お気に入り登録
2011年05月11日 00時06分
マイケル・サンデルの究極の選択<大震災後の世界をどう生きるか>

>NHKのマイケル・サンデル氏の番組を興味深く拝見した。

3.11以降、私自身の中でやもやしていた問題意識を
強烈に刺激してくれた。

私自身がとても大事だと感じたのは次の3つの論点(課題)。


1.今後、世界は原子力エネルギーに依存した世界であり続けるべきなのか。

2.今回の大震災を通して、世界の境界線、つまり、世界の(人々との)つながりが
  より強まるきっかけ、潮目になる大きな可能性があるのではないか。

3.今回の大震災を通じて、個人の豊かさ、社会、共同体の豊かさ、国の豊かさ、
  世界の豊かさ、そして、地球の豊かさ、を再度見直す絶好のチャンスと
  とらえられるのではないか。

折にふれて、いろいろな方と意見交換をしたいと願っています。
629view | 2011.05.11 00:06
1 Comments
ぐぬぬ…
これはもっと世界的に考えていかなくてはならない問題ですよね。
今だからこそもっと大きな問題にして考えていかなくちゃいけないと思います。
2014/12/04

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews