フィーリング 0
お気に入り登録
--33513--  
2016年01月04日 23時17分
テレビ朝日系の「朝まで生テレビ!」。「激論!安倍政治~国民の選択と覚悟~」と題した1日放送の番組では、大田区の自民党区議が「建築板金業」と身分を隠し、安倍政権をヨイショするサクラ疑惑が発覚。「今年初のBPO入り番組」とネットで炎上中だが、同じように炎上しているのが、元総務相の竹中平蔵・慶応大教授の仰天発言だ。

番組では、アベノミクスの「元祖3本の矢」や「新3本の矢」について是非を評価。冒頭、「アベノミクスは理論的には百%正しい」と太鼓判を押した竹中平蔵氏。アベノミクスの“キモ”であるトリクルダウンの効果が出ていない状況に対して、「滴り落ちてくるなんてないですよ。あり得ないですよ」と平然と言い放ったのである。

トリクルダウンは、富裕層が富めば経済活動が活発になり、その富が貧しい者にも浸透するという経済論だ。
:引用終了

あーあ、自分で言ってたこと忘れちゃったのかな?

竹中さん、トリクルダウンがまやかしであることを自分で認めちゃいましたよ。

こんな人が今も政府の産業競争力会議の議員を務めているようです。
363view | 2016.01.04 23:17
日刊ゲンダイの公式サイト。「情報の総合デパート」として、気になるニュースの真相から絶対に役立つ実用ネタまで、「知りたい!」にこたえる情報が満載。
www.nikkan-gendai.com
2 Comments
嘘を隠そうともしなくなったと言う事ですね、それだけもう権力基盤が磐石になってると言う事でしょう。
下々の貧乏人は奴隷として金持ちに仕え続けろと竹中平蔵様はおっしゃってると言う事ですな、その後ろ盾は勿論安倍首相、その影にはアメリカが隠れてるのが丸解り。
いい加減日本人は安倍ノミクスの誤魔化しに気づけ、このままでは日本は発展途上国となり超格差社会になり独立とは形ばかりの植民地となる。
2016/01/08

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




Infoseeknews