フィーリング 0
コメント 0
お気に入り登録
2019年06月17日 07時04分
2019年6月16日午前5時40分ごろ大阪府吹田市千里山霧が丘の千里山交番で勤務されていた吹田署地域課の古瀬鈴之助(こせすずのすけ)さん26歳が包丁で複数箇所刺された事件が発生しました。
古瀬鈴之助さんは意識不明の重体で所持していた実弾5発が入った回転式の拳銃が奪われたとのこと。

事件発生の約1時間ほど前に交番の周囲を歩き回る不審な男が防犯カメラに写っており、府警はこの男性を犯人として画像を公開。

同日午後に「防犯カメラの男に息子が似ている」と父親と思われる男性から通報があり、東京都品川区在住の33歳の男が犯人として浮上しました。

指名手配されたのは東京都品川区在住の飯森裕次郎容疑者で14日から現場の交番から2キロ離れたホテルに宿泊されていました。

ついに17日早朝に逮捕されたことが明らかになりました
一体なぜこのようなことをしたのか?

そこで今回は容疑者の犯行動機や生い立ちなどについて調べてみました。
22868view | 2019.06.17 07:04
0 Comments

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews