お気に入り登録
2012年03月02日 12時21分
この記事を読んで、私が何よりも驚いたのが次の一節です。

「国は現時点で東京湾で調査を行っておらず」

東京湾でも漁業を行なっている人や釣り船なども多いですし、個人で海釣りをして釣った魚を食べている人もたくさんいます。

これだけの数値が検出されているのですから、国や都が責任を持って定期的な調査をし、情報を公開すべきだと思います。
28426view | 2012.03.02 12:21
東京新聞TOKYO Webの社会ニュース、事件・事故、災害・交通情報、裁判、その他話題のニュースを提供するページです。
www.tokyo-np.co.jp
3 Comments
私も驚愕しました。
なぜ調査をしないのだろう・・
この国の政府は本当に管理もずさんだが、行動も遅い・・
2014/12/04
元記事は、
「東京湾のセシウム濃度が上昇したが、健康に影響はないです」
と言っているしか読めないのですが。

『ただ、いずれの地点も一〇〇〇ベクレル以下で、国がそのまま埋め立てできるとする基準の八〇〇〇ベクレルを大きく下回っている。』

『半減期三十年のセシウム137はとどまるものの、半減期が二年の134は急速に減っていくため、今後、濃度が著しく上昇することは考えにくい』

『山崎教授は東京湾で採取した魚介類の濃度も測定。検出限界値以下か多くても一〇ベクレル以下で、「このまま推移すれば全く問題のない数値だ」と指摘する。』
さク   
2014/12/04

投票・コメント投稿期間が終了しました。(記事投稿から7日間)




夜ふかしInfoseekニュースキャンペーン
Infoseeknews