フィーリング 0
コメント 0
お気に入り登録
2018年04月14日 23時30分
『タイヤをパンクさせる理由は釘と前輪?刺さる確率15倍の原理とは?』の記事では、タイヤに釘が刺さる原理を解説しましたが、実は、『釘』や『ネジ』がタイヤに刺さる原因である『巻き上げ』は、『雨の日』に起こりやすくなります。

また、『巻き上げ』とは違う理由からも、『雨の日』と『雨の翌日』はタイヤをパンクする車両は多くなります。

なぜ、『雨の日』には『巻き上げ』が起こりやすくなるのか?

なぜ、『雨の日』や『雨の翌日』にはパンクする車両が多いのか?

『晴れた日』と『雨の日』では何が違うのでしょうか?

この疑問について解説していきます。
131view | 2018.04.14 23:30
『タイヤをパンクさせる理由は釘と前輪?刺さる確率15倍の原理とは?』の記事では、タイヤに釘が刺さる原理を解説しましたが、実は、『釘』や『ネジ』がタイヤに刺さる原因である『巻き上げ』は、『雨の日』に起こりやすくなります。また、『巻き上げ』とは
maka87.com
0 Comments

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
Infoseeknews