[どっどど どどうど]おすすめニュース

[どっどど どどうど]おすすめニュース

実質賃金が上がったかどうかは答えず、「春闘の場において物価上昇を差し引いた数字(実質賃金)で交渉が行われているとは承知していません」というまったく的外れの答弁でごまかします。
県の埋め立て承認撤回を政府が執行停止したことについて、「基地建設のためには何でもありの傍若無人の見切り発車であり、地方自治と法治国家の破壊である」と批判しました。
日本の支配政党の結党資金が中国の人々を軍靴で踏みにじることによって作られたことは、戦後60年たってもけっして忘れてはならないでしょう。
「特に水産棟と青果棟を結ぶアンダーパス(地下道)付近の地下はヒ素濃度が高い。その汚染土壌や汚水が周りの壁から漏れ出し、そこを行き来する運搬車の車輪について市場内に拡散され、水産物が汚染される可能性があります」
要するに、彼らにとって「原爆被害者の心情」などどうでもいいのだ。「韓国ヘイト」に使えるものであればなんでもよかったということが、この矛盾からも明らかである。こんな言葉を平然と書き連ねるような連中が「BTSは原爆の被曝者に謝れ」などと言う資格... すべて読む
しかし、実際のメッセージはナチス礼賛どころか、全体主義を批判した内容だ。
1日12時間近くに上る長時間労働の背景に(1)国が教員を増やさず授業数を増やした(2)格差と貧困の広がりで学校の抱える課題が増えた上、全国学力テストや教員免許更新制、人事評価などの「学校改革」が拍車をかけた(3)公立学校の教員が法律で例外的... すべて読む
日韓請求権協定によって、日韓両国間での請求権の問題が解決されたとしても、被害にあった個人の請求権を消滅させることはないということは、日本政府が国会答弁などで公式に繰り返し表明してきたことである。 一問一答・・・ http://www.jc... すべて読む
「本当に市場として機能するのか」、「死亡事故が起こりはしないか」、「魚の安全性は保てるのか」――。
稲田朋美や和田政宗も同じだが、ようするに、立場上、自分では言えない歴史修正や報道バッシングなどの“本音”をズバズバと発言・発信してくれる人物として自民党に招き入れたのだ。
イージス艦の日本海での常時展開は6月末に解除されており、日本上空を大気圏外で通過する弾道ミサイルには届かないPAC3の配備は事実上意味のないものとなっていました。
15年までに再公営化を決断した自治体は世界で180に上る。
不誠実な政府答弁の手法を例えた“ご飯論法”が話題です。
拉致問題だっていずれは交渉が必要になってくるんだからアメリカとかに丸投げしないで自分でさっさとやれよ。
大島氏は、安全な原発を建てるための資金調達は「相当困難」で「経済的にも成り立たない」と述べ、賠償制度にも不備があるとして、新規原発に競争力はないと強調しました。
討論ではこの無制限な武力行使の問題について立憲民主党、社民党だけでなく、希望の党、民進党も批判したことを強調し、「自民党改憲に反対していく足場がはっきりしてきた」。
柳瀬唯夫・元首相秘書官の証人喚問など4項目の6野党の要求が「異常事態を打開するうえでの最小限の要求」であるにもかかわらず、与党がこれに「ゼロ回答」で応え、「働き方改革」一括法案の審議入りを強行しようとしていることについて、「国会の審議が成り... すべて読む
    • 2018/04/27
  • 3件 のコメント
世論の批判の前に口では「ウミを出す」(安倍晋三首相)などと言いながら、それにふさわしい打開策を何ら示していません。それどころか、真相解明と責任の明確化を求める野党に「ゼロ回答」を決め込んでいます。
キュレーター (Lv. 7 )