コメント 0
お気に入り登録
2011年10月28日 17時49分
オレ自身も過去に開発の仕事をしてたときにPCスペックの問題で悩まされた事があった。この記事も正にそれ。

・一度のビルドに25GBのディスクスペース。
・すべてのAOSPコンフィグを同時ビルドでは80GBのディスクスペース。
・メモリ 16GB以上を推奨。足りなければSSDでそれを補える。
・Xeon E5620(クアッドコア) 2.4GHz のデュアルプロセッサ(つまり物理コア8コア、HTテクノロジにより論理コア16コア)メモリが24GBのマシンでも、ビルドに25分以上の時間が必要。

詳しくなくてもなんとなく察しがつくかもしれないけど、4.0を作る為だけにこんな超が付くようなハイスペックマシンなんて企業が用意できるとは思えない。
開発にはこの程度のPCが必要だろうけど、あくまで「必要」であり「推奨」ではないとすると、もっとスペックが必要になる。
そして仮に用意できても、その投資をペイできるほどのポテンシャルが「4.0」にあるのか。

新バージョンが出るって事で喜んでいる人もいるだろうけど、この問題を考えるとアップデートを中止するorやらないってとこが出てきそう。
つまりこれってユーザーも開発側も得しない深刻な問題なんじゃないだろうか。
859view | 2011.10.28 17:49
0 Comments

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews
ポイント山分けキャンペーン