お気に入り登録
2017年08月11日 13時32分
今回は八重山日報の沖縄本島に進出をお伝えします。

それでは見ていきましょう。


今年の4月、石垣島の零細新聞社である、

八重山日報が沖縄本島に進出して4カ月。

その報道による真実を伝えている。


沖縄本島と言えば、県紙2紙が圧倒的シェアを誇っている。

「琉球新報」「沖縄タイムス」がそれである。

ここに、石垣島の零細新聞社の八重山日報が切り込んだ!


あまりにもひどい偏向報道は、

今までも、本土では知られていた。

特に近年ネットではよく知られている。


しかし、沖縄本島の人たちは生活の一部となていた。

この生活の一部に載せられた記事は信じるしかなかった。

ほかのメディアはなかったのである。


県紙2紙は70年代から報道協定を結んでいたと言う?

自衛隊を有利にする記事は書かない。

基地反対闘争を支持する。
301view | 2017.08.11 13:32
こんにちは太郎です!今回は八重山日報の沖縄本島に進出をお伝えします。それでは見ていきましょう。今年の4月、石垣島の零細新聞社である、八重山日報が沖縄本島に進出して4カ月。その報道による真実を伝えている。沖縄本島と言えば、県紙2紙が圧...
tanosimi2016.net
6 Comments
沖縄の言論のおかしさは沖縄に行くと良く解るかな(行っても新聞もニュースも見なければね・・・)?
11 日前
沖縄が中国を彼等の王に求めるのを止めるのは難しいのかもしれない。
だが、「その日になって、あなたがたが、自分たちに選んだ王ゆえに、助けを求めて叫んでも、その日、主はあなたがたに答えてくださらない。」
MINEHEAD   
11 日前
八重山日報、やるね。

沖縄反日2紙の目に余る「好き勝手」に一石を投じて欲しい。
9 日前

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




ポイントキャンペーン
夜ふかしInfoseekニュース
Infoseeknews