お気に入り登録
2018年11月02日 13時25分
日韓請求権協定によって、日韓両国間での請求権の問題が解決されたとしても、被害にあった個人の請求権を消滅させることはないということは、日本政府が国会答弁などで公式に繰り返し表明してきたことである。

一問一答・・・
http://www.jcp.or.jp/akahata/ai…
3046view | 2018.11.02 13:25
166 Comments
しんぶん赤旗。
って、誰にでも分かり易い文体、表現。
漢字も。
何せ、生活、教育水準低い人達がターゲット。

それをちゃんと読み解けない。
ほぼ文盲に近い似非左翼が投稿する。

なんだか。
日本と韓国、日本と米国の離反活動が主目的。
そこはぶれていない。

北のお兄ちゃんが南を飲み込む手助けをしているだけ。
そう考えると 矛盾はなくなる。

日本としては 韓国が北に飲み込まれたとしても被害を最小限にするような準備が必要。
9 日前
キタの言うてる拉致事件の解決を参照すれば
加害者は当然のように謝罪もせず、逆に被害者から金をふんだくった上、
一部被害者の返還は成ったものの全ての消息は不明のままで解決と言い張る。
それに比べたら日本は充分、謝罪も補償もやってきてますよね?

当然、キタのは解決になってないですが、その解決方法を示したキタも、
ミナミ同様にお代わりを要求するダブスタぶり。
こちらにも、請求先はミナミ政府だと
明瞭に繰り返し伝えておくべきなのでしょうけど
出来てるのかなぁ・・・日本政府。
9 日前

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews