【受験や人間関係に役立つ】高校生におすすめの人気新書20選

新書は様々な教養を手軽に学べるため、高校生におすすめです。ですが新書は毎年数多くの新刊が発行されているため、どれを読んだら良いか迷ってしまいますね。今回は高校生におすすめな新書を、定番から新刊まで20選ご紹介していきます。
公開日:2020.05.25 更新日:2020.05.25

高校生におすすめの本「新書」とは一体どんなものか

高校生が何か新しいことを学ぶとき、入門書として新書がおすすめです。ですがそもそも「新書」とはどんな本のことを表すのでしょうか。ここでは新書について詳しく解説していきます。

新書とは「軽くて読みやすい教養本」

新書とは手軽に学べる教養本のことを言います。新刊と混合されがちですが、新書と新刊は別物として区別されています。

新書には「新しく出版された本、新刊」と、「文庫本より少し大きめ(173ミリ×106ミリ)の軽い教養や小説を収めた本」の2つの定義があります(大辞林・第三版より)。一般的に前者のことを「新刊」と呼び、後者のことを「新書」と区別しています。今回はその後者の新書についてご紹介していきます。

 

新書のジャンルは様々で、歴史から生物、エッセイ、哲学、科学まで何でも揃っています。近年流行しているビジネス本も、新書で発行されていることがあります。

 

新書の良いところは、専門書の入門的な立ち位置であることです。その世界の知識が全くなくても、すらすらと読めるようにわかりやすく書かれています。新書で前提知識を得てから、さらに専門書へステップアップしていく方法を取ることも出来ます。

文庫本との違い

文庫本は新書と似ているためよく間違われやすいですが、この2つは似て非なるものです。文庫本と新書は、本の大きさや内容が異なっおり、明確に区別されています。

文庫本は新書より一回り小さい本のことを指します。内容も小説やノンフィクション、古典など幅広く取り扱っています。話題なった単行本をそのまま文庫化することもあり、単行本よりも安価で入手出来るようになっています。


ぱっと見だと新書と文庫本に大きな違いはありませんが、内容に大きな違いがあります。新書の内容は専門的なものが多いのに対し、文庫本は小説やノンフィクション、単行本の小型化が多くを占めます。自分の好きなジャンルが新書か文庫本か把握しておくと、書店で本を探しやすくなります。

 

高校生に新書がおすすめな理由

単行本、雑誌、文庫本、新書など、本には様々な形式とジャンルがあります。では、数ある本の中でも、どうして高校生に新書がおすすめなのでしょうか。

新書は専門知識の入門書的な立ち位置です。これから大学や社会に出ていく高校生が、新書を読むことで今まで知らなかった世界を知り、より広い視点から世界を見ることが出来るようになります。さらに新書は授業では教わらない科学や生物の不思議、古典や歴史の謎、他人の人生など面白い知識や体験談が書かれているので、読書に馴染みが無い高校生でも読みやすくなっているのも特徴です。

 

さらに近年では、多くのビジネス本や自己啓発本が新書で書かれています。様々な業界の人が成功の秘訣や習慣などを赤裸々に公開しています。社会の構造や人生についてなど、するどく切り込んだ内容のものもあり、これから大人になる高校生はぜひ一度目を通しておくことをおすすめします。

高校生の新書の選び方

新書は毎月新刊が発行されています。そのジャンルも内容も様々です。そんな数多くの新書の中から、高校生が自分に合う本を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

ジャンルで選ぶ

新書は新書として一括りにされているため、明確なジャンル分けというものが存在しません。ですが自分の好きな分野を把握しておくことで、本を選びやすくなります。

受験にも役立てたい人には歴史がおすすめ

新書の歴史は学校の教科書とは違い、一つの出来事に注目した内容だったり、偉人の面白いエピソードを紹介していたりします。教科書では歴史を退屈に感じてしまった高校生でも、興味を持つかも知れません。

新書の歴史本は教科書のような史実の羅列ではなく、歴史的事件や戦争を深く掘り下げたものや、違った視点から別の解釈をしたものなどが発行されています。あの歴史的な人物の意外な一面や、歴史的事件の衝撃な事実など、教科書では教えてくれない興味深い内容になっています。


歴史が好きな高校生にはもちろん、歴史に興味のない高校生にもぜひおすすめしたいジャンルです。新書の歴史本は読者が興味を惹くように読みやすく書かれており、頭にも残りやすいので、1冊読めば勉強や受験に役に立つでしょう。

 

進路で迷っている人にはエッセイがおすすめ

エッセイ系の新書には、著者の人生や体験談が書かれています。本を通して他人の生き方や考え方に触れられるので、進路で悩んでいる高校生におすすめのジャンルです。

エッセイ系は、著者の生い立ちや体験談などが書かれています。著者のほとんどが現在進行形で活躍されている人なので、「あの有名な人がどんな人生を送ってきたのか」を知るきっかけになります。どんな経験をし、どんな考えにいたって、現在の立場についたのか。人生の先輩の体験談を聞くことが出来ます。

 

世の中には様々な人がいます。自分には思いつかなかった行動をした人、壮絶な人生を送ってきた人も沢山います。それらの人の体験談を聞くことで視野が広がり、考えたかが柔軟になっていきます。また、人生で躓いた時の、勇気をくれる1冊になってくれるかもしれません。

 

エッセイ系の新書は、進路で悩む高校生におすすめです。今まで知らなかった職業や生き方を知ることによって、人生の選択肢が広がって行くでしょう。

雑学マスターになりたい人は知識・教養系がおすすめ

知識・教養系の新書は、娯楽としても楽しめます。様々なものが発行されているので、面白そうなものをとりあえず手に取ってみることをおすすめします。

生活の知恵から何気ない日常生活の疑問解決、外国語の上達方法まで幅広いジャンルのものが発行されています。世界のジョーク集やネガティブな名言を集めたものなど、読んでいてクスっとくるような教養本もあります。


雑談力の磨き方、ビジネスの入門書など、自分が「上達したい」分野の新書を読むと、高校生活やこれからの人生に役に立つでしょう。あまりかしこまらず、「面白くてためになる」娯楽本として息抜きに読むことをおすすめします。

 

作家で選ぶ

同じ作家でも別の出版社から新刊を発行していることがあります。お気に入りの作家がいる場合、作家本人のSNSなどをチェックしておきましょう。

新書は様々な作家によって書かれています。エッセイストや評論家はもちろん、起業家やスポーツ選手、各分野の専門家が筆を取っています。なかには名前を聞いたことのある人物もいるでしょう。

 

最初はどの本を選んだら良いかわからない高校生は、まず名前の聞いたことのある人の本を選んでみることをおすすめします。自分の知っている人物がどんな考えを持ち、どんな人生を送って成功を納めたのか知ることも、社会勉強のひとつになります。

タイトルで直観で選ぶ

タイトルは読書の目を引くようにとよく考えられて付けられています。自分の直観に従って選んでみるのも楽しいでしょう。

書店の新書コーナーをしげしげと眺め、直観的に気になったタイトルを衝動買いするのもひとつの手です。タイトルは内容を表しているものがほとんどです。タイトルに惹かれると言うことは、内容にも興味があるということなので、購入することをおすすめします。

 

新書は固い内容のものばかりではありません。社会情勢を現したものから現代アニメについて綴られたものまで様々です。新書コーナーを眺めていれば、かならず興味のあるタイトルが見つかります。むしろ見つかりすぎて困ってしまうかも知れませんね。

高校生におすすめの人気新書20選

知識や教養が身につくものから、これからの人生に役立つものまで、高校生にぜひ読んでもらいたいおすすめの人気新書20選をご紹介します。

寝ながら学べる構造主義
寝ながら学べる構造主義
寝ながら学べる構造主義 寝ながら学べる構造主義
文藝春秋

寝ながら学べる構造主義

価格: ¥858 (税込)

構造主義について学べる1冊

「寝ながら学べる」と言う魅力的なタイトルの現代思想哲学本です。現代思想学の構造という難解なものについて解説している本ですが、分かりやすくユーモラスに書かれているので哲学書の入門書としてもおすすめです。読み終わったあと「なんだ、単純なことだったのか」と納得してしまう1冊です。


『人間は、自分の意志で考えて行動しているように見えて、実は、周囲の環境や役割や立場によって、無意識にその考えや行動が決定づけられている』という構造主義の考えた方は、これから人生の決断を迫られている高校生に、新たな気付きを与えてくれるかも知れません。

余計な一言
余計な一言
余計な一言 余計な一言
新潮新書

余計な一言

価格: ¥814 (税込)

人間関係を円滑にしてくれる1冊

うっかり言ってしまった余計な一言、誰もが経験あると思います。曖昧な物言い、辛らつなコメント、過剰な自分下げ発言…著者は人間関係を悪化させるのは「余計な一言」だと本書で述べています。実例を元に、余計な一言の解説をしていきます。


読めば自然と「言ってはいけない余計な物言い」を学び、コミュニケーション能力がアップします。人間関係に悩む高校生におすすめです。

クラゲ 世にも美しい浮遊生活
クラゲ 世にも美しい浮遊生活
クラゲ 世にも美しい浮遊生活 クラゲ 世にも美しい浮遊生活
PHP新書

クラゲ 世にも美しい浮遊生活

価格: ¥440 (税込)

クラゲの魅力が詰まった1冊

新書にしては珍しく、カラー写真が豊富な1冊です。本文も会話中心で書かれているため、読書に慣れていない高校生でも楽に読み進めることが出来ます。ぱらぱらとめくっているだけでも楽しめます。

 

集客のためにクラゲの繁殖と研究を続けた山形県鶴岡市の加茂水族館。クラゲを繁殖したくても資金が足りず、なんとか知恵と工夫て乗り越えている最中に、下村脩博士がクラゲでノーベル賞を受賞。水族館は一躍注目の的になりました。本書は水族館長と下村博士がクラゲについて語り合います。

地図に訊け!
地図に訊け!
地図に訊け! 地図に訊け!
筑摩書房

地図に訊け!

価格: ¥351 (税込)

地理について詳しくなれる本

地形表現や地図編集の苦労した話などを収録した、地図についての1冊です。地理の勉強で頻繁に使用する地図が、どのような工程で出来上がっているかを詳しく書いてあります。地図記号の意味やその理由についても解説されているので、この1冊を読めば地理に強くなれるでしょう。

 

他にも、地図についての豆知識や面白知識などを多数収録。方向音痴になる理由なども書かれており、読み応えがあります。

人は見た目が9割
人は見た目が9割
人は見た目が9割 人は見た目が9割
新潮新書

人は見た目が9割

価格: ¥792 (税込)

非言語コミュニケーションの重要性を教えてくれる

衝撃的なタイトルで、発売当初に話題になりました。しかしタイトルとなっている「見た目」は、自分自身の顔や体形のことではありません。話を聞くときの仕草や表情、服装、距離、表現方法のことを指しています。こういった非言語コミュニケーションによって、他人は自分の印象を決めている、というのが本書の内容です。


人間関係やコミュニケーションで悩んでいる高校生におすすめします。本書を読んでおけば、この先の人生でも人間関係がより円滑に進むかも知れません。

英語は動詞で生きている!
英語は動詞で生きている!
英語は動詞で生きている! 英語は動詞で生きている!
集英社

英語は動詞で生きている!

価格: ¥546 (税込)

英語が苦手な高校生におすすめ

英語が苦手な高校生におすすめの1冊です。本書によれば「動詞」が英語全体を支配しているとのこと。その動詞を文法の側面や、動詞を覚えるトレーニング方法、パズルなどで徹底的に解説してくれています。

 

ただ英語を暗記するより、理論を理解することによって、スムーズに英語を取得できるようになるでしょう。英語が苦手な人でも楽しく読めるように書かれています。

ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法
ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法
ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法 ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法
SB新書

ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法

価格: ¥946 (税込)

新しい価値観と願いの実現方法

元ライブドアの経営者、堀江貴文著の1冊です。著者は何冊も本を執筆していますが、その内容はいつも新しい時代を見据え、新しい価値観を提案してくものです。本書もそんな1冊になっています。


価値観というのは環境や付き合う人に影響されるものです。この本を読めば、自分が社会に対してどういう価値観をもっているのか、それは正しい価値観なのか、確認する良い機会になるでしょう。

文系のための数学教室
文系のための数学教室
文系のための数学教室 文系のための数学教室
講談社

文系のための数学教室

価格: ¥814 (税込)

数学の楽しさを教えてくれる本

高校生にもなると、自分が理系か文系かはっきりしてきます。文系の人は、総じて数学が得意じゃない人が多いかと思われます。本書はそんな「文系」の人に向けた数学本です。と言っても数式を細かく解説していくものではなく、「数学ってこんなに楽しいんだよ」と言う著者の想いを伝える内容になっています。

 

「数学ってなんの役にやつの」と言う誰もが一度は思ったことのある疑問に答えてくれたりと、最後まで面白く読める1冊になっています。

アドラー心理学入門
アドラー心理学入門
アドラー心理学入門 アドラー心理学入門
ベストセラーズ

アドラー心理学入門

価格: ¥713 (税込)

アドラー心理学の入門書

アドラー心理学の入門書的な1冊です。心理学を用いて自己分析し、よりよい人間関係を目指す人におすすめです。入門書な分、内容を深く掘り下げたりはしませんが、これからアドラー心理学を学んでみたい高校生にぴったりです。


人の性格も行動も変えられる。アドラーはそう主張します。自分の性格が嫌いで、少しでも変えてみたいと願う高校生にも本書をおすすめします。

日本進化論 人口減少は史上稀なるチャンスだ!
日本進化論 人口減少は史上稀なるチャンスだ!
日本進化論 人口減少は史上稀なるチャンスだ! 日本進化論 人口減少は史上稀なるチャンスだ!
SB新書

日本進化論 人口減少は史上稀なるチャンスだ!

価格: ¥880 (税込)

日本が抱える問題について解説

平成の日本で起こったバブル崩壊や失われた20年、二流国への転落など、現代の日本で抱えていると思われている問題について、するどい切り口で解説している1冊です。現代の日本が抱えている問題の本質は何なのか、本書を読めば理解できるでしょう。


これから社会へ出ていく高校生へおすすめの1冊です。日本がどういった問題を抱え、どうやって解決していけばいいのか、本書を読んで考えてみるのも勉強の一環でしょう。

 

わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方
わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方
わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方 わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方
集英社

わかりやすさの罠 池上流「知る力」の鍛え方

価格: ¥880 (税込)

インターネットやSNS上の情報は「わかりやすさ」が重視されています。だけどその「わかりやすさ至上主義」は本当に良いことなのでしょうか。本書はわかりやすさと情報の正しさ、エセ情報に惑わされないようにするためにどうしたらいいのかを解説しています。

 

SNS上で情報を掴むのが当たり前の高校生に、おすすめしたい1冊です。その情報がフェイクではないのか、正しい情報はどうやって入手すればよいのか、情報処理術を学べます。

読書する人だけがたどり着ける場所
読書する人だけがたどり着ける場所
読書する人だけがたどり着ける場所 読書する人だけがたどり着ける場所
SB新書

読書する人だけがたどり着ける場所

価格: ¥880 (税込)

読書の意義について答えてくれる1冊

本を読むことの大切さを教えてくれる新書です。インターネットやSNS全盛期の今、日々情報に触れているのにどうして知識が深まらないのか、なぜ本を読まなければいけないのか。本書はそんな疑問に答えてくれます。


知識を持つほど世界が広がる。著者はそう主張します。「ネットでいいじゃん」と思っている高校生に、一度読んでみてほしい1冊です。

メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問
メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問
メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問 メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問
PHPビジネス新書

メタ思考トレーニング 発想力が飛躍的にアップする34問

価格: ¥957 (税込)

メタ思考が出来るようになる本

メタ思考とは、「物事を一つ上の視点から考える」ことです。メタ思考が重要であるとはよく語られていますが、自分自身を客観的に見るのは容易ではありません。実践出来ている人はそう多くないでしょう。本書はそんなメタ思考を実施するためのトレーニング方法が記載されています。


「タクシーと土産物屋の共通点は?」などの演習問題が出題され、解いていくうちに思考回路が変わり、発想力が飛躍的にアップする仕組みになっています。

日本語練習帳
日本語練習帳
日本語練習帳 日本語練習帳
岩波新書

日本語練習帳

価格: ¥858 (税込)

正しい日本語を使いたい人へ

日本語を正しく使いこなせますかと聞かれたら、自信満々に「はい」と答えられるでしょうか。本書では、日本語学者である著者が日本語の基礎の基礎から解説してくれています。


