フィーリング 0
コメント 0
お気に入り登録
2018年02月13日 12時39分
まさかオリンピックの舞台で日本人がドーピング違反をするとは思いませんでしたね。男子ショートトラックに出場予定の斎藤慧選手が抜き打ちの検査の際に陽性反応になり、そのまま失格の判定を受けました。反応したのは利尿薬のアセタゾラミドということで、これがどんなものなのか?こちらの記事で解説していきます。
16view | 2018.02.13 12:39
まさかオリンピックの舞台で日本人がドーピング違反をするとは思いませんでしたね。男子ショートトラックに出場予定の斎藤慧選手が抜き打ちの検査の際に陽性反応になり、そのまま失格の判定を受けました。反応したのは利尿薬のアセタゾラミドということで、これがどんなものなのか?こちらの記事で解説していきます。
muagomagazine.com
0 Comments
※誹謗中傷など利用規約に反する投稿は削除対象となります。
  • 
                                                Facebook
  • 
                                                Twitter
  • 
                                                mixi



夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
平昌五輪2018特集
Infoseeknews