【好奇心を知識に】小学生におすすめの人気百科事典10選

子供の疑問に上手く答えられているでしょうか。イラストや写真付きで説明が載っている百科事典は小学生でも分かりやすく、理解を深めるのに適している上に、知的好奇心を育てるのにも役立ちます。今回は小学生におすすめの百科事典の選び方と厳選10選をご紹介していきます。
公開日:2020.06.24 更新日:2020.06.24

小学生の知的好奇心を育てよう

小学生くらいの年齢の子供に、なぜ、どうして、と何度も問われる親は多いでしょう。子供の好奇心を満足させつつ知識を広げさせていくのは、教育の方法として効果的です。百科事典は疑問に答えるだけではなく、更なる興味を持たせるのに役立ちます。

 

親が常に近くにいる事が難しい家庭でも、百科事典を置いておけば子供は自分の疑問を解決しやすく、知識を深めていくでしょう。説明の難しい仕組みなども、イラストや写真と一緒に解説してあるので、子供にも理解しやすく興味を持ちやすいのです。

 

小学生向けと言っても大人も楽しめるものばかりなので、子供と一緒に読むのもおすすめです。種類が多くて迷ってしまう方のためにも、この記事では小学生に合う百科事典の選び方を解説して、最後に厳選したおすすめ10選をご紹介していきます。

小学生におすすめの百科事典の選び方

小学生におすすめの百科事典の選び方として重要となる、ジャンル・内容の方向性・価格を項目別に解説していきます。

ジャンルで選ぶ

百科事典は様々な物事を網羅的に載せているタイプと、ある程度ジャンルを絞って解説しているタイプがあります。子供の興味があるジャンルについて、詳しく説明してある種類を買えば、興味も惹きやすいでしょう。

 

ただし総合的な百科事典も、1冊は用意しておくことをおすすめします。眺めている内に新しい物事に興味を持つ可能性も高いからです。意外なものに熱中して知識を深めていく子供も多いので、環境は整えておきましょう。

写真・イラストの多さで選ぶ

百科事典は写真やイラストと同時に文章で解説を載せ、分かりやすく説明してあります。実物を見た方が理解も深まるので、なるべく多くの写真やイラストが載っている百科事典を選びましょう。

価格で選ぶ

百科事典の値段は、安いもので2,000円程、高いものだと10,000円を超えます。いきなり高価格の商品を買い、子供が興味を持たず置物となってしまうのを避けるために、手頃な値段のものから購入してみるのがおすすめです。

 

本屋や図書館など直接見れる場所に一緒に行き、欲しがる商品を購入するのもいいでしょう。子供が百科事典を読む楽しさを知ってから、シリーズものや高価なタイプを購入した方が無駄になりにくいです。

小学生に人気おすすめ百科事典10選

ここからは小学生に人気のおすすめ百科事典10選をご紹介していきます。厳選した10選ですので、この中から選んで購入するのもありです。

小学生なら知っておきたい教養366
小学生なら知っておきたい教養366
齋藤孝

小学生なら知っておきたい教養366

価格: ¥1,980 (税込)
4.65

親子で楽しめるクイズが満載

世界・歴史・言葉・文化・文学・芸術・自然と科学の7つのジャンルから構成されていて、1つのテーマを1週間で読み切れるように紹介している百科事典です。毎日2分で生涯に渡り使える知識を育めるとして、小学生の子供を持つ保護者から人気があります。

 

漢字にはルビが振ってあり、小学校低学年でも読みやすく、イラストと文章のバランスも良いと高評価を受けています。親子で楽しめるクイズが満載なので、家族で読むのもおすすめな1冊です。

地図でよくわかる都道府県大百科
地図でよくわかる都道府県大百科
るるぶ

地図でよくわかる都道府県大百科

価格: ¥1,430 (税込)
4.62

行ってみたい欲を刺激する百科事典

元はガイドブックとして販売されていた「るるぶ」を、小学生向けの都道府県大百科として作り直した百科事典です。ガイドブックならではの祭りや温泉、名産品などの紹介から、産業、工業などの説明も盛り込まれています。

 

土地の見所やご当地グルメの写真、イラストも多数掲載されていて、旅行の予定を立てるガイドブックとしての使用も可能です。小学校の授業で習う知識も学習できるので、普通の教科書では地理の勉強に身が入らない場合に試してみるのも良いでしょう。

きかいのしくみ図鑑(めくって学べる)
きかいのしくみ図鑑(めくって学べる)
小峯龍男

きかいのしくみ図鑑(めくって学べる)

価格: ¥2,178 (税込)
4.61

仕掛けイラストが興味を惹く百科事典

家のなか・まちのなか・のりものの3ジャンルに分けて機械について紹介している百科事典です。ページ数は少ないですが、ドアの鍵や風呂、冷蔵庫など身近にあるものの解説なので興味を惹きやすく、仕組みを詳しく知ることができます。

 

外側から見たイラストに加え、めくると中の仕組みが分かるようになっていて、遊び心を刺激する作りが特徴的です。大人でも説明が難しい機械の仕組みを分かりやすく解説してくれます。

小学館の図鑑NEO昆虫
小学館の図鑑NEO昆虫
小学館

小学館の図鑑NEO昆虫

価格: ¥2,200 (税込)
4.64

ドラえもんがナビゲートするDVD付き

小学館の図鑑NEOシリーズというシリーズの1つで、その中でも1番人気の昆虫を紹介・解説した1冊です。80分のDVDが付属していて、ドラえもんとのび太がナビゲーターを担当しています。

 

動きのある映像を一緒に見ることで理解を深めやすい上に、人気キャラクターのナビゲートが飽きさせない作りです。大きさが把握しやすい拡大率なども写真で載っていて、感覚的にも分かりやすく解説されています。

魚新訂版
魚新訂版
講談社

魚新訂版

価格: ¥2,200 (税込)
4.58

貴重な映像を使用したDVD付き

迫力のある生き生きとした写真を掲載しているMOVEシリーズの1つで、60分のDVDも付属しています。NHKのスペシャル映像を使用したDVDで、生で見ることは非常に難しい貴重なシーンが盛り沢山です。

 

魚類学者でありイラストレーターもこなすさかなクンが制作に協力していて、魚に関するコラムや分かりやすいイラストを掲載しています。大まかなジャンルとして、海で暮らす魚と河川や湖沼で暮らす魚の2種類に分かれていて、魚が好きな小学生におすすめの1冊です。

地球博物学大図鑑
地球博物学大図鑑
スミソニアン協会

地球博物学大図鑑

価格: ¥10,450 (税込)
4.66

6,000近いフルカラー写真を掲載

生命に存在する多種多様の生命を掲載している百科事典です。動物や植物のような馴染みのあるジャンルから、菌類・微生物・岩石・鉱物・化石なども網羅しています。5154種類を6,000以上のフルカラー写真で紹介・解説していて、読み応えのある1冊です。

 

なぜ生物がそのような多様性を持ったのかを理解するのに重要な、進化論や分類学についても分かりやすく説明してあり、生物同士の類縁関係なども知ることができます。他にはない生物の写真が多数掲載されているので、生物の学習用におすすめの百科事典です。

楽しく遊ぶ学ぶふしぎの図鑑
楽しく遊ぶ学ぶふしぎの図鑑
小学館

楽しく遊ぶ学ぶふしぎの図鑑

価格: ¥3,080 (税込)
4.41

実際に小学生から聞いた疑問を掲載

子供の素朴な疑問に答える1冊で、実際の小学生からリサーチをして作られています。低学年から高学年までリサーチをしているので、幅広い学年での使用が可能です。小学校受験に出やすい謎にチェックマークが付いていることから、入学前の子供を持つ保護者にも人気があります。

 

空はなぜ青いのかなどの子供が疑問に持ちやすい物事を、分かりやすく解説してくれるので親からも助かるという声が上がっています。子供が日常の生活で質問してくることが多い場合におすすめの1冊です。

キッズペディアこども大百科もっと大図解
キッズペディアこども大百科もっと大図解
小学館

キッズペディアこども大百科もっと大図解

価格: ¥3,960 (税込)

最新のテクノロジーについて載っている百科事典

見開き1テーマの構成で、ドローンや人工知能、アンドロイドなど最新のテクノロジーに関する情報を多く記載してあります。他にも世界遺産などの話題のトピック、防犯カメラや折れないシャープペンと言った身の回りの技術についても載っている1冊です。

 

イラスト図解やカラー写真が大きいので見やすく、仕組みを理解しやすいと評判です。テーマー数とページ数も標準的で、小学生用のプレゼントとしても人気があります。

なんでもいっぱい大図鑑ピクチャーペディア
なんでもいっぱい大図鑑ピクチャーペディア
河出書房新社

なんでもいっぱい大図鑑ピクチャーペディア

価格: ¥5,060 (税込)

世界9か国で販売されている百科事典

動物・乗り物・文化・歴史・宇宙など様々なジャンルからなる百科事典です。10,000点以上のカラー写真やイラストで、広いジャンルを網羅しています。説明の字が小さめですが、写真とイラストが多いので小学校低学年の子供も興味を持ちやすいです。

 

9か国で販売されていて、世界的に人気があります。1ページに何枚も写真やイラストが載っているタイプで、解説量は少なめです。この1冊で物事に興味を持ち、別の本で知識を深める方法をおすすめします。

総合百科事典ポプラディア新訂版
総合百科事典ポプラディア新訂版
ポプラ社

総合百科事典ポプラディア新訂版

価格: ¥107,800 (税込)

全12巻の百科事典

全12巻で合計ジャンル数は約24,500、ページ数は約3,500の総合的な百科事典です。物の調べ方や調べる楽しさの学習は、インターネットの検索では味わいにくく、知的好奇心を満たすだけではなく育てる用としても人気です。

 

日常的に使う言葉も網羅してあるので、子供が何気なく疑問に思ったことも解決できます。知りたかった情報以外が目に入り、新しい興味を持つ可能性も高いです。子供からの質問に対して、親が百科事典を取り出して一緒に調べるなどの使い方もおすすめです。

まとめ

ここまで小学生向けの百科事典の選び方の説明と、人気おすすめ10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。百科事典には、調べる楽しさを覚えたり興味の幅を広げる可能性もあります。この記事を参考に、子供が興味を持つ百科事典を家に揃えてみてはいかがでしょうか。

参考リンク

written by