.5mm

価格: ¥1,021 (税込)

ペン先とグリップが一体化

シャーペンはグリップの部分がペン先と別にされていることが多いですが、こちらは一体化されており、長時間使用してもグリップがずれる心配がありません。そのため、グリップがぐらつかず勉強に集中することができます。

 

またグリップ部分は、凹凸があるためどのような持ち方をしても、指にフィットするため使いやすいです。お値段も安く、高校生がお小遣いでも購入しやすいです。

鉛筆シャープTypeS
鉛筆シャープTypeS
鉛筆シャープTypeS 鉛筆シャープTypeS
コクヨ

鉛筆シャープTypeS

価格: ¥189 (税込)

六角ラバーグリップで握りやすい

シャーペンの芯が太いため、折れにくく鉛筆で書くように滑らかです。筆圧が強くても安定感があり、勉強に集中することができます。六角ラバーグリップには、滑りにくいラバーグリップがあり、握りやすいシャーペンです。

テクトツゥーウェイ ライト 0.5mm
テクトツゥーウェイ ライト 0.5mm
ゼブラ

テクトツゥーウェイ ライト 0.5mm

価格: ¥462 (税込)

多機能なシャーペン

スリムなタイプのシャーペンで、文字を書きながら確認しやすいのが特徴です。ハードグリップで、安定感のある文字を書くことができます。シャーペンの機能性も高く、振るだけで芯を出すことが可能です。切り替え機能もあるため、移動中に芯が出る心配がありません。

 

デザインもシンプルで、勉強に集中することができ、飽きがこないため長く使用することができます。

2020(フレフレ) 0.3mm
2020(フレフレ) 0.3mm
パイロット

2020(フレフレ) 0.3mm

価格: ¥880 (税込)

おしゃれなのに機能性が高い

シャーペンを振るだけで、芯を出すことができる機能があります。カラーバリエーションも豊富で、好きなカラーを使って勉強のモチベーションを上げることが可能です。ノックの手間を省き、勉強に集中することができます。

 

異動する時、シャーペンの芯が出てこないように先端を収納できる設計のため、安心して使用することが可能です。

オレンズネロ
オレンズネロ
オレンズネロ オレンズネロ
ぺんてる

オレンズネロ

価格: ¥2,148 (税込)

極細芯でも折れにくいシャーペン

極細芯のシャーペンは折れやすいイメージが強いですが、こちらはその心配がありません。さらに、最初の1回ノックをして芯を出したら、あとは自動的に芯が出てくる機能が入っています。長い時間シャーペンを使用する方におすすめのアイテムです。

スペシャルペンシル 0.5mm
スペシャルペンシル 0.5mm
スペシャルペンシル 0.5mm スペシャルペンシル 0.5mm
カヴェコ

スペシャルペンシル 0.5mm

価格: ¥4,800 (税込)

疲れにくいシャーペン

高校生には高級なシャーペンですが、細身で握りやすく長時間使用しても指が疲れない設計になっています。シャーペンを握る時間が長い学生の負担を軽減することができ、勉強に集中することができます。

 

重さも軽く、芯の太さも一般的で高校生ならどの教科でも使うことができ、長く使うことができるシャーペンです。

グラフギア1000
グラフギア1000
グラフギア1000 グラフギア1000
ぺんてる

グラフギア1000

価格: ¥1,001 (税込)

図形を書くのにおすすめ

製図用のシャーペンで、高校生も図形を書くのにおすすめです。ペン先が他のシャーペンより長いため、定規も当てやすく的確に図形を書き進めていくことができます。細い字もきれいに書くことができ、見やすいノートを作成することが可能です。

 

クリップを押すとペン先を収納することもでき、ポケットに入れてもシャツなどの生地を傷める心配がありません。多少重みがありますが、デュアルグリップで疲れにくい構造になっているためおすすめのシャーペンです。

サファリ シャープペンシル
サファリ シャープペンシル
LAMY

サファリ シャープペンシル

価格: ¥1,280 (税込)

おしゃれなデザインなのに書きやすい

モダンでおしゃれなデザインのシャーペンです。芯の太さも細すぎず、太すぎず書きやすく勉強をスムーズに進めていくことができます。カラーバリエーションも豊富で、好きなカラーを見つけて勉強のモチベーションを上げていきましょう。

ドクターグリップ プレイボーダー
ドクターグリップ プレイボーダー
ドクターグリップ プレイボーダー ドクターグリップ プレイボーダー
パイロット

ドクターグリップ プレイボーダー

価格: ¥990 (税込)

グリップの自由に色を組み替えられる

グリップが柔らかいシャーペンで、色も自由に組み替えることができ、オリジナルのシャーペンとして楽しむことが可能です。これなら自分の好きなシャーペンのデザインにすることができ、勉強のモチベーションを上げることができます。

 

さらに、デコレーションフィルム付きで、シールを貼って楽しむことも可能です。勉強しても疲れ肉シャーペンのため、気になった方はチェックしてください。

クルトガ アドバンス
クルトガ アドバンス
クルトガ アドバンス クルトガ アドバンス
三菱鉛筆

クルトガ アドバンス

価格: ¥605 (税込)

勉強に使いやすいシャーペン

シャーペンの芯は、同じ方向で書いていると芯の向きがどんどん太くなってしまいます。しかし、こちらのシャーペンは、芯が回転し持ち替え不要で使い続けることが可能です。

シャーペンを使うときは芯も一緒に準備

シャーペンを使用するときは、替え芯を準備しなければいけません。シャーペンの中に入れる芯は、折れにくいものを使用すると筆圧に関係なく勉強に集中することができるためおすすめです。強度が強いかを購入するときにチェックしてみましょう。

 

また、芯によっても滑らかさが異なります。テストは時間との勝負のため芯が滑りやすいことで問題をスムーズに解いていくことができます。そのため、シャーペンも大切ですが、中に入れる芯も重要のため、他のメーカーと比較しながら使いやすいものを使用しましょう。

まとめ

高校生が勉強におすすめのシャーペンは多くあり、選び方に沿って選ぶと勉強がはかどるものを見つけることができます。教科ごとにシャーペンを変える方法もおすすめで、勉強に合ったシャーペンを使用してみてください。

参考サイト

written by