【おしゃれで使いやすい】大学生に人気のおすすめ一眼レフ10選

大学生になったら欲しいアイテムの代表格として人気の一眼レフですが、どれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね。一眼レフは知っているけど、どんなカメラなのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はそんな一眼レフ選びのポイントをご紹介します。
公開日:2020.08.31 更新日:2020.08.31

大学生活に彩りを与える一眼レフ

スマートフォンのカメラでも高画質な写真が撮れる時代になりましたが、一眼レフカメラで撮る写真は格別の味わいがあります。レンズ越しに見渡す世界は、いつもの景色とは違う彩りを与えてくれますよね。

 

大学生一眼レフを始めるのにおすすめの時期です。キャンパスライフやサークルなどのたくさんの思い出を記録するのに、一眼レフは大活躍します。大学生ならではの長い休みを利用して、一眼レフを片手に綺麗な景色を求めて旅に出るのもおすすめです。

 

カメラは趣味として一生続けていくことができます。時間に余裕のある大学時代に、一眼レフを始めてみるのはいかがでしょうか?今回はお気に入りの一台に出会える一眼レフの選び方と、大学生に人気のおすすめ商品をご紹介していきます。

 

 

一眼レフで高画質の写真を楽しむ

一眼レフとは、本体の中に鏡が入っているカメラのことです。レンズを通して入ってきた光を鏡で反射させて、ファインダーに映し出します。反射の英語訳であるレフレックスを略して一眼レフと呼ばれています。

 

一眼レフは、撮影レンズを通した映像を生の状態で見ることができます。液晶画面や別のレンズを通さないので、ファインダーで見ている映像がそのまま写真になります。このようなアナログの味わいは一眼レフならではの魅力です。

 

 

大学生におすすめの一眼レフの選び方

それでは、具体的な一眼レフの選び方をみていきましょう。機能性や使いやすさ、価格、デザイン性など幅広い角度から、お気に入りの一眼レフに出会える選び方をご紹介していきます。

機能性で選ぶ

最近の一眼レフは機能性に優れたモデルがたくさん登場しています。ご自身の撮影に必要な機能は何なのかをきちんと見極めて、お気に入りの一眼レフを見つけましょう。

初めての一眼レフならAPS-Cセンサー搭載モデル

デジタルの一眼レフには「フルサイズセンサー」「APS-Cセンサー」が搭載されているのが一般的です。センサーのサイズが大きいほど光を多く取り込むことができるため、高画質になります。

 

フルサイズセンサーの方がAPS-Cセンサーよりも高性能ですが、値段が高価である程度経験のある方に向けて作られています。APS-Cセンサーでも十分に綺麗な写真を撮ることができるので、大学生で初めて一眼レフに挑戦する方APS-Cセンサー搭載のものを選びましょう。

暗い場所での撮影はISO感度に注目

夜景の撮影など暗い場所での使用を主に考えている方は、高性能の一眼レフを選ぶのがおすすめです。暗い場所で撮影するときは、取り込んだ光をカメラの内側で電子的に増幅させる必要があります。

 

カメラ内で光を増幅させる機能ISO感度と呼びます。ISO感度が高いほど、暗い場所でも高画質な写真を撮ることができます。暗い場所での高感度撮影を求める方は、フルサイズセンサーが搭載された一眼レフを選ぶのがおすすめです。

楽しみが広がるスマホ連動機能

一眼レフと聞くと、撮影したデータを写真屋さんにもっていて現像する、というイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか?最近では、一眼レフをスマホと連動させて簡単に写真を転送することが可能です。

 

スマホの使用機会が多い大学生の方には、ぜひおすすめしたい機能です。一眼レフとスマホをWifiに接続し、専用アプリを利用して操作するのが一般的です。購入する際には、一眼レフがスマホに連動している機種かどうかを必ずチェックしましょう。

一眼レフ初心者でも安心のオートフォーカス機能

スマホのカメラでもお馴染みのオートフォーカス機能は、一眼レフにも欠かせない機能になっています。オートフォーカスにはいくつかの種類があり、機種によって搭載されている機能が異なります。

 

おまかせのオートフォーカス機能や、シーンごとに適したオートフォーカス機能などもあります。大学生になって初めての一眼レフデビューを考えている方は、たくさんの種類のオートフォーカス機能が搭載されている機種を選ぶと安心です。

液晶画面で操作性抜群

光学ファインダーを覗いて構図を確認しながら撮影するのが一眼レフの醍醐味ですが、デジタル一眼レフには液晶画面が搭載されています。一眼レフの液晶画面には、ファインダーに映らない広範囲を撮影できるメリットがあります。

 

液晶画面には「バリアングル液晶」と「チルト液晶」の2種類が存在します。バリアングル液晶は、モニターの角度の自由度が高い設計になっています。様々なアングルでの撮影を楽しみたい方にはバリアングル液晶がおすすめです。

一眼レフの醍醐味「光学ファインダー」

液晶画面に映し出された映像を見ながら写真を撮るのは便利ですが、光学ファインダーを覗いたときに広がる世界を切り取ることが一眼レフの醍醐味です。液晶画面に映し出された映像は厳密に言えば加工されていますが、光学ファインダー越しの映像は生の状態です。

 

どの機種を選んでも、光学ファインダー自体の性能に大きな差はありません。光学ファインダーを覗いたときの質感や見え方が、一番ご自身の感性にフィットするものを選びましょう。

写真の質感はレンズで決まる

一眼レフの大きな魅力の一つは、レンズが交換できることです。「ズームレンズ」「単焦点レンズ」「高倍率ズームレンズ」「広角レンズ」「標準レンズ」「望遠レンズ」など多種多様です。

 

一眼レフとレンズの組み合わせに正解や決まりはありませんが、同じメーカーのものは相性が良い場合もありますので、一眼レフを購入する前に、メーカーごとの交換レンズの種類なども確認しておきましょう。

使いやすさで選ぶ

大学生になって初めて一眼レフを購入される方は、機能性だけではなく使いやすさもポイントです。使いやすい一眼レフを選ぶことが、長くカメラを続けていくためのコツです。

持ち運びがラクにできる軽さが大切

一眼レフはカメラ本体の中にミラーが搭載されているので、ミラーレスカメラに比べて大きく重量感があります。あまり重すぎるものを選んでしまうと、カメラを持って出かけようという気持ちがだんだんと薄れていってしまいます。

 

特に大学生の方は旅行やサークル活動など、写真撮影のみの目的ではなく一眼レフを持ち運ぶ機会も多いと思います。バッグに他の荷物と一緒に入れたときに肩が疲れない重さ、目安としては本体のみで500gを超えるか超えないかを基準に考えましょう。

一眼レフを手にしたときのフィット感がポイント

一眼レフは生き物のようで、いくら機能性に優れていても、自分の感覚に合わないものはすぐに使わなくなってしまいます。一眼レフ本体を手にしたときのフィット感シャッターを押したときの感触、それらの感覚がご自身に合うものを選びましょう。

 

大学生の方は他の荷物と一緒に持ち運ぶ機会も多いと思いますので、あまり大きすぎずにコンパクトなものがおすすめです。最近ではコンパクトなものもたくさん登場していますので、サイズ感にも注目してみましょう。

価格で選ぶ

一眼レフは数万円から数十万円するものまで様々です。大学生の方には、できるだけ安く性能の良いものを選ぶのがおすすめです。

一眼レフデビューしたい大学生におすすめのエントリーモデル

一眼レフは最低でも5万円以上はするものがほとんどです。値段と性能がきちんとマッチしているかをしっかりと確認しましょう。初心者の方は値段が比較的安く、コンパクトで性能がまとまったものを選びましょう。

末永く愛用される方は高価な一眼レフもおすすめ

大学を卒業した後も末永く写真を撮り続けていこうと考えている方は、エントリーモデルよりも高価な一眼レフを購入するのもおすすめです。高価な一眼レフはそれに見合った高画質写真が撮れるので、写真の魅力を広げてくれます。

 

7万円台くらいからの中級者モデルや、10万円を超すモデルもあります。また、一眼レフ本体はエントリーモデルを使用して、交換レンズを少し高価なものにしてみるという方法もあります。

デザイン性で選ぶ

初めての一眼レフでどんなものを買っていいか分からないという方は、デザインから入ってみるのもおすすめです。お気に入りのデザインは、大切に使い続けようという気持ちを膨らませてくれるので、技術の上達にも繋がります。

シンプルなオーソドックスデザイン

カメラと言えばコレというような、シンプルでオーソドックスなデザインです。高級感に溢れ艶のあるブラックカラー。このデザインに憧れて一眼レフを始めるという方も多いのではないでしょうか?

