フィーリング 0
お気に入り登録
2019年09月09日 13時19分
インドネシアでの石炭火発など、日本のODAには問題が多い。
864view | 2019.09.09 13:19
「最後の巨大マーケット」と言われるアフリカ。日本政府は民間投資の拡大などに力を入れていますが、現地では日本が後押しする大規模な農業開発への根強い反発が続いています。何が起きているのでしょうか。 今週、東京に1人のアフリカ人男性の姿がありました。 「私たちは農民であり、開発事業に協力したくないのです。モザンビークの土地は、モザンビーク人の手で耕されることを望みます」(コスタ・エステバンさん) コスタ・エステバンさんが暮らすモザンビーク共和国。 日本はODA=政府開発援助として、10年前から大規模農業開発プロジェクト「プロサバンナ事業」を進めています。日本の耕地面積の3倍にも及ぶ地域一帯を大豆やゴマなどを生産する一大穀倉地帯に変えようという壮大なプロジェクト。その対象地域に暮らすエステバンさんは・・・ 「あまり良い話ではないと感じています。自分たちの土地を失うかもしれないと心配して...
news.tbs.co.jp
174 Comments
ところで、
ODAさん。
オリコン、アルバム1位。
最年長記録、
ヤザワさんに奪われたよーですね。
で、ODAさんのお話は。
ドコに?

アフリカでの中共の影響力。
以前、話題になりましたが、日本では甘利、アマゾン川流域。
開発での日本が受けた批判。
その辺りデモ。
どちらの共産党から、反対票を入れろと指示があったのだろうか。
MINEHEAD   
3 日前

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews