蛮族 韓 コト下朝鮮の妄言 本日の嘘800はなぁんだ?

蛮族 韓 コト下朝鮮の妄言 本日の嘘800はなぁんだ?

言っている事とやっている事が違い過ぎる!以下に述べる 1)米の調査で北朝鮮が公表していない核施設があることが判明していた。 2)前回の実質協議後に北朝鮮がまったく動かなった。 3)北朝鮮はやっている、信じてという文の言うことが全く信用で... すべて読む
保導連盟事件は日帝残滓じゃありませんよ ( ´゚д゚`)エー アカ狩りガーとか言いたければ 先ずは李承晩批判をぶち上げなさい (¬_¬)(一_一)ネー https://ja.m.wikipedia.org/wiki/保導連盟事件 ... すべて読む
    • 15 日前
  • 1件 のコメント
朝日新聞は大喜びで喚いているが、その反面忘れてる事がある! 日本は北朝鮮エリアに、日本が開発した希少鉱物鉱山やウラン鉱山、タングステン鉱山、炭鉱など8兆円以上の残置資産があり 北朝鮮と朝鮮総連は清算をする義務がある。 600億ドルの米ドルを... すべて読む
1上場してない株は売れない。 2売るとしたら賠償金以上の金と時間がかかる。 3なので処分出来ないように差押えする嫌がらせ だけして企業に席に着かせる為のブラフ。 4処分出来ない様に差押えされてるので 既に損が生じているので制裁出来る... すべて読む
    • 23 日前
  • 2件 のコメント
コリアンが人間ならば、蝶々トンボも鳥のうち、電信柱に花が咲き、太陽が西から上がるわw 早暁 橋は落ち、ダムは崩れ、国は滅びるであろう! 参考までにBBC調査では人類の63%が韓国にいい印象なし http://livedoor.blogi... すべて読む
なお、最悪な事に、当のハリス大使は元『P3C搭乗員』 バリバリの哨戒機搭乗員上がり。 其処に、ニセのデータ持ち込んで見ると、どうなるか? これは…! 韓国は、すがる相手を間違ったようだなwwwww 日米情報共有しているから 韓国の... すべて読む
    • 2019/01/29
  • 2件 のコメント
主に国家による捏造根拠写真解析を趣味にしている一般市民が韓国発表の威嚇低空飛行とやらの証拠写真を解析した結果が、ななな〜んとコラージュでしたとさ!アカン奴や ★韓国が発表した写真を画像解析してみた!★ オリジナルは黒色、加工箇所は白くな... すべて読む
あのさぁ、P1の全長が38m、P3Cでも36mだよ? おたくらの主張する60mの高度とは機体全長の1.8倍 程度の位置に海面が存在しなければならない。 どう見ても海面が写っていませんなぁ?? テメェラ、嘘をついているな? 機体のスペッ... すべて読む
    • 2019/01/24
  • 1件 のコメント
だがちょっと待って欲しい!大統領命令と国防相指令の 文民統制された結果が、戦争勃発寸前の今があるのでは? 数々の韓国国防相の会見での発言が命令とされ艦長に徹底 その結果、日本の排他的経済水域内でかつ領海接続水域寄りの能登半島沖60kmで... すべて読む
これについて気狂い韓国メディがどう報じるのか楽しみw http://www.honmotakeshi.com/lite/article/54769426/image/153324678 今回の韓国海軍第一艦隊旗艦のゲドウ艦に対しての確認飛行... すべて読む
韓国軍が日本を射撃する準備をしていたことが明らかになってしまった。 これは、戦争行為そのものであり、無反応には絶対に出来ない大問題である。 1月14日に行なわれた実務者協議で、次に日本が低空飛行をすれば射撃をする用意があると日本側に言おうと... すべて読む
また一つ韓国の嘘が明らかになった!邦人拉致の主犯 北朝鮮の工作船と韓国海軍第一艦隊旗艦が接触して瀬取り 日米情報当局が、衝撃的な分析をしていることが分かった。韓国海軍の駆逐艦が昨年12月、海上自衛隊のP1哨戒機に「敵対行為」といえる火器管... すべて読む
    • 2019/01/18
  • 1件 のコメント
北朝鮮が韓国海軍から洋上で物資を積み替える「瀬取り」を続けている疑いがあると日本政府が国連安全保障理事会に通報していたことがわかり、今後、安保理では制裁決議違反にあたる可能性があるとして協議が行われることになりそうです。 何ぃ、取引相手... すべて読む
    • 2019/01/18
  • 1件 のコメント
韓国軍は他国艦船に60mまで哨戒機を威圧接近させる! 韓国メディア「月刊朝鮮」の記者が2013年7月10日にこのP-3へ搭乗取材した記事によると、「目視識別のために高度を100mまで下げた」「外国の艦艇監視のため高度60mで接近飛行する」と... すべて読む
其処は日本国EEZである!! EEZとは?国際連合海洋法条約に基づいて設定される、天然資源及び自然エネルギーに関する「主権的権利」、並びに人工島・施設の設置、環境保護・保全、海洋科学調査に関する「管轄権」が及ぶ水域の事。 主権的権利と管轄権... すべて読む