お気に入り登録
国内の人気取りで「2度と日本に負けない」と言い放つ文在寅(ムン・ジェイン)大統領だが、見境のない反日暴走の先に待ち受けるのは、国際通貨基金(IMF)支援、リーマン・ショックに続く3度目の「金融敗戦」だ。

その盛りまくった言葉とは裏腹に
「グループA(『ホワイト国』から改称)」から韓国を除外することを受け、通貨ウォンが暴落、株安も止まらない。
KIKO条項、つまりノックアウト契約が地獄となって降り掛かるwww

外国為替市場でウォン相場は今月5日、対ドルで一時、1220ウォンを突破し、2016年3月以来約3年5カ月ぶりの安値を付けた。対円でも約3年ぶりの安値水準だ。

株式市場も、韓国総合株価指数(KOSPI)も節目の2000どころか、一時的に1900を割り込む場面もあった。

KIKO(キコ」である。正式名称はノックイン・オプション・ノックアウト・オプション)

Kikoは、特定期間(1-2年)に約定した為替レート幅でレートが推移すれば、市場価格よりも高くドルを売ることができるため、輸出企業にとって有利となるが、約定した為替レートを超えれば、契約の2-3倍に相当するドルを市場価格よりもはるかに安く銀行に売らなければならないため、莫大な損失が生ずる。

値は?1200〜1600??
6940view | 2019.08.10 22:16
日本政府による「ホワイト国」除外処置を受け、通貨ウォンが暴落した。株安も止まらない状態で、金融危機が目前に迫っていることの予兆だと識者。主要な上場企業の上半期の営業利益は、2018年比で約40%落ち込んでいるそう
news.livedoor.com
17 Comments
でも、しょっちゅう「犯島終了!」の記事は見かけるけど
本当になるのは、いつの事なのでしょう?

結局は朝州派が助けそうだし、
先に”規制”と云われたのも
単なる”審査”である可能性が高くなってきた気もするし。
終着点は一般日本人の不本意、政府・財界の朝州派の思惑通りになりそうな。
2019/08/11
韓国民は、自ら選出した文大統領のもと、決して負けないと宣言したわけだから、経済が崩壊しようが、国が破綻しようが、何も支障はない。

自分たちが負けを認めない限り、決して負けることはない。
それこそが、法や事実よりも理想や正義を重んじる、韓国民の生き様なのであろう。

我々は、我々の価値観で彼らを判断せず、黙って見守っていればいい。
Juagg   
2019/08/11
まあ、韓国にはもっと暴走してもらった方が良いのかもしれないね。
日本やそのほかの国が完全にウンザリするくらい。
MINEHEAD   
2019/08/11

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews