お気に入り登録
北欧の捕鯨国と国際捕鯨国委員会IWCを新たに捕鯨国だけが加入資格を持つ形で組織し、南氷洋を含む全世界地球公海を猟区に設定して、商業捕鯨の再開宣言をし、妨害者は警察権を使い強制排除すると、明記すれば良いだけであろう。

オリンピックに影響?メダルの数は変わらんのだから、いっそボイコットしてくれた方が選手村のアパートメント建設数減らせて環境負荷減らせるしカネも節約できる。
何よりも日本選手にとってメダル奪取のチャンスにしかならんわ。

メダルラッシュのボーナスタイムが発生する!
パラリンピックもである。
607view | 2018.12.24 02:14
政府は約30年ぶりの商業捕鯨の再開に向け、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を早ければ25日
news.infoseek.co.jp
16 Comments
今日は25日。
果たしてどうなるか。
MINEHEAD   
2018/12/25
反捕鯨国、日本批判強化へ 支持派は「機能不全」強調
https://news.infoseek.co.jp/art…
>日本政府が26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明したことを受けて、オーストラリアなど反捕鯨国は日本に対する批判を一段と強めるとみられる。一方、ノルウェーやアイスランドといった捕鯨支持国は「IWCの機能不全」を強調することになりそうだ

>オーストラリアは「商業目的でも調査目的でも、あらゆる形態の捕鯨に反対し続ける」(プライス環境相)との立場

これだもの
2018/12/26
とりあえずは反捕鯨国の主張も尊重して、
捕鯨を再開するにしても日本の領海内にとどめれば良いと思うのだけど。
文句言われながら、
海外の漁業資源のバランス調整なんてする必要もないでしょ?

ついでに領海外への遠洋漁業も止めて、
その代わり領海内の他国の操業も原則禁止した方が良いような。
したら領海侵犯などの対策強化の海軍力強化の大義名分の補強も出来ますし。
2018/12/27

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews