フィーリング 0
お気に入り登録
2017年08月10日 21時30分
”国民の債権”ではあっても、絶対に”国民の借金”じゃないよ。

 コレが正解で正しいです。

国の借金と刷り込み、

「その場しのぎ」「問題の先送り」
「ヘリコプターマネー」を してきたのはどうなのだ?

昔の政治家みたいに「国民総所得倍増計画」なんていう

   長期計画なんて 弊政(平成)になって聞かないね。

意味)弊政・・政治がだらしなく、
       お金に汚い様子。
360view | 2017.08.10 21:30
財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1078兆9
headlines.yahoo.co.jp
12 Comments
 で、動産不動産等の資産は幾ら?
2017/08/11
『国の借金』完璧なプロパガンダです。(いわゆる嘘)
経済などに疎い一般国民はイチコロで騙されます。

日本の為には財務省と外務省は解体した方が良いのではと思います、ろくな仕事しません。
財務省の御用学者たちも大学などから排除すべきでしょう。
2017/08/13
バランスシート上のひとつの構成要素に過ぎない、という指摘は正しい。

しかし、それは論点そらしでは?
問題は、社会保障費が増え続けていて、
それの増加に歯止めを掛けるのに、ことごとく失敗していること。

総資産そのものが増えていて、パンクへの猶予も延びているのなら、
まだ慰めにはなりますが。
が、人口減は、ブローとしてだんだん効いてくるんでしょうねえ。
cyclo-h   
2017/08/14

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




政治山
potora
Infoseeknews