コメント 0
お気に入り登録
naoparis  
2012年01月04日 16時14分
>>抜粋

『【1月4日 AFP】フランス原子力安全局(Nuclear Safety Authority、ASN)は3日、福島第1原子力発電所の事故を受けて行った仏原子力産業の検査の一環で、国内の原発の安全性強化を求める提言書をフランソワ・フィヨン(Francois Fillon)首相に提出した』


・・・安全性強化には数十億ユーロ(数千億円)が必要としている。

大変な数字だよね。

フランス電力公社(Electricite de France、EDF)幹部によると、福島第1原発事故前の概算では、原発の発電コストはメガワット時当たり46ユーロ(約4600円)

強化策により最大50ユーロ(約5000円)まで上昇の可能性・・・という。

現在、EUの中でフランスが一番電気代が安いらしいが、今年から、ほかのいろいろなモノも値上がり、大変な年になりそうだ。

電力需要の75%、世界で最も原子力発電に依存しているフランス・・・どうなるんだろう将来?
506view | 2012.01.04 16:14
0 Comments

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews