フィーリング 0
お気に入り登録
安倍首相は大変したたかだ。表向きは、韓国と直接対峙しない。中国のこれ以上のインドシナ半島への侵食を食い止められる。ラオス政府や国民からは感謝される。それは米国の影響力が低下するアジアの新秩序形成において、大変意義深い良手である。多分、早晩、国際的な陣容で第三者評価委員会の立ち上げが世界的なニュースとして駆け巡ることになるだろう。日本ではあまり報道されないだろうが。

いい加減、盲腸半島は損切りしたいものだね。
滅亡という形でな。
スクラップ置き場としての存在だけは許すと。
もう、産廃専用のドラム缶に等しい存在である。
周囲に迷惑しかかけない呪われた存在である。
よって、死ぬが良い!!!
34view | 2018.08.28 12:24
「韓国ダム」決壊で孤立のラオスに日本が救いの手 / これは信頼すべき筋から聞いたスクープ記事だ。これは国連筋から得た情報だが、情報源を秘匿するために配慮して書く。 先月、ラオス南東部のアッタプー県でセピアンセナムノイダムが決壊し、辺の村落が水没、少なくとも27人が死亡、3
agora-web.jp
2 Comments
アジア最貧国。
マルクス・レーニン主義から市場経済に移行したが、ラオス人民革命党による一党独裁が続いている。
って。
で。
地方に議会を設置しないで、県知事は国家主席が、郡長は首相が、それぞれを任命するという中央集権的地方行政制度をとっている。
だって。
これが
民主集中制?
2018/08/29
安倍首相が偉大なる大事な祖国(日本じゃないですよ)を助けないわけないと思いますが。
したたかでしてない訳じゃない気がしますが。
2018/08/29

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews