フィーリング 0
お気に入り登録
2017年05月19日 14時54分
なんとかしないとヤバいというか、もうダメなんじゃないのかな。だって希望がひとつもないもん。
1446view | 2017.05.19 14:54
8 Comments
原典資料での官僚の本音の方は、やっぱり最後の方に集約されてるよ。(苦笑)

http://www.meti.go.jp/committee…
>3.我々はどうすれば良いか
>インターネットは個人の選択肢を広げるのか?
>自分で情報を選択しているつもりが、
>実は誰かに操作されているとしたら?

>インターネットは個人の選択を支えるものだが、
>個人の判断や行動が誰かに操作されるリスクも当然に内包する。
>その結果、社会全体としての意思決定が
>極端なものとなる可能性もある。
>我々はそれに対して何ができるのか考える時期に
>来ているのではないか。

最後の「結」まで読むからこそ、やっと気付くのは、最初っからの「起」の時点で「結」を既に公言していたこと!(大爆笑)

>次官・若手プロジェクトとは
>世の中に広く問いかけることを目指すプロジェクト。

つまり、これを世間では「プロパガンダ部隊」という。(失笑)
2017/05/20
>最後に

つまり、重大さへのうざい念押し。(苦笑)

>この数年が勝負。

つまり、指示系統メンバーが増やせない以上、「経費へのカネの問題では無い」ってこと。(苦笑)

>2度目の見逃し三振はもう許されない。

つまり、傍観してしまった「使えない政餌家」と「使えないマスゴミ」と「使えない公的ホ~無ページ」での失敗からして、「低能を用いるとするな」ってこと。(失笑)

>これを解決していくのが日本に課せられた歴史的使命であり
>挑戦しがいのある課題ではないか。

「他国がパクれないAIが技術大国としてあるじゃないか!」ってこと。(苦笑)
2017/05/20
で、結局、何がしたいのか?

>メンバーは担当業務を行いつつ、

>交流サイトによる
>不適切な動画等の削除
>アルゴリズムを活用し
>不適切な情報を削除

つまり、「長々と資料で説明してきた通り、政府が好景気を演出できないのは自明となってで、お茶の間世間から全世界に対し不満からの暴言がネット公言されている昨今、マスゴミでの権威がその低能からで失墜したから、エリートから選ばれた『我々』上位エリートが直々に仕事の片手間で簡単にネットへのプロパガンダができる『良い』手法を、カネに糸目をつけないから、買収bot書き込み低能工作員というパヨク&ウヨの低能連中での安直さではなく、『我々』上位エリートらしく、絶対従順を確保できるAIで(最低限として自由言論サイトへの破壊活動ぐらいは)できるよう、専門家に造らせて、矢面はそいつらにと責任転換する楽な仕事するよ♪」ってプロジェクト。(失笑)
2017/05/20

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews
ポイント山分けキャンペーン