フィーリング 0
お気に入り登録
2017年05月19日 16時10分
日本人より欧米人のほうがこういうの細かく指摘してくるのかなと思ったら、意外と肯定的な意見もありましたね。
6376view | 2017.05.19 16:10
4 Comments
このところ、アメリカのアイビーの学生はキャリアウーマンを目指すより、専業主婦希望が多いそうだしね。実際、名門校出て専業主婦って結構いる。キャロライン・ケネディもそんな感じだったわけだし(莫大な遺産を相続しているから、好きなことだけしていればいいので、ちょっとしたエリート夫婦とは事情がちがうんだけど)。

日本のフェミニストらが妄信するスウェーデンでは女性の精神疾患が多いという。BMJに掲載された論文では、その原因は女性の社会進出にあると分析し、しかも高学歴・専門職に就いている女性ではその割合が極めて低いとしている。つまり、凡人あるいは無教養・ロースキルの勤労婦人ほど精神を病むというのだ。少年少女の非行(移民・難民の子弟ではない白人)も多いがその理由として、共働きが指摘されて久しい。
Vict*   
2017/05/19
日本男性が虐げられているのは、皆その日本のフェミニスト達の制、男の敵は男w
hornet   
2017/05/19
このCMを見て 
夫が子育てに協力的でないに違いない…とか
これは専業主婦の姿だろう…とか
共働き夫婦の姿だろう…とか
まあ、想像するのは自由だけど
訴えたいのは そういうことじゃないんだろうなあ。

ここに出てくる母親の姿って
専業主婦? 共働き?
夫が子育てに協力的な家庭? 非協力的な家庭?
シングルマザー家庭? …おそらく
どの家庭にも当てはまるんじゃないかと。
だって、赤ちゃんを育てるときに
大変でない親はいないですから。
(程度の差はあったとしても)

そして いつも思うのだけど
専業主婦と共働きと どっちがいいとか どっちが大変だとか 
そもそも 言い争う意味もないんじゃないかと。
だって、専業だろうと兼業だろうと
子育てが大変なのは 同じですものね。

「ああ、うちと一緒だ…」
「うちも子どもが小さい時はそうだったなあ。」
…現在進行形か、過去形かの違いはあるとしても
多くの親(父親も母親も)が
共感してこのCMを見てるんじゃないのかなあ。

子育てをがんばる親たちに(母親はもちろん、陰で頑張る父親にも)
エールを送りたい…
というのが このCMの意図ではないのかと。
Mei31   
2017/05/19

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュース
Infoseeknews