フィーリング 0
お気に入り登録
2018年01月06日 20時39分
安倍政権が進めてきた「アベノミクス」は「世界一企業が活躍しやすい国」にすることを目標に企業の「稼ぐ力」を高めていくことを公言する、文字通り「大企業天国」の政策です。
664view | 2018.01.06 20:39
64 Comments
企業が儲けて収益を上げないと、社員のボーナスが増えないんじゃないの?
13 日前
トピ主が願う「本物の(意味深)共産主義」社会になれば、欠乏や貧困を皆で完全に分け合うから大丈夫でしょ。
MINEHEAD   
12 日前
 この内容を批判する人は、政府広報に染脳されているんだろうね。
一度頭の中を洗って欲しいと思うけど、難しいだろうね。何しろ洗脳って恐いみたいだから。

 お金が使う人のところに回って、初めて経済が活発化するのよね。
 現在のように、溜め込む人のところにお金を更に積み上げる政策を続けて居たら、デフレになるのは当然の帰結です。
 とはいえ、使い道を持たない溜め込む人が、その金を見せびらかすことで、あらゆる情報を操作しているから、きちんと、そういった事をフィルターを掛け読むことができる人でないと正しい情報には行き着けないのが現状。
 頭の中を洗っても、再び、政府広報とやらに染脳されてしまうのでしょう。

 もっとも、共産党が、現状を打破する政策を提案を持っているかどうかは、別の話。
のて   
12 日前

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュース
Infoseeknews