お気に入り登録
2018年05月17日 18時23分
近年、急増している空き家問題。しかし、空き家があることでどういった問題があるのか、意外と知らない人が多いのもまた事実。この記事では、空き家があることで、どういう問題が起きるのか、簡潔にまとめられています。
207view | 2018.05.17 18:23
現在、日本では「空き家」の数が増えて、社会問題化しています。2018年現在、日本にある、空き家の数は、約1000万戸と言われています。その数は、2033年には、ほぼ倍の、2000万戸以上に増えるという予想もあります。しかし、残念ながら、この空き家問題について、多くの人は危機意識を持っていないのが現実です。というのも、空き家によって、何が問題になるか、把握していないからです。今回は、空き家の何が問題なのか、詳しく説明したいと思います。 周囲に危険をばら撒く 空き家は人工物なので、自然に還ることはなく、長い間、原型を留めます。しかし、当然完全な形で、原型を留めることはなく、徐々に劣化していきます。…
mansion-souba.hatenablog.jp
8 Comments
「移民を大量に受け入れて、全国の空き家に住んでもらう」なんて、政府が言い出すのも時間の問題かも。自己保身だけのアホ首相なら、何時そんなこと言い出しても、何の不思議も無い。
田舎だったらネズミやタヌキの住処になったりしちゃいいますからね。
そうなったら駆除も大変です。
cyclo-h   
7 日前
住宅投資減税や建設補助金を国が出して住宅の居住面積を現在の2倍に引き上げる政策を推し進めれば良いのです。
住宅投資額の8割補助してもそれは住宅建設と言う需要を作りその波及効果は絶大です、補助金など投資効果に拠る税収増加でお釣りが来ます。
そして危険な空家も自然消滅し地方も活性化します。

住宅に投資すると言う政策をするだけで日本のデフレは無くなり空家問題も無くなり移民も居れる必要も無くなります。
するとグローバリストは困るのです人を買い叩けなくなりますから(だからまともな政策がされない)。

日本は既に竹中平蔵が大臣の時、潜在GDPは最大概念から平均概念に変えられ(本当はデフレでもインフレと数字が出て来る)、経済成長モデルは発展途上国型に変えられ(財政出動しても経済成長出来ないと言うモデル)、プライマリーバランスを黒字化すると言う指標を入れ込まれました(財政出動が出来ない)。
全て日本をインフレにさせない(見た目インフレにする)為です。人を安く買い叩くため(自分の利益を最大化するため)。
法人税などを下げないと企業が逃げると言うレトリックも自分の利益を最大化させるための嘘です。
6 日前

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
Infoseeknews