フィーリング 0
コメント 0
お気に入り登録
玉鼎  
2019年07月28日 20時39分
皇后となられた雅子さまが、長くつらい時を経て、皇室外交に実力を発揮しています。語学に堪能なマルチリンガルであり、元外務省のキャリアがいよいよ活かされる時代になりました。
21view | 2019.07.28 20:39
皇后となってから雅子さまが自信を回復したと言われています。トップに立ったことで誰に遠慮することもなく、自分の「外交力」を存分に発揮できるようになったことが大きいようです。もともと5か国語を操り、外務省時代には首相の通訳まで務めた雅子さまが本来望んでいた彼女ならではの「皇室外交」が花開いています。
isidorus-ex-camera.com
0 Comments

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews