お気に入り登録
2018年12月05日 05時56分
全く足りない。
10割増し、つまり2倍の予算にしてもインフラの補修は間に合わない。それほど日本は緊縮財政でインフラの投資をして来なかったのです。

公共投資のお陰で赤字になってると言う方が未だに居ますが公共投資は最盛期より3割以上減ってます、他の国は増えてます。
公共投資(公的固定資本形成)で使ったお金は消えるわけではありません、資本として残るのです。そしてその資本がお金を生み出すのです、そんな基本も理解しないで公共投資悪玉論を振りかざす愚か者がこの国にはなんと多い事か。

そんな事すると日本は財政破綻すると言う物も居ますが財政破綻の意味解ってるのか怪しい物です。
ちなみに日本には財務省の言う様な財政問題は有りません、財政破綻も絶対起きません。
財政出動しない為に国家的破綻になる可能性が高いのです(まともな軍事力の維持も不可能になる、全ての安全保障が維持困難になる)。
86view | 2018.12.05 05:56
政府は老朽化した重要インフラを補修するため、2018年度から20年度までの3年間で3兆円超を投じる方針を固めた。年末に決める19年度予算案では1兆円程度を計上する。当初予算ベースの公共事業関係費は前
www.nikkei.com
5 Comments
公共投資も、1割は国会議員や国の役人に、1割は地方の議員や役人に迂回して還流されて、100%すべてが、公共事業に回るわけではない、みたいな話を聞いたことがある。もっと、その割合は大きかったかもしれないが、そのせいで、工事が粗雑になり結果的、崩落のリスクが高まったり、耐用年数が短くなったりしているのだと。そして、そんなことをしている政治家たちが何食わぬ顔で、「国民の生命、財産を守るのは、我々政治家の役割」などとほざいているのだから、そりゃあ、日本はおかしくなるわな~
『価格破壊』って騒がれて30年以上経つかな。これまでに建築土木に携わる職人の収入がどれほど減ったか!『3K職場』って騒がれてこの種の作業員がどれほど減ったか!
公共投資増額、インフラ整備はいいけど日本人にカネが落ちる(収入)か疑問。大手ゼネコンが下請け業者を叩き、下請け業者は外国人使って叩く…この構図までメス入れることできるかな?
こんな単年度計画じゃなくて、公共投資10年計画を策定して、業者が安心(仕事がある)して人的育成ができるようにしなきゃダメだろうな。今抱えてる日銀の国債500兆円を使えば財源はたんまりある。地震国、火山国、有効活用面積30%であるってことをよく考えて税金を使ってくだされや!
7 日前

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews