お気に入り登録
2012年12月08日 16時09分
非常に良い事だと思う。
ODAとは政府開発援助の訳らしいが、実は殆んどのお金はその国には行かないのを皆さん知っていますか?
日本の首脳陣、相手国の来日代表者と日本のゼネコンが山分けしているのである。
例えばタイの高速道路建設の援助。当時日本は竹下首相、タイはチャチャイ首相で、そこに熊谷組が関わっていた。
分配の詳細は判りかねるが、この汚職はまぎれも無い事実である。
建設が済んだ時、タイの政権は変わっており、そこで利権のイザコザで大きな問題になり、熊谷組が通行止めをした事で反日デモが行われた。
この様にODAは腐ったゼネコンの金の成る木である。
ハッキリ言ってODAは必要無い。
596view | 2012.12.08 16:09
かつて世界第1位だった日本のODA実績だが、近年では国際的に地位を低下させている。ジャカルタで日本のODAプロジェクトの現場を訪問する機会を得た筆者が見たものとは――。 ■実質GDP成長率6.5%のインドネシア 今年の夏は、大学のサマースクール(Euro-Asia Summer School)とMBA金融プログラム海外研修の日程が一部重なったために、サマースクールの第2週が行われたベルギーのルーベン・カトリック大学から帰国すると、すぐにMBA…
news.infoseek.co.jp
2 Comments
発展途上国にならいざ知らず、日本よりも経済大国になった敵国に
金を渡しても軍事費に使われるだけ、いい加減止めるべき。
2014/12/04
このODAも胡散臭い!
日本の政府もいい加減自国に力をいれるべき

ODAに関して厳しく精査されるべき
精査され本当の意味での協力なら惜しまなくてもいいと思う
2014/12/04

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews