お気に入り登録
真の反戦派は実は軍人である。実際に戦い死ぬのだから。
アメリカ軍人の間では、イラン軍を、かつてアメリカ軍が戦った敵の中でも最強の難敵であった日本軍とだぶらせて理解する傾向がある。
自らの生存と宗教がモロに絡んでて、総人口も八千万人!
イラク戦が、総人口1500万人で撤退するまで、どれ程の死傷者の山を築き、長期戦となって、な。

最終段階で決断を下せる英邁な指導者も居ないし。

イラン戦争は戦闘自体はアメリカが圧勝するだろうけど、占領してからが地獄だろう。

戦うのには理由がいる
自分たちが正しい事をしてると思えるから戦える
当たり前だけどな!!

とはいえ、イランの指導部が革命防衛隊の手綱をしっかりと握ってれば避けられた事態であるのだが。

公海上で監視してるだけの哨戒機を撃墜したのは悪手だ。
海峡が危険だから、証拠集めの為に滞空してる監視を落とすとか。
自らが下手人だと自白しとるだけや。

尚、日本は便宜置籍船である事、運航会社が、ロイズ辺りの保険調査人からの報告書の提出後に、日本国内に来航した場合に調査してから論を出す模様。

理由がある!

与し易いと見られると、両方から攻撃されるからである。
国が舐められる!とはそういうことを招く。

すると現地を保障占領する羽目になる。
970view | 2019.06.22 07:22
9 Comments
シェールガスがあるから昔のように石油利権はもうイラン
でもイスラエルはやる気満々の悪寒
2019/06/22
本当にイランが仕掛けたとは到底思えないのですが。事が有ってから証拠がすぐにそろい過ぎている、イランにやっても何のメリットもない。

アメリカ、もしくはイスラエルなどの謀略のように思えます。大東亜戦争に日本を嵌めたように。
30 日前
先の大戦デモ、末期は反戦運動お盛ん。早く終わらせなければ。
ピカドン。
そしてヴィェトナムでも。
続いて、湾岸、アフガン。イラク。
選挙と海外派兵。

9.11直前の政策、支持率なんての今でも。

歴史は繰り返す?

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews