平成は「自己否定と変身願望」の30年間だった | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 | 楽天Social News

フィーリング 0
お気に入り登録
2018年06月07日 02時40分
日本人とはマゾ的体質があるのでしょうか。
明らかに間違ってる事でも痛みがある方が正しいと思ってしまう。

日本は橋本政権以降の緊縮財政、戦後の9条教のお花畑が明らかに間違って居たと言う結果が壮大な社会実験(実験された国民はたまった物では無い)で大いなる大失敗に終わった事を認められない。

そしてプロパガンダに対する免疫が悲しいほど無い。だから財務省(大蔵省)とパヨク(とアメリカ)の嘘にいつまでも騙され続けてる。
879view | 2018.06.07 02:40
施光恒(以下、施):国内外で社会心理学的調査を行って比較すると、意識のレベルでは欧米人よりも日本人のほうが個人主義的な傾向が強く出るんです。たとえば「自己犠牲をどのくらい重視するか」「個人は集団のた…
toyokeizai.net
28 Comments
昭和や20世紀の皺寄せや反動が来た感じだな
MINEHEAD   
2018/06/08
 今必要なのって、どう考えても減税ですよねぇ、それもかなり大規模の。
今の状況で、消費税などと言う逆進性の高い税金を増税しようとか、
正気の沙汰ではありません……
2018/06/09
消費税。
税率アップ。
純粋な国内問題のはず。
はずなのですが。

国際通貨基金も。
外圧。

貿易。
輸出入。
ある人は、インターナショナル。
ある人は、グローバリズム。
いろいろ言われていますね。
2018/06/13

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
Infoseeknews