フィーリング 0
コメント 0
お気に入り登録
藤盛洋  
2017年08月24日 07時15分
日々の問題に追われる中小企業の多くは、次の機会をつくるための戦略を練っていません。しかし、AI、IoTなどの進展による産業構造の転換や人手不足といった新たな課題が眼前に迫っているいま、中小企業においてもトップマネジメントの役割は重要です。

「トップマネジメントとは、方向付けを行い、ビジョンを明らかにし、基準を設定する機関である」(P.F.ドラッカー)。景気が持ち直している現在こそ、早めに改革に手を打つことが大切です。
186view | 2017.08.24 07:15
「トップマネジメントとは、方向付けを行い、ビジョンを明らかにし、基準を設定する機関である」(ドラッカー)。まずは、事業の目的すなわち、「われわれの事業はなにか。何であるべきか」を考える役割があります。続いて、目標の設定、戦略計画の作成、明日のための意思決定という役割を果たさなければなりません。
officemori.link
0 Comments

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュース
Infoseeknews