お気に入り登録
--25168--  
2018年01月08日 14時33分
実験場が崩壊しても続く核開発
255view | 2018.01.08 14:33
昨年末、国連安保理の閣僚級会合で、米朝両国の代表が初めて向き合い、直接意見を交わした。しかし話し合いは平行線を辿り、米朝の外交は厳しい局面に直面している。万一の事態が起きた場合、日本はどうなるのか。
diamond.jp
7 Comments
一応中共は、今月カラ制裁強化?
ロシアも大統領選控えて、余り欧米ともめたく無い、同じく経済制裁対象国。

とりあえずミナミにすり寄って、日米韓の足並み。
まぁ最初から揃ってるとは云えンケド。ますます。
欧州、ベェ国のゴールデンタイムに合わせて人気種目の競技時間決めてるヒラマサ。
世界へのアピールに活用?
2018/01/08
ICBMと核弾頭なんて持たせるから・・・。
MINEHEAD   
2018/01/08
国連も大詰めですな。残るは手立ては武力だけ。
五輪&パラリン終了後がカギかな?
アメ公は中東(イラン)のこともあるので、北の核・ミサイルは許さないだろうな。イランなんかに核・ミサイルが渡ったら北どころじゃないもんな。
日本は?っていうと、これから憲法改定議論だってw 憲法改定発議~国民投票~自衛隊法(軍法?にする)、いやぁ~時間かかり過ぎだな。
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を委ねるしかないかw
2018/01/08

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
Infoseeknews