お気に入り登録
2018年07月08日 17時16分
ここ数日の記憶的な大雨で、全国各地、甚大な被害があり、死者行方不明者合わせて百人以上出ているのに、今日になって政府に非常災害対策本部を設置して、「先手で支援を」なんて言うとは、なんともアホ首相らしい。もしかして、2、3日前に秘書官が作った原稿を、災害発生中の自民党の酒盛り宴会に出席したため、二日酔いになったから、今日になって読んだのかも。アホ首相にとっては、国民の生命・財産よりも、自身のヨーロッパ外遊の方が大事なのかもね。もしかして、外国人就労を拡大して外国人で補充するから、国民が何十人、何百人亡くなろうと、構わないってことかな?!

国民はモノじゃあないのにねー
1524view | 2018.07.08 17:16
政府は8日午前、西日本から東日本にかけて発生している記録的な大雨を受け、災害対策基本法に基づき非常災害対策本部を設
news.infoseek.co.jp
131 Comments
しんぶん赤旗は他の商業誌にはない、労働者にとって有用な記事がたくさん掲載されています。
ぎおんで、せいじかたちが、どんなことをしてきたのか、
しらぬがほとけ。ですね。
2018/07/12
雨の中防災無線なんて老人には聞こえません。
年配者は家でテレビを見ていることが多い。

膨大な災害が予見されたとしたら災害が起こる前にテレビで避難を呼びかけることを民法でもやったほうがいいのでは?

税金を使って 各家庭に避難を促す声を届けるような仕組みを作るよりより安価にできそうですが・・・
企業に遠慮しちゃうので民放では無理か・・・
2018/07/14

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
Infoseeknews