お気に入り登録
魔の山  
2011年08月06日 15時13分
死んだ赤ん坊の人肉を材料にした粉末カプセル、いわゆる『人肉カプセル』が中国で製造され、韓国に「最高の滋養強壮剤」として販売されていたことが分かった。韓国の月刊誌が7月下旬に報じたことで明るみになったが、韓国SBS放送の取材により改めてその存在が確認され、さらに生産過程なども判明。同国に大きな衝撃を与えている。

人肉カプセル』の効能について、専門家は「妊婦や赤ん坊の健康状態が分からない状態で製造されているため、むしろ人体に害を与える可能性もある。そもそも期待されているような効果もない」と断言。韓国のネット上では、「うわさだと思っていたのに本当に存在するとは」「誰がこんなものを買うんだ。韓国人として恥ずかしい」「購入者は地獄に堕ちろ」などと驚愕する声が集まっている。

信じられない!こんなものが製造されるのだから、需要があるのだろうが、まさに狂っているとしか言えない。
1582view | 2011.08.06 15:13
4 Comments
つづき
『一部の心無い人が・・・・』何て投稿が出てくるけど、連中の根本がそうであることを認めたくないだけ。
BRCNO   
2014/12/04
つづき
それが彼の国の本質である。否定したくても否定出来ようはずがない。
胎児スープを見たときは、狂気国家と確信した。
だれが胎児なんか食べるか。
日本の捕鯨なんかに現を抜かす前に、食人文化、これをやっつけろ。シーシェパードさんへ。
BRCNO   
2014/12/04
これで、どうだ、編集部投稿制限係さん。あんたより早業だろう。
BRCNO   
2014/12/04

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews