【5つのポイント】中学生に人気のタブレットのおすすめ10選

タブレット学習が浸透するにつれて中学生の間でも人気が出ている「タブレット」。しかし、その商品数の多さからどの商品が自分に最適かわからない方もいらっしゃるしょう。そこで、タブレット購入時に抑えたい5つのポイントで中学生におすすめのタブレットを紹介していきます。
公開日:2020.06.24 更新日:2020.06.24

中学生向けのタブレットとは

自宅学習やサブスクリプションサービスの流行によって、中学生にもタブレットが浸透しつつあります。この流れを受けて、中学生向けタブレットへの需要が日に日に増加しています。

 

そこで、今回は中学生向けのタブレットを購入する前に抑えておきたい5つの基準。そしてその5つの基準を参考に選び抜かれたタブレットのおすすめ10選を紹介していきます。こちらを参考に是非、最適なタブレットを購入していきましょう。

中学生におすすめのタブレットの選び方

中学生向けのタブレットを購入する上で抑えておきたいポイントは以下の5つです。1つ目が、価格の相場です。2つ目が、操作性にも大きく影響する画面の解像度の高さです。3つ目が画面サイズの大きさです。

 

4つ目が、ストレージの容量です。そして最後の5つ目が、防水機能の有無です。この5つのポイントについて以下で解説していきます。

中学生向けタブレットの相場で選ぶ

中学生向けにタブレットを購入される方の大半は、1万5千円前後。もしくは、少し値が張るタイプを購入する場合は、2万円前後を目途に購入されます。ブランド製品を購入するとなれば、3万円を超えてくる商品もあるので、一概には言えませんが、プレゼントされる方はまず、2万円を目途に選んでみましょう。

液晶の解像度で選ぶ

液晶の解像度は、動画閲覧をタブレットで行う予定の方が購入前に確認してもらいたい項目の1つです。この解像度は画面の鮮明度を表す1つの指標です。この数値が高ければ高いほどに画面表示はクリアになります。

 

つまり、解像度が高くなればなるほど動画のより細かい部分に至るまで確認することが可能になるということです。購入する際の1つの指標として抑えておきましょう。

画面サイズで選ぶ

おすすめのタブレットサイズは、主に2つあります。1つが、持ち運びも楽々できてしまう「7〜9」インチ。長時間の使用や動画閲覧に最適の「10~」インチ。この2つの大きさがタブレットにもたらす違いを以下で紹介します。

7〜9インチを選ぶ

7〜9のサイズは、コンパクトなサイズの部類に当てはまります。外出した際にできたちょっとした空き時間にインターネット検索や漫画鑑賞、読書等に気軽に没頭することができるのでおすすめです。

 

しかし、YouTubeの長時間閲覧や作文などの課題を行う際には少し小さすぎると感じられるかもしれません。よって、持ち運び可能なコンパクトタイプを欲している方は7〜9くらいのサイズをおすすめします。

10〜を選ぶ

10〜のサイズは大きめのサイズの部類に当てはまります。長時間使用したい方や、動画閲覧用として使用したい方におすすめです。

ストレージの容量で選ぶ

タブレットで扱うデータを保存する領域が「ストレージ」です。このストレージは機種やメーカーごとに異なります。基本的な用途で使用する場合は、32GB以上のストレージであれば十分対応可能です。

 

しかし、動画や音楽、ゲームアプリをはじめエンタメを主に楽しまれる場合は32GBでは物足りないと感じられるでしょう。その場合は64GB 以上のモデルの購入を推奨します。もちろんストレージはこの2つのカテゴリー以外にも多数用意されています。

 

しかし、ストレージ容量が大きくなればなるほど上記で紹介したタブレットの相場では収まらない価格となってしまいます。そのため、コストパフォーマンスを重視したい方は後付けでストレージを拡大することができるSDカードの購入を検討してみてください。

防水機能の有無で選ぶ

タブレットの防水性能は、「IPX」という防水規格で表されます。こちらの防水規格は0から8までの8つの数値の指標で表されます。基本的に数値が上がる度に、防水性能が上昇していきます。

 

IPX3~4は、一般的な防水性能です。少し濡れてしまうくらいであれば問題ありません。IPX5にもなると完全防水といわれています。この段階までくれば、余程濡れすぎてしまうことがなければ、対応することが可能です。

 

そして、IPX7~にもなればシャワーで濡らし続けても問題ないくらいのレベルで防水対応します。半身浴などをしながら長時間、お風呂学習などをする場合はIPX7以上の商品を購入してださい。

中学生におすすめのタブレット10選

ここからは、上記で紹介したタブレットの選び方を基に選出したおすすめのタブレット10選を紹介してきます。

ZenPad S 8.0
ZenPad S 8.0
ASUS

ZenPad S 8.0

価格: ¥12,438 (税込)

電子書籍が読みやすい8インチ

こちらのタブレットは、他の8インチタブレットより電子書籍を楽しみやすいタブレットになっています。タブレットのアスペクトの比が、4:3となっているため電子書籍の表示と相性が良くなっているからです。

S30
S30
Vankyo

S30

価格: ¥26,772 (税込)

長時間使用の疲労も軽減

こちらのタブレットの目玉機能は「Eye Health」という機能です。バックライトを自動的に調整してくれる機能で、長時間使用で目の疲労を起こさない様に光量を調整してくれます。タブレットの仕様にまだなれていない中学生にもやさしいタブレットです。

LAVIE Tab E TE410/JAW PC-TE410JAW
LAVIE Tab E TE410/JAW PC-TE410JAW
カデンショップ

LAVIE Tab E TE410/JAW PC-TE410JAW

価格: ¥27,780 (税込)

マルチタスク機能を搭載

こちらのタブレットはマルチタスクが可能なタイプです。2つの画面を同時に開きながら作業することが可能です。また、キッズフィルターも搭載されており、中学生向けの商品としても人気を集めています。

AGS2-W09
AGS2-W09
ファーウェイ

AGS2-W09

価格: ¥17,836 (税込)

穴がないオールラウンダータイプのタブレット

AGS2-W09は、2万円代を切るタブレットですが、機能の充実度は驚異的です。高解像度のディスプレイ「WUXGA」は非常に鮮明で、動画閲覧だけでなく映画の閲覧にも最適。さらに、搭載されるデュアルスピーカーの性能も高く、臨場感あるオーディオを実現しています。

iplay10pro
iplay10pro
ALLDOCUBE

iplay10pro

価格: ¥18,980 (税込)

機能性の向上と軽量化に成功

2019年に販売された前作モデルから、機能性並びに軽量化に成功しています。まず、機能性の部分ではストレージが格段に増加しました。外付けのマイクロSDに対応可になったことで128GBまで保存することが可能です。

MediaPad M5 lite 8
MediaPad M5 lite 8
ファーウェイ

MediaPad M5 lite 8

価格: ¥23,167 (税込)

映像と音声のどちらも楽しみたい方に

MediaPad M5 lite 8は、映像と音声どちらのクオリティも高い商品です。高解像度のWUXGAの高解像度ディスプレイを気軽に楽しむことができます。さらに、音声に関しては音の調整に定評があるHarman Kardonが担当しています。歪みの少ないオーディオが快適な映像視聴を実現します。

H8 Proタブレット
H8 Proタブレット
スリーセブン

H8 Proタブレット

価格: ¥16,800 (税込)

臨場感を引き出す撮影をアシスト

格安タブレットの多くが中国製で、日本語の説明書がなく使用しづらいとの評判があります。しかし、こちらの中国製タブレットは、日本語版説明書も付属しているので、扱いやすくなっています。カメラはデュアルカメラになっていて、臨場感あるリアルな写真を撮影することが可能です。

iPlay8 Proタブレット
iPlay8 Proタブレット
TSZショップ楽天市場店

iPlay8 Proタブレット

価格: ¥13,241 (税込)

超軽量タブレット

平均的なタブレットの重量は約400gから1300gの間です。しかし、こちらのタブレットは約350gと非常に軽量になっています。タブレットを使って外で作業するケースが多い方におすすめです。

Tab E10
Tab E10
Lenovo

Tab E10

価格: ¥20,230 (税込)

どこから見てもきれいなディスプレイ

こちらのタブレットは、斜めからみても横から見ても液晶の輝度の変化が少なくなっています。そのため、複数人の視聴でも快適に行うことが可能です。さらに、キッズモードが搭載されており、アプリの使用時間等を制限することも可能なので中学生向けにもおすすめです。

MW-WPC01
MW-WPC01
サイエルインターナショナル

MW-WPC01

価格: ¥21,980 (税込)

PCと同じ様に使用可能

こちらのタブレットは2in1でパソコンと同じような使い方が可能です。キーボードでの作業になれている方に非常におすすめです。本体とキーボードの2つ合わせて持ち運ぶ際もそれほど重量を感じさせません。故に外での作業にもおすすめです。

まとめ

今回は、数あるタブレットの中でも「中学生向け」に絞っておすすめ商品を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。中学生くらいの年齢だと、初めてタブレットを購入される方も多く、どの商品が自分に最適であるか判断することが難しいかもしれません。そんな方々は是非、上記で紹介した選び方を参考にして、自分に最適なタブレットを見つけましょう。

参考サイト

written by