お気に入り登録
関わった医師の全てが二度と来ない!と激白する北日本w

・昼食をとる時間がなく診療所内で食事をしようとパンを買ったときに「患者を待たせておいて買い物か」と住人に責められる。

・年間休日18日。土日や祝日も村内回り、お盆期間も診療を続けた。しかし盆明けの8月17日を休診にすると「平日なのに休むとは一体何を考えているんだ」と批判した住人がいた。

・診療所向かいの自宅に「急患にすぐに対応できるように」と、センサー式照明を設置費用・電力費用を自費で設置したが、「税金の無駄使いをしている」と苦情を言った住人がいた。

・自宅に嫌がらせのビラが撒かれた。

・辞めていった医師の中には、村の広報紙に村人の医師への対応について苦言を呈した者もいたが、何も改善されなかった。

かくして、医者は居なくなったのである。
家計学園みたいに、医学部誘致して税金で育てたらいいのでは?親小沢派の所だからなぁ、どうでも良いが。
地元の陰鬱な若者を調教してなぁ。好きにすれば良い。
772view | 2018.05.10 06:17
17 Comments
年収2200万円、と、あるけど、別途、診察料、薬代の請求はできるのよね?
まさか、24h無料診療やらせて必要経費は年棒から持ち出しなんて事は・・・。

>こんな僻地に若い医師は行かないし5060代でもキャリア捨ててまで行かない
>青森県三戸町の76歳の医師に頼み込んで、ようやく来月、診療所開設
人生・余生捨てて来てくれたの?
>かつて町内で勤務した経験がある
一度は、いたたまれなくなって逃げ出した経歴の持ち主?
2018/05/11
青森に医大作ってズーズー弁の町医者育成していくしかないかも知れないね。
都会に出てきてもすぐ地元に逃げ帰る医者を。
2018/05/12
田舎だから、というより地域性なのか。東日本大震災での二重ローン減免も、特有の浅ましさに押されて決定したんだろうな。他の災害での被災者で、自分が負う借金を帳消しにしろと騒いだなんて聞かない。
Vict*   
2018/05/12

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
Infoseeknews