 

一番多く流通しているデザインですので、どれを買ったらいいか迷ってしまった方は、オーソドックスなデザインを選んでみましょう。

おしゃれデザインで自分だけの一眼レフを楽しむ

個性的なカラーやデザインの一眼レフも登場しています。おしゃれなデザインの一眼レフはファッションアイテムの一つにもなります。おしゃれを楽しみたい大学生の方におすすめです。

 

カメラ用ストラップやバッグなども、個性豊かでおしゃれなデザインのものがたくさん登場しています。一眼レフ本体はもちろんですが、小物のデザインにも注目して組み合わせを考えてみましょう。

大学生におすすめの人気一眼レフ10選

ここからは、大学生におすすめの一眼レフをご紹介していきます。幅広いラインナップをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

EOS Kiss X10
EOS Kiss X10
キャノン

EOS Kiss X10

価格: ¥115,500 (税込)

軽くて持ち運びやすさ抜群

タッチパネル操作によって、一眼レフ初心者でも快適に使いこなすことができます。500g以下という軽さも魅力で、気軽に持ち運びたくなるコンパクトさです。ガイド機能もついているので、一眼レフについて相談できる人が周りにいなくても安心です。

PENTAX K-70
PENTAX K-70
PENTAX K-70 PENTAX K-70
ダイレクトハンズ 楽天市場店

PENTAX K-70

価格: ¥80,780 (税込)

ハードな撮影に最適な強靭ボディー

防塵、防滴加工が施されている頑丈な一眼レフです。山などの自然の中に写真を撮影しに行きたいと思っている方におすすめです。高いホールド性が魅力で、手袋をしていても手にしっかりとフィットします。

EOS Kiss X9
EOS Kiss X9
キャノン

EOS Kiss X9

価格: ¥52,980 (税込)

おしゃれに一眼レフを持ち運ぶ

おしゃれを楽しむ大学生にぴったりの一眼レフです。バリアングル液晶を搭載しながらも、小型・軽量設計になっています。値段も手頃な設定になっているので、一眼レフデビューを考えている大学生の方におすすめです。

D7500
D7500
ニコン

D7500

価格: ¥114,999 (税込)

カメラを末永く続けていきたい方に

高画質・連写機能・トータルバランスに優れたモデルです。中級者向けのモデルとされていますが、カメラをずっと続けていきたいと思っている方は、初心者の方でもおすすめです。オートフォーカスに優れており撮影がしやすいです。

PENTAX KP
PENTAX KP
リコー

PENTAX KP

価格: ¥128,700 (税込)

コストパフォーマンスに優れた本格モデル

登山やトレッキングなど、アウトドアでの写真撮影に最適なモデルです。アウトドア系のサークルに所属している大学生の方におすすめです。視野率約100%の光学ファインダーによって、臨場感のある撮影が可能です。

D3500
D3500
D3500 D3500
ニコン

D3500

価格: ¥51,000 (税込)

初めての一眼レフならコレ!

超軽量で高性能のニコンのおすすめモデルです。手の届きやすい価格で、本格的な一眼レフデビューができる一台です。シャッタースピード、液晶画面の品質、画素数など全てにおいてバランスの取れたモデルです。

EOS 9000D
EOS 9000D
キャノン

EOS 9000D

価格: ¥98,800 (税込)

上級モデルのような高級感

WifiとBluetooth対応により、一度のペアリングで常時スマホとの接続が可能です。撮影した写真をすぐにその場でスマホに転送することができます。高精度なファインダーによって、動く被写体もブレずに捉えることが可能です。

EOS Kiss X9i
EOS Kiss X9i
キャノン

EOS Kiss X9i

価格: ¥91,000 (税込)

美しい瞬間を捉える一台

レンズが2つセットになって10万円以内で収まる価格が魅力です。画面の広い範囲において一瞬でピントを合わせることができる、高精度のオートフォーカス機能を搭載しています。BluetoothとWifiに対応しています。

フィルム F6
フィルム F6
ニコン

フィルム F6

価格: ¥289,575 (税込)

貴重なフィルム一眼レフ

せっかくカメラを買うならフィルムカメラが欲しい、という方は大勢いらっしゃると思います。デジタルが主流となった現代において、貴重となったフィルムの一眼レフです。

D5600
D5600
ニコン

D5600

価格: ¥74,143 (税込)

手軽にスマホと連動

Wifi、Bluetooth,NFCが内蔵されており、簡単接続でスマホと連動させることができます。タッチパネルとバリアングル液晶で使いやすいモデルです。どこにでも手軽に持ち運びたくなる嬉しい超軽量タイプです。

まとめ

今回は大学生におすすめの一眼レフをご紹介してきましたが、今すぐにでも欲しくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?幅広い角度からバランスを考えて選ぶことが、お気に入りの一眼レフに出会うためのポイントです。ぜひ参考にしてみてください。

参考サイト

written by