学校では教えてくれない、正しい日本語のルールを学べば、これからの人生に大いに役に立ちます。高校生なら小論文や面接で役に立つ1冊です。

死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」
死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」
死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」 死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」
講談社

死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」

価格: ¥1,100 (税込)

極限生物から学ぶ「生命」について

タイトルに惹かれる新書です。生命とは何かを真剣に考える1冊になっています。極限生物と言われる、超高温や極寒でも生きながらえる生物たち。彼らの驚異的な能力、どうしてこなったかわからない進化。本書は生命の謎や面白さについても言及しています。


「生命ってなんだろう」と一度でも考えたことがある高校生に、おすすめした1冊です。宇宙にとって生物とは何なのか、著者がその疑問に結論を出します。

入門犯罪心理学
入門犯罪心理学
入門犯罪心理学 入門犯罪心理学
ちくま新書

入門犯罪心理学

価格: ¥902 (税込)

犯罪心理学の基礎を学べる本

「犯罪心理学」の入門書です。犯罪心理学とはどういったものか、その守備範囲はどこまでなのかを初心者にもわかりやすく解説してくれています。過去に起こった事件を例にあげ、報道に惑わされず事実に基づいて犯罪心理学の観点から詳しく書かれています。

 

著者の犯罪心理学への真撃な態度が伝わってくる1冊です。心理学に興味がある、そちらの分野へ進みたいと思っている高校生におすすめです。

超ひも理論とはなにか
超ひも理論とはなにか
超ひも理論とはなにか 超ひも理論とはなにか
講談社

超ひも理論とはなにか

価格: ¥1,100 (税込)

難解な理論をわかりやすく解説

究極的な理論である「超ひも理論」。一度は耳にしたことがある言葉ですが、どういった意味か分かっていない人も多いはず。超ひも理論とは、強い力、弱い力、電磁力や重力などを統一出来る唯一の理論と言われているものです。そんな難解な超ひも理論について、初心者にもわかりやすく解説されています。


SFや物理が好きな高校生におすすめです。ですが本書は数式を使用していないので、文系の人でも読みやすく書かれています。

自由とは何か
自由とは何か
自由とは何か 自由とは何か
講談社

自由とは何か

価格: ¥924 (税込)

自由とは何かを考える哲学書

「自分の人生、自由に生きる」。そういった風潮の強い現代社会。でもその「自由」とは何だろう?身勝手なことをすることも自由、理不尽極まりないことをするのも自由。でも、その自由は何かが違う。人生とは自由なはずなのに、どうして規制や道徳が必要なのか。本書は自由について多角的に解説しています。


これからの人生、自由に生きたい。そう言う思いが少しでもある高校生にぜひおすすめしたい1冊です。

零の発見 数学の生い立ち
零の発見 数学の生い立ち
零の発見 数学の生い立ち 零の発見 数学の生い立ち
岩波書店

零の発見 数学の生い立ち

価格: ¥391 (税込)

数学の起源を知れる1冊

「零」と言う数学にはかかせない発見をしたのは、インドでした。この本はその零を発見した経緯や、数学がいかにして数学として発展したか、計算方法はどのように進化して行ったかを解説する数学的歴史書です。


数学が好き・歴史が好き、どちらの高校生でも楽しめます。1冊読み終える頃には、数学への興味と知識がより深くなっていることでしょう。

ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学
ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学
ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学 ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学
中公新書

ゾウの時間ネズミの時間 サイズの生物学

価格: ¥748 (税込)

アロトメリーについてわかりやすく解説

アロメトリーと言う学問を元にして書かれた新書です。アロメトリーとは、体の大きさが違っても、その体格が似ていれば、体重は身長の3乗、表面積は身長の2乗に比例するという理論です。この本ではゾウとネズミを比較し、その一生に使う総エネルギー量や心臓の鼓動数などについて解説しています。


生物に関する新たな発見が出来る1冊です。生物学が苦手な高校生でも、楽しく読み進められるように書かれています。

まとめ

高校生におすすめの新書20選をご紹介しました。新書は毎月新刊が発行されています。どれも読みやすいように書かれているので、自分があまり興味の無いジャンルでも、一度読んでみてはいかがでしょうか。読み終わったと、新しい視野を持った自分になっているかも知れませんね。

参考リンク

written by