お気に入り登録
2019年01月19日 13時40分
スマートキーは 1mくらいしか飛ばない微弱な電波を常時出している
スマートキーを所持している状態で ドアノブなどに触れると
車両側から電波を発射
スマートキーと通信してドアロック解除するというシステムだ
この電波の中に 暗号など含まれているため
同じスマートキーでないと稼働しない

-★ リレーアタックはこの特性を逆手に取る

スマートキーを持った人が買い物に行くとしよう
スマートキーの1m以内に接近し、常時出ている微弱な電波を
中継器でキャッチして、そいつをブースターなどで増幅し
車両の側に ある受信機に飛ばし、スマートキーと同じ電波を出す

その状態でドアノブに触れば 車両側は
スマートキーが近所に「ある」と判断ドアロックを解除する

そのまま乗り込んでプシュボタン押せば
これまたキーも「ある」と判断しているためエンジンだって掛かり
あっという間に盗難出来てしまうのだった

1度エンジン掛かったら、止めない限りどこまでも走れる

自動車メーカーに問い合わせたら、
複数のメーカーが
「防犯の観点からノーコメントです」
すでに発生している盗難事案なのに、
何の情報も出さないという。これでは防ぎようがない。
1031view | 2019.01.19 13:40
5 Comments
対策としては?

微弱な電波を出している「 スマートキー 」
ココから出る 電波を遮断するといいと・・アルミホイルに隙間無く包む
                   電波を遮断する容器に入れる。
・・等だ、そうです。
2019/01/19
プリウス、ランクル・・・TOYOTA車が人気のようです。
面倒でも、目で確認できるバー式のハンドルロックが一番かな。
2019/01/20
>これでは防ぎようがない

既に対策グッズが商品化されてていっぱいヒットしますが。

電波遮断 スマートキーケース 車 リレーアタック盗難防止用装置 防水 持ち便利
https://www.amazon.co.jp/dp/B07…
2019/01/21

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews