フィーリング 0
コメント 0
お気に入り登録
2017年08月29日 06時49分
探偵は、一般の方が想像する浮気調査等とは少々異質な事件も取り扱う一部の特殊調査も承っています。とは云っても『別れさせ屋』『復縁屋』などの詐欺まがいの案件は扱っては居ません。

つまり、前に書いた『潜入調査』に似た部分は有りますが。例えば『痴漢冤罪事件』や『不法慰謝料請求事件』等、探偵はこう云った案件も扱います。

浮気調査や素行調査は、本人を追いかければ撮れるのですが。弁護士さんと一緒に頭をひねり。裁判で有利に働く資料収集をするのです。

例えば『痴漢冤罪事件』を弁護士団と一緒に我々探偵が、弁護士目線では無く、違う角度からつまり探偵目線から立証していく事です。この事件は一審で有罪判決を受けた、依頼者から控訴審へ向けて八方塞がりの状態を打破したいとのことで弁護団に加えてもらいました。

結果、一審判決は覆らなかったものの10人居た弁護士の主張は通らなかったものの弊社、探偵事務所が提出した『意見書』だけは採用されました。

また、『不法慰謝料請求事件』では、被害者の9,000万円請求を我々探偵がその報告書にて裁判官の心証を大きく動かす結果になり、公判期日を一回停止しその結果請求は全て棄却され完全勝訴を得ました。

弁護士さん曰く検事が冤罪を作るところだったと検察官が云っていたとの事でした
204view | 2017.08.29 06:49
0 Comments

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュース
Infoseeknews

楽天プロフィール連係終了のお知らせ

  • 11/30(木)に楽天プロフィールとの連係が終了します。 詳細はこちらをご覧ください。